「どうにでもなれ」と心が荒れる前に【自分で自分を守る】大切さ.

僕のように無職期間が長期化(10ヶ月)してしまうと、外出するのも億劫になってきます。特にこの寒い時期になると余計に自宅にひきこもりたくなりますよね。

でも…やっぱり自宅で長時間、一人で過ごしているのは限界があります。だからこそ僕と同じように無職期間が延びている方、外出して落ち着ける場所を見つけてほしいです。


スポンサーリンク

心が落ち着く場所を見つけよう

僕を含め、離職期間が長期化してしまっている方は様々な理由があり苦しんでいる方もいると思います。苦しみ心が曇ってきたなと思ったら、少し気分を変えたくなりますよね。

僕の場合は、車で20分程度にある行きつけのTully’sやドトールコーヒーがあります。コーヒー1杯でも320円ほどの出費がかかりますが、心の休息料金だと思えば高くはないのかなと思います。月に10回ちょっと通っても3,200円~4,000円ほどです。居酒屋に飲みに行けば、一晩で飛んでいく金額ですよね。

無職となり1日中部屋にこもって求人検索したり本を読んでたりすると心が曇るんです
僕はゲームをやりませんが、無職期間に何気なく始めたゲームにハマってしまう方もいることでしょう。これも一時的な気分転換になればいいのですが‥長時間続けることで「自分は何をしているんだ。」と、自身を責めてしまうかもしれません。

無職期間が長引くと”メンタルが不調な日”が分かるようになってきます。だからこそ…外出して気分を変える必要性があります。

自分で自分を守る

僕の場合は、先程の行きつけのコーヒーショップ、それとスポーツジムです。確かに無職の出費は痛いですが、無職であっても外出して外の空気を吸う、人の集まる場所にいき気分転換をすることを意識しています。

人が集まるところ』に行くことがポイントです。外出したとしても人がいないような場所に行っても、余計に虚しさを感じてしまう気がします。

このブログを読みにきていただいた長期無職の方々、自宅以外に”居心地の良い場所”を見つけてみませんか。住まいによってはご近所さんの目が気になるかもしれない…。でも、近くのカフェや無料で利用できる図書館に行って気分転換することのほうが大事です。外出して落ち着ける場所・気分が開ける・心が安らぐような場所、何ヶ所か見つけて見てください。

適度な気分転換、心が曇ってきたかなって思ったら少し外出して心の曇を除きましょう。次の仕事が決まるまでの一時的な時間ではありますが、心が完全に曇る前に自分を守りましょう

誰よりも自分の心を一番理解しているのは、自分自身なのだから…

無職期間が長期化して僕自身が一番感じたこと‥

自分で自分を守る

どうにでもなれ‥と心が壊れる前に自分を守る。

まだまだ諦めずに、求職活動しながら生き続けます。

最後までお読みいただきありがとうございました。