求職中(無職期間)の過ごし方について【その4】

求職中の過ごし方

 

シュウべ
シュウべ

どうも、シュウべ(@shube80)です。

引き続き、求職中(無職期間)の過ごし方について書いていきます。

求職中(無職期間)に何をしようか迷われている方の参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

求職中の過ごし方

無職期間中は、以下のようなことをして過ごしています。

※もちろん並行して求職活動を行っています。

求職期間中にしていること
①スポーツジムに定期的に行く。
②本・新聞を音読をする。
③メルカリに登録して、メルカリデビューした。
④庭の木の剪定をする。
⑤近場の公園・商業施設・本屋に行き気分転換。
⑥ヨガ・瞑想をする。

庭の木の剪定をする

今回は「④庭の木の剪定をする」についてお話したいと思います。

もともと庭の木の剪定は父がやっていました。しかし、これまでのブログでお話しした通り、2017年4月に父を病気(癌)で亡くしたため、父がいなくなりました。

毎年5月~6月にかけては新芽が伸び出してきて、何も手入れをしないままでいると枝からの葉がもっさりとしてきて大変なことになります

それと同時に虫も発生してきて厄介なんです。母もいい歳なので、僕が庭の剪定をするようになりました。

庭木を剪定するための道具は揃っていたのですが、枝を切る・葉を切るという経験値が乏しいため、ネットで色々と調べながら実践して体で覚えています。

「無職」が日光に浴びる大切さ

 

現在は無職ということで、平日の日中に剪定するのはご近所さんの目が気になってしまいます。

こんな理由もあり、なるべく平日の日中に剪定作業するのを控えています。

それでも庭の枝の剪定をするのは非常に気分転換になります。

室内で求人検索ばかりしていると、外に出で日光を浴びる機会も減りますので、無職の気分転換には最適な作業なのかもしれませんね。

最後に:庭の剪定は6月中が勝負!!

今回は「求職中の過ごし方(庭木の剪定編)」について書いてみました。

夏場になると、暑さで庭の剪定もできなくなるので6月中が勝負です。

本格的な夏になる前に無駄な枝はどんどん切り落としていきたいですね。

庭が綺麗だと自然と心も綺麗になる気がします。

剪定を終わらせ求職活動も6月中に終えられていたら、おいしいお酒が飲めそうです

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント