東京オリンピック2020を存分に楽しむ6つの法則!!

新国立競技場の外観スポーツ全般

 

いよいよ東京オリンピック2020開幕まで1年を切りました。

この先、東京(日本)で夏季五輪が開催されるチャンスなんて一生に一度きりしかないかもしれません。

むしろ、僕の年代(30代後半)にとっては、生きているうちに国内で開催される夏季五輪は最後かもしれません(もしかしたら、20~30年後に開催されるかもしれませんけど‥)。

そんなわけで東京五輪2020を目前にして存分に楽しむ6つの法則を考えてみました!

現地でも自宅でも存分に楽しめるように独自に考えた法則なので、参考程度に読んでもらえると嬉しいです。

東京オリンピック開会式:2020年7月24日(金)
東京オリンピック閉会式:2020年8月9日(日)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

法則1:完成した新国立競技場周辺を探索する

新国立競技場
画像:新国立競技場の外観

ついに東京五輪のメイン会場となる新国立競技場が11月30日に完成します。

スポーツ観戦好きならば、旧国立競技場に思い入れがある人も多いのではないでしょうか?

僕自身も、旧国立競技場にはサッカー日本代表やJリーグの試合観戦をしに何度も足を運んだものです。

旧国立競技場が取り壊しとなったときは少し寂しい気持ちもありましたが、ついに新国立競技場をこの目で見ることができます!(現状は外観だけですけどね)

東京五輪2020の開会式に当選して現地観戦に行かれる方もいることでしょう。

大会当日は混雑してゆっくりと新国立競技場周辺を満喫できないかもしれないので、東京五輪が開幕する前に、1度、現地に行って気分を高めてみてはいかがでしょうか。

新国立競技場の外観を見るだけでも気分が高まりますよ。

新国立競技場の外観

 

シュウべ
シュウべ

外観から優しい木の温もりを感じますね♪

 

シュウべ
シュウべ

僕はJR千駄ヶ谷駅から散歩がてらに新国立競技場を見に行ってきました

 

法則2:当選した競技の日本代表選手に注目する!

東京五輪のチケット抽選販売に申込みをして「当選した!」っていう方も多いのではないでしょうか。

でも「1番行きたかった競技が外れてしまった‥」という方も多いことでしょう。

でせっかくチケットがゲットできているなら、全力で楽しまないと損です!

自分が参戦する予定の競技について、各国の注目選手を事前にチェックしてみてはいかがでしょうか。

何も準備しないまま参戦当日を迎えるよりも、事前に出場する選手の経歴などをチェックして情報を集めておけば、より熱の入った応援ができること間違いなし!!

選手それぞれ、

・代表選手に選ばれるまでのストーリー(物語)

があります。

それを知っているだけでも、込み上げてくる感動は違ったものになることでしょう。

海外選手まで事前チェックしておくのは大変かもしれないので、せめて出場する日本代表選手だけでも要チェックしてから会場に向かいましょう。

 

法則3:会場周辺のグルメを調べておく!

東京五輪は新国立競技場だけでなく関東圏内で競技が開催されます。

フルマラソンに関しては東京から札幌へと開催地が変更になりましたよね。

遠方から泊まりで東京五輪の競技を観戦するっていう方も多いことでしょう。

せっかく遠方まで遠征するなら、、

・事前にグルメスポットをチェック

しておくこともおすすめします。

当日、現時で調べるとバタバタしてしまい良いお店に巡り会えなかったりしたら残念ですもんね!

競技を楽しみ、その土地のグルメも楽しむ!一生の思い出になること間違いなしです♪

シュウべ
シュウべ

応援で疲れたあとは美味しい料理を食べたくなりますよね!

法則4:東京五輪に備え新しい液晶テレビに買い換える!

こんな方も多いのではないでしょうか?

  • 東京五輪2020は自宅でのんびりとテレビで観戦。
  • チケットが取れなかったから、仕方なくテレビ観戦。
  • 夏の暑い時期は極力外出したくない。

そうなると自然な流れでテレビ観戦になりますよね。

最近テレビを買い替えしたっていう方には関係ないかもしれませんが‥

もう10年近く同じテレビを使っているという方、東京五輪をきっかけに新しいテレビに買い換えて、思い切り観戦を楽しんでみてはいかがでしょうか。

2020年の春先からGWあたり、

・東京五輪に備えてテレビが安くなるのでは??

と予想しています。

やはり家電量販店も「東京五輪前にテレビの買い換えが増える」と見込んでいることでしょう。

東京五輪をきっかけにテレビを買い換える!これで自宅でも応援に熱が入ることでしょう。

シュウべ
シュウべ

僕も東京五輪が開幕する前に古い液晶テレビを買い替えたい!

 

法則5:東京五輪に備え自分もスポーツ(運動)を始める!

運動用のシューズ

普段、スポーツを見る側でしかない方、東京五輪開催前に運動を初めてみてはいかがでしょうか。

やはりトップアスリートのトレーニングやベストコンディションの維持、食事管理は相当な努力をしてきています。

某ラグビー日本代表選手の名言から抜き取ると「多くのことを犠牲にしてきた」ことで、国の代表に選ばれている選手達なのです。

そこで、自分自身も運動にチャレンジすることで「アスリートの気持ちも少し理解できるようになるのでは?」と思います。

自分を追い込むほどの激しいトレーニングをする必要はありませんが、この東京五輪をきっかけに運動を始めてみてはいかがでしょうか。

身体の強さだけでなく、追い込まれた時の精神力の強さも身につけられることでしょう!

シュウべ
シュウべ

トレーニングの苦しみが分かると、選手たちの頑張る姿が胸に染みますよね♪

 

法則6:東京五輪後、4年後のパリオリンピックを目指す!!

日本オリンピックミュージアムの内部
画像:日本オリンピックミュージアムの室内

もしこれを読んでいるあなたが10代~20代のアスリートで、2024年のパリ五輪を狙えるチャンスがあるのなら、東京五輪2020で雰囲気を最大限に味わい自分の経験値にしちゃいましょう!

人間は自分で得た経験でしか次に生かすことができない生き物なのです。

オリンピックという大舞台の雰囲気や熱気を肌で感じ「次は自分の番だ!」と、次のパリ五輪に向けてのスタートになるハズです。

未来の日本代表になりえるアスリートのみなさん、日々のトレーニングに力を入れて4年後の大舞台で活躍されることを期待しています!

 

終わりに

新国立競技場の外観
画像:新国立競技場の外観と青空

今回は「東京五輪2020を存分に楽しむ6つの法則」を書いてみました。

実際のところ、東京五輪2020の楽しみ方は人それぞれだと思います。

自国開催の夏季五輪は一生に一度しか体感できないかもしれないチャンス!

特にスポーツ観戦が好きな方にとっては、現地で生観戦できれば一生記憶に残ること間違いなしです。

刻々と東京五輪の開会日(2020年7月24日)が迫ってきています。

大会を存分に楽しめるように事前準備をしっかりしておきたいところですね。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメント