『無職期間』は人に迷惑をかけないように適度に吐き出そう!

無職期間

 

無職期間が長引くと、どうしても”悪いストレス”が溜まってきます。

 

自分へのもどかしさや不甲斐なさ。

ストレスが溜まってきたら、適度に吐き出さないとメンタルが潰れるのも時間の問題です。

コップに注ぐ水が溢れ出す前に対処するように、

ストレスも悶々とした感情が溢れ出す前に、うまく発散しないといけません。

 

シュウべ
シュウべ

やっぱり、無職の人か‥

ニュースで『無職の人』がたまに事件や飲酒運転を起こしたりしていますよね?

モヤモヤ・イライラが溜まってしまったとしても、他人や家族に迷惑はかけるべきではないのです

ニュースを見て、

  • 『やっぱり無職の人か』
  • 『この人、いい歳して無職なんだ?』

と、思われてしまうだけです。

 

働いてる方からしたら、無職の事件というのは、

  • 「鬱憤晴らしで世間から注目を浴びたい人なんだろう」
  • 「虚しい人間なんだろう」

と、結論付けられるだけです。

ほんの一部の無職の人が起こした事件で、必死に求職活動している無職の人・真面目に生きてる無職の人達までが、偏見の目で見られてしまうのは非常に腹立たしいです。

 

世の中にはしっかりと自分の信念をもって生きている無職の方もいます。

誰もが望んで無職になった訳ではない

でもやっぱり無職になると、それなりのストレスは溜まる。

うまくマインドコントロールしながら、溜まったストレスを発散していかないといけないのです。

 

僕自身も無職でストレスが溜まる気持ちが十分に理解できます。

シュウべ
シュウべ

くれぐれも法に反しないことで気分転換を計っていきましょう。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

晴れない心をスッキリとさせる趣味を見つけよう!

 

僕のようにスポーツジムで体を動かし汗をかいてプロティンを飲む。

これも大きな気分転換になります。

 

悩んで体がウズウズているときは、体を動かし自分の身体をイジメ抜いて疲れさせればいいんです。

シュウべ
シュウべ

結果、体も鍛えられますし一時的なストレスも飛んでいきますよ。

 

無職なので時間もあります。

  • お金にまだ余裕がある人なら、気晴らしに旅行へ行くのもいいでしょう。
  • 好きなアーティストのコンサートで気分を発散させるのもいいでしょう。

無職だからといって仕事が決まるまでお金も使わずに我慢ばかりしてたら、心も枯れてしまいますよ?

枯れてしまってからでは、復活までに期間もかかります。

視野も狭くなって「井の中の蛙」のような生活になってしまいます。

シュウべ
シュウべ

くれぐれも「我慢」することを習慣にしないで下さい。

 

紙に煩わしい気持ちを殴り書きしよう!

心の中を整理するためにモヤモヤしている気持ちを紙に書き出すのも一時的な発散になります。

自分が何に対してモヤついているのか、視覚的にハッキリさせるんです

頭の中だけで整理しようとするから堂々巡りしてしまい、いつまでも脳内がスッキリしません。

思っている事・頭に浮かんだ感情をそのまま殴り書きするだけでいいのです

シュウべ
シュウべ

紙に書いたら破り捨ててスッキリしちゃいましょう!

 

溜まっている感情を紙に書き出して、少しくらい大声出しながら破ってもいいと思います。

くれぐれも近所迷惑にならない程度でお願いしますね。笑

 

僕も紙にモヤモヤの気持ちを殴り書きして、破いてゴミ箱に捨てています。

適度な発散はメンタルをコントロールするためにも大事な習慣として認識しておきましょう。

シュウべ
シュウべ

このくらいなら、紙とペンがあればすぐにできます。

 

適度にストレスを発散して苦境を乗り越えよう!

いかがでしたでしょうか。

人それぞれ様々な”ストレス”を抱えて日常生活を送っています。

人には言えない悩みもありますよね?

特に「無職」になると、働いていたころとは別のストレスが溜まります。

物事がうまくいかず自己嫌悪に陥る日もあります。

 

このブログを読みに来ていただいた無職の方、もしくは職場で人間関係のストレスを抱えている方、自分なりのストレス解消法を見つけてください。

溜め込んでばかりでは、余計にメンタルも曇っていきます。

 

シュウべ
シュウべ

最近、気分が重い日が続くな‥

って感じた時は、適度にストレスを発散させる習慣を心掛けるようにしてください。

 

くれぐれも他人や家族に迷惑のかかるような衝動を起こさないようにしてくださいね

いや、起こすべきではありません!

衝動的な行動で家族や周りの人に迷惑をかけるようなことは絶対にやめましょう。

それぞれの人生を歩んでいきましょう!

それでは、シュウベでした。

コメント