【FIFAクラブワールドカップUAE2017】 浦和レッズ‥レアルマドリードとの対戦が夢に終わる‥.


引用:浦和レッズ公式HP

こんばんは、シュウべです。

日本時間の10日早朝に放送されたFIFAクラブワールドカップ 浦和レッズとアルジャジーラ(UAE)との試合をTV観戦しました。

10日 早朝AM1時半からのキックオフでしたので、録画して朝起きて見ようか迷いましたが‥せっかくのクラブワールドカップですので、生で観戦しようと思い眠い目をこすりながら視聴していました。

今回、ACLを優勝してアジア王者として臨んだ浦和レッズと、開催国UAEのチャンピオンチームであるアルジャジーラとの試合。

 大方予想では浦和レッズ

大方の予想では浦和レッズが勝つのではないかと楽観視されていました。
大きな試合で負ける事の多かった浦和レッズが、ACLで優勝。さすがにこの経験がこの試合にも活かされるだろう‥必ず浦和レッズが勝つとサポータは信じていたと思います。

それと、この試合に勝利すれば、あのレアルマドリードと試合が出来るとのことで、俄然とモチベーションが高まっていたと思います。

試合内容としては、前半から浦和レッズのボール保持率が高く、アルジャジーラがカウンター狙いのサッカーを展開。ただ、浦和レッズはボール保持率が高いのですが、最後のシュートまでに結び付けるまでの連携がうまくいきません。
細かいパスミスが多く、シュートで終わることができません。悪い流れにならなければ‥と思っていましたが‥。

後半も浦和ペースで試合が進んでいましたが、アルジャジーラがカウンター1本のパスで大きなチャンスを作られ、浦和レッズが失点してしまいます。
ここから巻き返したいところなのですが、この日の浦和レッズはパスミスが目立ち、組織的なサッカーというより、「自滅」に近い感じでチャンスらしい場面をなかなか作れないのです。

徐々に焦りからか‥ちぐはぐしたサッカーを展開したまま、終了のホイッスル。

 浦和レッズ敗れる‥

浦和レッズが1-0で敗れました。内容的にも満足てきるものではありませんでした。

ACL優勝後、リーグ戦では2連敗していたので、この悪い流れのままこの試合に臨んでしまって、修正できないまま負けたという感じです。

個人的な意見としては、スタメンから日本代表の長澤選手・マウリシオ選手を起用して欲しかったです。ACL優勝できたのは、長澤選手のハードワークも大きく影響していました。
今回の試合は攻撃的なパスワークを優先して、矢島選手を先発に起用したと思うのですが‥ここはやはり長澤選手ですよ。

大事な試合でメンバーをいじってしまったのも敗因だったのかなと‥。

レアルマドリードと浦和レッズの夢の試合を期待していましたが、残念ながら叶いませんでした。Jリーグのチームが海外の試合でレアルマドリードとどれだけやれるか‥観てみたかったですね。

でも、個人的にはレアルマドリードの試合も気になるので、残りの試合は録画して観ようと思います。

 最後に‥

UAEの現地には300人近い浦和レッズのサポータが終結していたみたいですね。TVからも浦和レッズの応援がしっかりと聞こえてきました。
正直なところ‥UAEまで訪れて昨日のような試合内容だとガッカリしてしまうと思います。私が現地で観戦していたらショックで数日は落ち込むかもしれません‥苦笑

幸い、5位決定戦の試合も行われるようなので、この試合には勝利して日本の意地を見せて欲しいですね。

結果的に来シーズンの浦和レッズは、より厳しいシーズンになるだろう‥と予感させられる試合でした。

お読みいただき、ありがとうございました。