【運営報告】ブログが200記事以上になるとアクセス数は変わるのか?

ブログ運営

 

どうも、2017年5月末からブログを始めた、シュウべ(@shube80)です。

ブログを初めて11ヶ月目に突入。もうすぐこのブログを開設して1年に達します。

この度、このブログで200記事を突破しました!

 

200記事を突破した時点で、

  • まったく読まれていない記事
  • 酷い内容の記事(※リライトが難しい記事)

については『非公開』にして整理しました。

 

ブログを始めたばかりの頃は、アクセス数とかを気にせずに「とにかく書くことだけ」に集中していたため、Googleなどの検索流入なんて気にしていませんでした。

投稿する記事の内容もほぼ日記

その日に起こった出来事などを無我夢中で書いていました。

当時は「更新しなきゃ‥」という使命感に囚われていたこともあり、

「とにかく、まずは100記事書く」ことしか頭にありませんでしたね。

今振り返ると、ブログを楽しめていなかった時期もありました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブログ記事を書き続けて、初めて”楽しさ”を経験

 

記事を書き続けるなかで「ミスチルのライブに行った時の現地レポ」を書きました。

この記事が初めて”プチバズリ”しました。

正直びっくりしました!

このブログでもこんなにGoogle検索から訪問者がきてくれるのかと。

 

これまでずっと個人的な日記ばかり書いてきたので、初めての体験で興奮したのを覚えています

そして、改めてブログの楽しさを感じましたね。

 

ブログで200記事、書いて得られた教訓

教訓①:日記記事の寿命は短い

僕がこのブログで書いた日記記事は、1週間~2週間くらいでアクセスがほぼなくなりました。

ようするにどこの誰だか分からない人間の日常日記なんて、興味をもってもらえないのです

それなりの文章力で人を惹きつけるくらいのボキャブラリーがないと、日記記事ばかりだと厳しいなと感じました。

 

教訓②:ネガティブな記事(ネタ)も息が短い

心の中に溜め込んだ「気持ちの吐き出しブログ」も、訪問者からしたら気持ちいいものではいですよね?

このネガティブな要素が詰まった記事は、アップしてから1週間くらいは読んでもらえるのですが…2週目以降はほぼアクセスがなくなります。

個人的な心境をブログに残しておきたい「記録用の記事」として、たまに投稿するのは気分転換になるので、いいのかなと思っています。

 

教訓③:自分が体感したライブなどの現地レポは息が長い

僕はこれまでに、ブログで下記のライブレポートを書いてきました。

ライブの現地レポ記事は、Google・Yahoo検索などの流入が多く、読まれている期間の息が長いです。

数ヶ月経っても、Google・Yahoo検索で訪れてくれる訪問者がいます!

やはり、現地の状況・雰囲気・セットリストの”情報が知りたい!”というファンからのアクセスが継続的に続いているからだと考えられます。

 

教訓④:Googleからの検索流入が増えると、PCよりもスマホの割合が急増

以前までは「ランキングサイト(ブログ村など)」からの流入が多く、

訪問者のデバイス媒体は、

  • PCが6割
  • モバイル+タブレットが4割弱

でした。

ブログが徐々に成長し、Google・Yahooからの流入が増えると、

  • モバイル+タブレットからの訪問者が7割

近くになりPCを逆転しました。

これもブログを1年近く長く続けたことによる新しい発見でした

 

教訓⑤:【体験談の記事】脱毛体験の記事はそれなりのアクセスがある

自分の体験談」をネタにした記事は、数ヶ月たった今でもアクセスがあります。(※こちらも、Google・Yahooからの流入系です)

やはり、自分が体験しているからこそ「記事が書きやすい!」というメリットもあります。

※参考:ケノンを髭(ヒゲ)に1年以上使用して満足できる脱毛効果はえられたのか?

 

総括:SEO対策を意識することが大事

様々なブログを拝見していくと、

  • 100記事、200記事を超えるとアクセス数(PV数)が劇的に変わる!

という記事に出会います。

僕自身も期待していましたが、このブログでは大きなアクセス数の変化は起きませんでした

 

やはり、ブログを始めた当初からSEO対策(検索エンジン最適化:サイトがより多く露出されるために行うマーケティング手法)を意識して、ブログの更新を続けないと意味がないんだなと感じています。

とはいえ、Google・Yahoo検索からの流入は増えブログの成長を感じます。

現状よりもさらにアクセスアップを狙いたいのなら、”SEO対策”を意識して記事を増やしていく必要性があります。

読まれる記事・読まれ合い記事の判断がつくようになる

200記事突破してくると、新しい記事を執筆しながら

  • この記事は、1週間くらいしか読まれないだろうな…
  • この記事は長く読まれて、Google検索からの流入も期待できるかも‥

と、分かるようになってきます。

 

このような理由もあり、最近このブログには日記記事が少なくなりました

なんというか、芸能人でもないのだから、無理して毎日の日記をブログにアップしなくてもいいのかな?と

「毎日、日記を書くようなネタもないな」って考えると気が楽になります。

ただし、投稿頻度は低くなりますが定期的に日記記事も公開していきたいと考えています

最大の収穫
・200記事以上書いたことで、個人的な日記ブログの限界を知ることができた。

 

結論:ブログはアクセスが伸びなくても継続することが大切

ブログが200記事以上になるとアクセス数は変わるのか?

の結論としては、

  • このブログでは大きなアクセス数の変化は起きず‥

 

200記事書いて感じたことは、自分のペースでブログを楽しまないと続かないということです。

  • なんか調子がでないなぁ…
  • 書きたいネタがないなぁ‥

っていう時期は、無理に記事を投稿する必要もありません。

無理してブログ続けていたらストレスにもなりますし、

むしろ、もっと自分が楽しめることに時間を投資したほうがマシですよね?

自分自身がブログを書くことを楽しみ、

そして投稿した記事がブログに訪問者の役に立てるのなら…

ブログも長く楽しく続けていけるだろうと結論に至りました!

みなさんも、負担がかからない程度にブログを楽しんでいきましょう。

それでは、シュウべでした。

 

コメント