書籍『超一流の雑談力』を読んでの感想・書評について.

気になっていた本を購入したのでブログで紹介します。

■【超一流の雑談力 著者:安田 正】

以前、ブログで本の断捨離について記事をアップしていますが、この本は”少し気になる本”程度たったのでメルカリで安く購入できれば…と思い、検索してみたら『送料込 450円』で購入することができました。この手の本は、以前に何冊か読んだ経験があります。

なぜ、また買ってしまったのか‥?自分でも疑問符が付きます。
もしかしたら‥心のどこかに”新しいテクニックを知ることができたら…”という気持ちがあったのかもしれません。

初めて雑談力を向上させる本を読む方にとっては、とっても参考になる部分が多いです。

雑談力を高めたいと思っている方には、是非おすすめの一冊です!!

雑談力向上の問題は自分自身にあり.

僕のように何冊か同類の本を読んでいますと、特に真新しいテクニックはありませんでした。
要するに問題は私自身にあります

もうこの本に書かれている内容は、別の本やネット等で”すでに知っているテクニック”が多かったのに、ほとんど【行動】に起こしてこなかったのです。

これまでを振り返り‥本を読んだ後、コミュ力を上げるために何かしたのか?!読んだだけで知識だけ頭に入れて、行動を起こさなかったんじゃないか?!自分、何してんだ!今回も無駄金使ってるだけじゃないか!と、自問自答を繰り返しました。

結局は【読んだだけ】で【経験】【場数】が伴ってないんです。

それでまた同類の本を手にしてしまう。。

本当に自己啓発マニアで終わってるんですよ!典型的なダメパターンです。

書かれている内容を実践で活かせていない‥。新しい本を読めばもっと雑談力が上がるのではないかという妄想。ここがダメです。これじゃ、雑談力も上がりませんよね。

本の文字を読んだだけでは人は変わらない

雑談力向上の決め手は、PDCAサイクルを繰り返す.

読んで生活のなかで実践して、PDCAサイクル【計画・行動・検証・改善】を繰り返していかないと…。体感しないといつまでも雑談力も上がりません

僕が以前に紹介した、早口言葉で滑舌を良くする練習については、自宅で1人でも出来ます。だから自宅にいても気軽に続けられます。

この雑談力向上というのは、1人ではなく相手もいないと出来ません。イメージトレーニングで相手がいることを想定して話を膨らましていく訓練は可能ですが、本場の実践・経験がまず大事です

無職で1人の時間が多い状況ですか、生き続けているうちは、必ず雑談力が必要となる場面がきます。

むしろ、自分から雑談力を必要とする場へ足を運ぶ行動も必要です。これが今後の人生をもっと充実させていくポイントだと思っています。

その時に【実践】に移してPDCAサイクルで何度も検証する。この意識をもって僕は生きていかないと、また同じ本に手を出してしまうことでしょう。

もう、雑談力・コミュ能力向上の本は僕には必要なく、ただ、実践していくだけだと、改めて身に染みた1日でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。