厚切りジェイソン【日本のみなさんにお伝えしたい48のWhy】感想 ~厚切りジェイソンが日本人に伝えたい事とは~

約2年前…厚切りジェイソンさんの【日本のみなさんにお伝えしたい48のWhy】という本を書店で購入していた。

書棚にあったこの本を久しぶりに手に取り、当時なぜこの本を購入したのかな‥と回想してみた。

購入したきっかけは、陽気なアメリカ人ってどんな思考・考え方をしているのかなと、気になったからかもしれない。厚切りジェイソンさんは、アメリカから日本にやって来て、IT企業で働きなら”お笑い芸人”を目指していた。こんな異端児のアメリカ人に興味をもったからかもしれない。普通の人と違った思考をもっているに違いないと思った。


スポンサーリンク

IT企業で働きながら、お笑い芸人を目指す男…

厚切りジェイソンさんが日本人の48のWhy【なぜ!?】に答えていく本。2年ぶりに読んでみると前向きにさせてくるれる言葉が多々あった。IT企業で働きながら、お笑い芸人を目指す…バイタリティ溢れる人だ。

当時はお笑い番組で度々ネタを観たことはあった(ここ最近は観ていないかも…)。頭の回転が早い人なんだろう‥と思われせてくれる話し方をしていた。この本を読んでいくと、やはりアメリカ人って陽気なんだな‥なんでこんな思考でいられるのだろう‥自分みたいに一つの悩みでクヨクヨと考えすぎる人間と真逆だな‥と関心しきりだった。

2年ぶりに読んでも新鮮さがあった。学生の頃からこうゆう思考で生きていたら、「別の人生もあったのかな‥」と考えたりもした。でも‥今からでも考え方を意識的に変化させていけば、徐々に変わっていけそうなパワーを与えてくれる本である。

気になる言葉に焦点を当てる.

48の【なぜ】のなかで、特に気になる3つの言葉に焦点を当ててみた。

「すべてのことから逃げ出したいし、辛い。何をすべき?」

■厚切りジェイソン
何かを作って、世に発信してみて。
なんでもいい。
消費ばっかりしすぎると
生きる感覚を忘れてしまう。

今は世に発信する方法はたくさんある。
YouTube、ブログ、SNS,なんでもある。
すぐ、世に出せるよ。

生きることの手応えになるかもしれないから。

引用:【日本のみなさんにお伝えしたい48のWhy】 P138-P139

まさに、自分と重なるところがあった。

僕は無職になり辛い時期になぜかブログを開設した。ブログを開設したことにより、自分の考え、叫び、体験…好きなことを世に発信する手段を手に入れた。これが、厚切りジェイソンさんの言う【生きるという手応え】に繋がり、今も頑張って生き続けられてるのかなと思えた。

ブログという媒体を利用し、自分の想い、考えを好きなように発信できる。誰かに読まれているという感覚が…生きる力にも繋がっているのかもしれない‥。

■厚切りジェイソン

幸せになるのは自分の責任。

なるかどうかは自分で決める。
それを気づくといろいろラクになる。
すべては内側から。
今日も笑っていこうと決めた日は楽しい。

引用:【日本のみなさんにお伝えしたい48のWhy】 P172

幸せは自分の心が決める】さまざまな啓発本にも出てくる名言だ。

失敗したら、それをどう自分自身が捉えるか‥。「自分はダメな人間だ」と自己嫌悪に陥る思考の人もいれば、「こんな日もあるさ、気にしない、次行こう!」と切り替えられる人。

発明家のエジソンは、1万回の失敗を【1万回もうまくいかない手法を知ることができた。成功の種が含まれている。】と、失敗をポジティブに捉えている

まさに、自分の心・思考が幸せかどうかを左右してるのは納得させられる。ネガティヴ思考ではどんどん底に落ちてしまう。幸せになるのも不幸になるのも「自分次第」なのだから、不幸になる選択肢を選ぶなと、厚切りジェイソンさんは強く強く訴えかけている。

■厚切りジェイソン

一瞬で終わるから、
少しでも自分のために生きろ。
やりたいことをやれ。
ほしいものを自分で取れ。
他人の世界だけで時間を過ごすだけじゃ嫌だ。
生きろ。

引用:【日本のみなさんにお伝えしたい48のWhy】 P176

一瞬で終わる」。

心に突き刺さるような言葉だ。人生は本当に一瞬だと思う。2018年もあれやこれという間に3月だ。今年もあっという間に、GW、盆、年末ときてしまうような勢いすら感じられる。

現実的には、すべての時間を「自分のために生きる」のは難しいかもしれない‥。けど、「自分のためにやりたいことをやる」「周りの評価など気にしないで生きる」。そんな気持ちを奮い立たせてくれる熱い言葉だ。

このブログだってそうだ。

どうせブログやっても、人が集まるようなブログにできるなんて思ってもいなかった。なにも自分のためにならなかったら、ここまでブログも続けていなかったと思う。

地味にコツコツと続けることで、ブログに吐き出す事が快感となってくる。何かを発信することでブログの面白さ、奥深さも感じてくる。(ネタが思い浮かばない日は辛いけど…)今は生き甲斐も感じているのかもしれない。

読んでくれている訪問者がいることだけでも、大変嬉しいことだ。ある意味、自分の時間をブログに投資して、何か新しい発想を見いだせたらと思っている。雑記ブログでも、多少の収支があればと”欲”もある‥。苦笑 このブログの”Amazonの広告”から、モノを購入してくれる訪問者もいる。大変ありがたい事である。

やはり「人間なら欲があったほうがいい」。欲しいものを自分で取りにいく”欲”は必ず必要だと思う。

最後に‥

厚切りジェイソンさんの生き方は、誰もがマネできるものではない。育った環境によるところも大きいと思う。でも、『こうゆう考え方で生きるのもいいな‥』と、新しい思考・考え方を教えてくれた本でもある。

正直、厚切りジェイソンさんは、”お笑い界”では成功とまではいかなかったかもしれない。でも、周囲の目・評価を気にせずに「自分のやりたいお笑いの道にチャレンジした。TVにも出てネタをやった。」だけでも成功者なんだと思う。勇気・行動力がなければ出来ないことだ。

厚切りジェイソンさんは、もともと頭のいい人であることは変わりはない。本業でしっかりと結果を出していける人であるだろう。

物事を前向きにシンプルに考える」そんな厚切りジェイソンさんの生き方に感銘を受けた1冊であった。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。