映画『君の膵臓を食べたい』を観た感想|Mr.Children「himawari」の歌詞が心に染みる


引用:公式HPより

Mr.Childrenのhimawariが主題歌に使われている映画‥【君の膵臓を食べたい】が気になっていました。

今日(8月1日)は月初めで最寄りの映画館がファーストデイとなりチケットが割引‥。これはチャンスだと思い、お昼過ぎに「君の膵臓を食べたい」を観に行きました。

小説を読んでいないためストーリーは全く知らない状態です

平日昼間の時間帯でしたので、映画館は女性や夏休み中の学生さんの割合が多かったです。
私のように無職で男性1人で来ている方は、見た感じ2~3人程度しかいなかったと思います。
(※無職かどうかは独自の判断です。苦笑)

スポンサーリンク

ざっくりとした映画のストーリー


引用:公式HPより

メインキャスト
山内桜良(さくら):浜辺美波
僕     :北村匠海
恭子(12年後):北川景子
僕(12年後):小栗旬

主人公となる山内桜良(浜辺美波)が膵臓に病気を患わっていて、医師からは『あと数年しか生きられない。』と宣告されています。

病院で偶然出会った同級生の男子学生である【僕】(北村匠海)に闘病日記「共病文庫」を読まれてしまい…

膵臓の病気であること
余命が僅かであること

…を知られてしまうのです。

ここからこの2人が一緒に過ごす時間が増えてきます。

山内桜良は【死ぬまでにやりたいリスト】を作成して、男子学生【僕】と…

旅行に行ったり‥
お泊まりしたり‥
付き合っていない人といけない事をしたり…

やりたい事リストを叶えていくのです。

また、山内桜良と【僕】は図書委員にもなり、2人の距離はぐっと縮まっていきます

この2人の関係が徐々にクラス内でも話題となり、山内桜良の親友の女子生徒(恭子)から「もう桜良に近寄らないで!!」と、苦言を言われてしまいます‥。(※この女子生徒 恭子の12年後を北川景子さんが演じています

引用:YouTube「君の肝臓を食べたい 予告1」

クラスの中では目立たない男子学生【僕】なのですが、山内桜良はこの【僕】のことが以前から気になる存在だったみたいです。

2人が仲良くしている」という噂がクラス中に広まるなかで、山内桜良は膵臓の検査入院をします。(※学校には盲腸と嘘をついての入院)

【僕】は山内桜良のお見舞いに訪れ、入院中の桜良に勉強を教えてあげたりします。山内桜良から、「教えるのが上手だから教師になりなよ」と言われるのです。この言葉をきっかけに【僕】は12年後に母校の教師になっています。(※12年後の教師役【僕】が小栗旬さんです)

退院したら「桜」が見たいと約束し、一時退院の時に2人で北海道に行く計画を立てます。山内桜良は退院し男子学生【僕】に会う準備をして、カフェで待つ彼の元へ向かうのです。

しかし‥彼のもとに山内桜良は‥‥

現れませんでした‥。

彼のいるカフェに向かう途中で‥山内桜良の身に大きな事件が起きてしまいます。
これは…衝撃的な結末でした…。

引用:YouTube「君の肝臓を食べたい 予告2」

映画のタイトル名と、ここまでのストーリーから山内桜良は病気で亡くなるものだと思っていました…

でも、違ったのです。

この部分は原作も同じ展開なんでしょうか…。ちょっと気になりました。

原作も読みたくなりましたね。この後の展開は‥

是非、映画館でご確認ください!!
涙もろい方は、ハンカチが必須です!!

映画を観て感じたこと・感想

所々、自然と涙がこぼれてしまう場面もありました…。
正直、こんなに良い映画とは想像していませんでした。むしろ想像以上の満足感をえられましたね。

原作を読まずにストーリーを知らずに映画を観たことが、余計に興味を引き出せてくれました。それに12年後の教師役の小栗旬さんがいい味を出しています

また、北川景子さんはあまり登場する場面は少ないのですが、最後、感動の号泣シーンがあります。

それと浜辺美波さんは凄く良い演技をしますね。これから注目される女優さんではないでしょか!!

なんだか‥応援したくなりますね。

男子学生役の北村匠海さんも、いい味のある演技をしていましたね。
後半にある号泣シーンは、こちらも泣けてきます。

同級生の【ガムいる?】が合言葉のガム君は好きなキャラですね。笑
こうゆう味のあるキャラも映画を引き立ててくれますよね。

最後に‥

この映画を見たことで、Mr.Children【himawari】の歌詞がより胸に染み込んできます。CDを購入して曲だけを聴くと少し重たい歌詞だなと思っていました。やはり映画の内容と歌詞がリンクしているんだなと感じました。

himawari】を聴くと映画の内容が頭に浮かんでくるようになり、曲から受ける印象がガラリと変わりました。もう胸が熱くなりますね‥。

是非、映画に興味がある方、Mr.Childrenが好きな方、たまには涙を流したいと思ってる方、【君の肝臓を食べたい】を観に行きましょう!!

私もこのブログを書いていたら、もう一度映画館で「君の肝臓を食べたい」を観に行きたくなりました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。