2018年ロシアW杯出場決定!!サッカー日本代表「最終予選」で難敵オーストラリアに勝利。

こんばんは。シュウべです。

今夜はサッカーワールドカップ最終予選、日本対オーストラリアの試合がありましたね。
勝てばワールドカップ出場決定、負ければ最終戦のサウジアラビア戦までもつれる重要な1戦でした。

スポンサーリンク

 試合結果

この試合はご覧になった方も多いと思います。

結果は日本の勝利!ロシアW杯の出場を決めました。

日本 - オーストラリア
2  -  0

【得点】
前半41分 浅野

後半37分 井手口

試合の感想‥

両チームとも序盤は慎重な試合運びで、日本のほうが積極的に攻めていました。

オーストラリアもパスを繋いで、一瞬のカウンターを狙ってきていましたね。
特に気になった選手が数名いました。

【大迫選手】
まず、大迫選手のポストプレーの強さが目立ちました。オーストラリアの選手はラグビー選手のような体格のDFもいましたが、大迫選手の体の強さも負けてはいませんでしたね。かつて日本代表で活躍した鈴木隆行を彷彿とさせます。ただ、得点力はもちろん大迫選手のほうが上ですけどね。笑

【浅野選手】
浅野選手のスタメン起用は予想外でしたね。久保選手あたりかなと予想していました。
前半途中まで浅野選手があまりボールに絡めていない感じでした。サイドに張りすぎていてボールをもらえていませんでしたね。ほとんどボールに絡めていないと思っていたら…長友選手のクロスに浅野選手がボレーで合わせてのゴール!簡単なようで難しいゴールだったと思います。
オーストラリアの最終ラインは、一瞬、浅野選手を見失いましたね。

【乾選手】
乾選手は攻守に渡っていいプレーが多く見られました。運動量も豊富でしたね。GKへのバックパスにも乾選手がボールを追って、相手GKへのプレッシャーも大きかったですね。ドリブルでも何度か仕掛けて相手に脅威を与えていたと思います。

【井手口選手】
ガンバ大阪の期待の若手、井手口選手。この試合で一番、いいプレーをしたのではないでしょうか。凄いタフな選手で守備も攻撃でも活躍してました。チームで一番、運動量もあったと思います。ガンバ大阪の試合でもいいプレーをしていましたが、W杯出場のかかるこの大一番でスタメン起用されるとは予想外でした。

そして、後半37分に試合を決める素晴らしいゴールまで決めましたね。この時間帯であのロングシュートを決められる体幹にも驚かされました

雰囲気が中田英寿を思い出させる風貌でもあります。若手の中では今後が末恐ろしい選手です!インタビューの受け答えの感じも、若い頃の中田英寿にそっくりですね!
近いうち、海外に移籍するのは間違いないでしょう。

ロシアでの本大会に期待

何よりワールドカップ出場を決めて、一安心といったところですね。
日本代表はフランスW杯から連続して本大会に出場しています。

ただ、最終戦のサウジアラビアにも貪欲に勝利を目指して欲しいですね。ホームで勝つよりも、アウェイの勝利方が価値があると思います。

2014年ブラジルW杯では世界との差を見せつけられました。ロシアW杯の本大会では、まずグループリーグ突破を期待したいところです。

日本代表の中心であった、本田選手・岡崎選手・香川選手がスタメンで外れても、オーストラリアに勝利できたことが新しい日本代表の始まりを予感させますね。

お読みいただきありがとうございました、シュウべでした。