働く意欲が削がれてきても進まないといけない‥

こんにちは、今日は晴天で清々しい青空です。

ですが、今日はベッドからなかなか起き上がれずゴロゴロと惰性に過ごしていました。

応募した企業から書類選考落ちの連絡が続いています。今日も企業から封書が届き「採用見送り」の紙と共に書類一式が返送されてきました。

正社員探しの気持ちが折れかけてきました

正社員にこだわって探してきましたが、そろそろ気持ちが折れそうになってきました。一日中求人チェックしていても、なかなか応募条件を満たす仕事が見つかりません。

前職は派遣エンジニアでシステム関係の仕事をしていました。この時に担当していた業務が、特殊なシステムだったので、この派遣先でしか通用しない知識・スキルでした。そのため、他社に転職するとなった場合、『このスキルを活かせる職場がないんじゃないか‥‥』と早い段階では気が付いていたんです。でも、生活もありますからすぐに転職とか考えずに3年続けてしまい、、今になって苦労ています。これは、もっと早めに行動を起こさなかった”自己責任”ですよね‥。

関連記事⇒⇒職種の幅を広げて最終局面に向かいます‥‥

「派遣には行くな」の心理

「派遣には行くな」と、良く聞きますよね。派遣先で特殊なスキルしか身に付かない環境に配属となってしまうと、汎用性が効かなくなりますし他社に転職するのに大変苦労します。ただもう過去を悔やんで振り返っても仕方ありません。

今できる事‥仕事を探し続けるしかありません。失業保険も終了しているため、徐々に貯蓄も減少してきています。欲しいものも我慢しながら生活するのもストレスです。働いて頑張って欲しいものを買う、今まで通りの生活に戻りたいものです。

関連記事⇒⇒失業保険の最終認定日が終わりました

無職になっても「物欲」はまだある。

まだ物欲があるだけでも、「心は死んでいない」のかなと前向きに思いたいです。本当に気持ちが病んで落ち込んでしまったら、物欲も消えてしまいますよね。

今日もこれから求人をチェックしてみます。なんとか年内には仕事を決めたいところです。もう派遣エンジニアでやれるところまでやりながら、今後のキャリアを考えていく時期なのかなとも考えています。離職期間が長引くにつれて書類選考も通らなくなりますしね。

働いて収入を得ている状態で、将来を考えていく段階に差しかかっています。なんとか、頑張っていきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。