【ブロガーとは?】自分なりにブロガーの定義を真剣に考えてみた結果

iMacの本体

このブログを運営している、シュウべ(@shube80)です。

最近になって、ふと「ブロガーの定義ってなんだ!?」を考えてみました。

僕はこのブログ「僕生き」を開設してから1年と6ヶ月経過。

ブログの冒頭で『新米ブロガーのシュウべです』と、挨拶したことがあります。

ですがブロガーと呼べるほどブログに打ち込んでいるのか?ブログに対して真剣に勉強してきたのか?。自問自答を繰り返しました。

その結果、まだまだブログの経験も知識もスキルも全然足りない。

自称ブロガーと呼ぶなんて「こりゃ恥ずかしい」と、感じました。


【 スポンサーリンク 】

僕が考える「ブロガー」の定義について

ブログをやられている方も、1度は「ブロガーとは?」「自分はブロガーなのか?」って考えられたことありませんか?

僕の中で、ブロガーと呼べる判断基準は、

企業に雇われていなくともブログ(アフィリエイト)の収入で食べていける収益があるのかどうか
(※フリーランスで生活できている方と同等レベル)

これが判断基準なのかなと。

要するに、今の僕はブロガーではなくて「趣味でブログをやっている」にしかすぎないのです。

僕は「現状ブロガーと呼べるほどの器ではない」と自覚しました。

そのほうがすんなりと納得できます。

持論『ブログやっている=ブロガー』ではない

掲示板を持つ女性

『ブログやっている=ブロガー』という図式はちょっと違うのかなと。

趣味でブログをやっている人が「ブロガー」というのもちょっと違和感があります。

ですので、僕はしばらくの間「自称ブロガー」という肩書きを封印します。

自分から「ブロガーです」とは言いません。

おそらくブログを全くやっていない方からしたら、「ブロガー」というのは「ブログでそれなりの収益がある人」というイメージをもたれている方が多いと思う。

例えるならば、サッカーで生活しているJリーガーはプロです。サッカーをすることでそれなりのお給料をもらっています。逆に仕事をしながら趣味でサッカーをしているなら、収益もないので「ただの趣味」ですよね。

それなりの収益があってこそブロガー=プロとして成り立つような気がします。

プロになってこそ「ブロガー」を名乗れる

ブログからしっかりとした収益が発生しているからこそ「ブロガー」であり、この道の「プロ」と呼べるのではないかなと思う。

※これはあくまで僕の持論ですので、人によって【ブロガー】の定義は様々な意見があっていいと思います。

今後はブログで納得いく成果・収益を得られるようになってから、「新米ブロガー」として発信していこうと思います。

これからもまだまだ勉強していき、もっとブログに訪問者がきてもられるように試行錯誤を繰り返していきます。

いつか「ブロガー」と名乗れる日が来ることを信じて‥

最後までお読みいただきありがとうございました。

どうも、コツコツとブログを継続している、シュウべ(@shube80)です。 2017年5月に開設したこのブログも1年が経過きました。そしてついに「僕はこうして生き続ける」...