お盆期間の無職の過ごし方を検討してみた‥

こんばんは、シュウべです。

今日から世間ではお盆休みが始まりましたね。今年、僕は無職の状態のままお盆を迎えました。

日記の記事で何度か話しましたが、今年は父親を癌で亡くしたため、父親のいないお盆は初めてとなります。お盆期間中は墓地までの道のりが混雑するため、先月、事前に母親とお墓参りを済ませています。

ですので、お盆期間中はお墓参りには行くことはなく、特別どこかに行く予定もありません。ただ、親戚等が自宅にお線香をあげにくるので、多少はバタバタするかもしれません。無職でお盆を迎える…今のところ何もメリットが見つかりません‥。苦笑

スポンサーリンク

「無職」はお盆も普通の日常である

お盆期間中は、世間も仕事がお休みの方が多いため、どこに行っても混雑は必須ですよね。むしろ無職なので別にお盆だから休むっていう感覚がありません

このお盆期間中は新しい求人が発生しないため、ネットでの情報集め・過去の求人情報の再確認・これまでの活動状況の整理をして、お盆明けからいいスタートがきれるように準備はしておきたいところです。

企業によっては夏休みが8月20日までありますから、それまで活動停止になってしまう無職にとっては、お盆休みは有難くない期間なのかもしれません…。そのため、求職活動が停止してしまうお盆期間中の時間をどう有効活用すべきか…考えてみました。

やりたい事のリストに対する現実は実行可能かどうかを検証してみました。

お盆期間中にやりたい事リスト


①カフェに行き読書・勉強

→これは厳しいかなと思ってます。やっぱり連休中のカフェは混雑しますしね。

②スポーツジムで汗をかく
→これは行けそうです。何日かはジムに行き汗を流してきます。

③神社にいき参拝
→今年後半の神頼みではないですけど‥神社の清らかな空間が好きなので、天気が良ければ行ってこようかと思います。

④気分転換に買い物
→よく考えてみたらお盆期間中に無理して買い物しなくてもいいですよね。無職であるうちはお盆期間が終わった平日の方が、空いててゆっくり買い物でしますしね。これは却下です。苦笑

⑤自宅で読書・勉強・部屋の片付け
これが一番妥当かもしれません!


⑥せっかくの夏だから1日くらい遠出して気分転換
→やっぱりたまには遠出したくなりますね‥。車でちょっと横浜あたりまで走りに行くかもしれません。

お盆だから…世間もお休みだから…たまには変化を起こそうかなと考えても、無理しない方がいいですよね。でも、働いていたら旅行とか行きたかったなぁ(本音のため息)…

とりあえず、本屋で何冊か本を購入して読書はするつもりでいます。あとは部屋の整理をして心機一転します!

結論

色々と考えましたが、やはり【無職】であることが行動力を控えめにさせてしまっている感じがします…失業保険を貰っている身分で余計な出費はできないという心理も働いているのかもしれません。ですので、再就職してから休日や連休を思い切り楽しみます。

今はちょっとした【充電期間】だと気持ちを割り切って過ごすことにします。
明けない夜はないように、人生も夜があれば日の出るタイミングも必ずあると信じています。

その日が来るまで‥今回のお盆は平凡に過ごしていきます。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。