『辞退メール』を送り、何故だか涙がこぼれきた…

日常雑記

 

こんばんは、シュウべです。

先日受けてきた企業から2次面接の案内が届きました。

ただ、1次面接の時に、色々と業務内容を確認したなかで、面接官が特に重視していたのが「人と接することに抵抗がないか!?」でした。

技術系以外の仕事もあるなら‥あらかじめ求人にも記載していて欲しかったです‥。

 

募集内容は技術系の仕事ですが、社員数が少ない会社ですので、技術だけでなく営業的なこと、予算の検討、協力会社との折衝、装置を納入する際の工事の立会、業者へ指示など‥幅広い業務を担当してもらうとのことです。

とにかくディスクワークよりも体を動かし、現場に向かい様々な人を巻き込み取りまとめる仕事が多ということでした。

そのため、強力会社の人と接して指示をしたり、多くの人を巻き込む機会が多いとのことです。

 

面接では「人と接することに抵抗がないか」という質問に対し、私は「最初は抵抗があるかもしれませんが、問題ありません」と答えてしまいました。

正直、私がこれまで折衝や人を巻き込んでいくのは苦手としている部分です。苦笑

 

1次面接突破後、選考辞退しました‥

1次面接で落ちていれば悩むことはありませんでしたが、1次面接が通過してしまいました。

中途半端な気持ちでは2次面接受けれない」とずっと悩んでました。2次面接の話をいただけたのは大変嬉しい事ですけどね。

しかし、私の性格的な部分で「営業的な業務・大勢をまとめる」のは厳しいかも…と思い悩んでしまいました。

1日かけて深く考えましたが、今回の業務内容は性格的な適性が合わないなと思い「辞退メール」を送りました。

風向きが変わってきた!後悔のない選択・決断に向かう旅‥
こんばんは、シュウべです。 徐々にですが求職活動の風向きが変わってきている感じがします。 良い風が少しずつ吹いてきている感じです。谷から徐々に上に向き始めてきているのではと、感じ始めてきました。 まず、先週...

「辞退後」涙が自然と‥

なぜだか、改めて思い直してみると涙が出てきました。

これまでの人生、もっと自分を変える努力をしてくれば、この会社でも活躍できたのではないか…

でも、努力してきてないわけではない、「子供の頃からの性格を変えよう」と努力して生きてきた。

でも、精神をすり切らしてまで、多くの人をまとめたり、営業のような仕事は出来ないな‥自分はつぶれてしまうかも‥と思ってしまい辞退は間違っていなかったと思いたいです

最後に

今回、自分の性格を受け入れて選考辞退したこと、これが正解だったのかは答えが分かりません。

以前までは求人ばかり見て、応募しようか悩んでる時間のほうが多かったです。

しかし今回は「応募して面接を受けてから悩む段階まできた」ので、「前進している」と前向きに捉えたいと思います。(自分への慰めにすぎないと思いますが‥)

心折らさず笑顔忘れず、また頑張ります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

気持ちを緩めず、次のチャンスに備えるために‥
以前のブログで風向きが変わって良い流れがきたと書きました。 それは、私の思い込みの部分も大きかった気がします。 この後、唇の周辺に吹き出物が出来てしまい、皮膚科に行ったり、実際に面接を受けに行ったら、仕事...
日常雑記
スポンサーリンク
関連記事とスポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事とスポンサーリンク
\この記事をシェアする/
僕はこうして生き続ける

コメント