2020年東京五輪まであと3年|『今』自分ができることは何か?アスリートから学ぶ

本音の語り

 

シュウべ

どうも、悩みの尽きないシュウベです。

僕は5年ほど前から、ほぼ毎日手帳に一言日記やその日に感じた事を手書きで残すようにしています。

ふと1年前の自分(2016年)は何を考えていたのだろう‥と思い、「2016年8月の手帳」を読み返してみました。

1年前のお盆休み、ちょうど2016年リオ五輪が開催されていてTVで日本代表選手の活躍を見ていました。

この日のために、日々練習を積み重ねて本番を迎えるアスリート達。

メダルを獲得できた選手もいれば、惜しくも目標に届かずメダルを獲得できなかった選手。

様々なドラマがあり感動した記憶が蘇ってきました。

特に、卓球女子の団体ダブルスで銅メダルを獲得した伊藤美誠選手。この時まだ彼女は15歳でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2016年夏…リオ五輪で感じた事

2016年夏、リオ五輪を見て感じたこと

この選手達は、さらに4年後の東京五輪を目標に日々努力・練習してさらに自分を高めて練習を重ねていく。

  • 今後に向けてにしっかりとした【目標】がある

のです。

15歳だった伊藤選手は、さらに4年後の19歳となったとき、もっと経験を積んで大きく成長していることでしょう。

  • 逆に自分は4年後のイメージはできるのか…?

この時、ハッキリとした『目標』がみえていませんでした。

しっかりとした【目標】のあるアスリートの4年間と、【目標】が闇雲のまま過ごす4年間。

正直、これはとんでもない差ができてしまう‥と。

この時、恐怖を感じた事を今でもハッキリと覚えています。

 

シュウべ
シュウべ

この4年間の成長曲線があまりにも違いすぎる…。

 

リオ五輪(2016年)から1年後の”今”

あれから1年。僕はこうして無職でいます。

1年前、リオ五輪で刺激を受けた自分が、まさか1年後、無職でいるとは想像もしていなかったと思います。

すでに東京五輪まであと3年を切りました。

この3年後に自分がどうなっていたいのか‥残りの人生、どの職種・業界で生きていくのか、しっかりとしたビジョンをもって生き進んでいかないと、1年後、そして2020年の3年後も成長すらありません。

この先、自分の希望の職種に就ける保証はありませんが、仕事探しで精神を疲労している現状は非常に悔しいとしか言いようがありません。

他人と比べる」のではなく、「過去の自分と比べる」ことで、今の自分は成長してるのか‥否か。

今が停滞しているなら時間があまりにも勿体ない時間を過ごしている、と改めて今の自分を見つめ直しました。

今も私がブログを考えてアップしている間も、東京五輪の出場を意識して練習に励んでいるアスリートもいるでしょう。

人生の大きな【目標】がある、これだけで人の生きる力の源にもなります。

シュウべ
シュウべ

アスリートからは刺激がもらえますね。

 

広い視野が人生を豊かにする!

意識」を変えることで人は変わります。変われるのです。

どうしても求職活動で自宅で過ごしている時間が長くなると、視野が狭くなっていきます。

  • いつまでも家の中のシェルターに篭っていてはダメ!

なんです。

多少恥をかいても、笑われたりしても色々な世界を見ていったほうが充実した人生を送れますよね。

1年目前の日記を振り返り、接点のないアスリートからも刺激を受けながら、1日1日を無駄にしちゃいけないと改めて心に刻みました。

ぜひ皆さんも、日々のちょっとした心境を手帳に書き留めてみてはいかがでしょうか。

それでは、最後までお付き合いありがとうございました。シュウべでした。

コメント