【無職期間】変化のない生活に慣れてしまう恐怖とこれからの人生について

机の上のノートパソコン

こんばんは、ブログ管理人のシュウべ(@shube80)です。

今年も10月になりましたね。

本当に月日が流れるのは早いものですね。

つい最近、新年を迎えてGWが過ぎ、お盆を終えたと思えば…

もう2018年も10月に突入。

今年(2018年)の僕は無職のまま、ずっと働かずに今日まで至ります

今回は久しぶりに本音で色々と語りたいと思います。

胸の内、溜め込んでいる想いを吐き出させてください。

記録として残す記事になりますので、気になる方に読んでいただけると嬉しいです。


スポンサーリンク

無職のブランクが自分を苦しめる種となる

ここ数ヶ月間は近況や日記記事をブログに書いていませんでした。

書いていなかったというより、書くことがなかったからです。

ほぼ毎日、求人チェックはしているものの、応募することができず悩んでばかり。

もう引きこもりのような生活でした。

ブランクが空けば空くほど働きだすことに恐怖を感じています。

メンタルクリニックに月1回の間隔で通院していますが、それでも気分に波があります。

やはり人間は家にいてはいけないのです。

とにかく孤独感で心が押しつぶされそうになります。心も曇るばかりですね。。

久しぶりの会話が心の癒し

久しぶりに人と会って話す時は、とにかく嬉しいものです

気分の調子も変わります。

気分が上がるのが自分でも分かります。

前向きになれるのです。

やっぱり人間は「人との繋がりが大事」だなってつくづく実感します。

僕の場合、家族(身内)と話すだけでは心の快活さを取り戻すのは難しいなと感じています。

知人やジムの知り合い、美容師さんなどと会話するだけでも、社会との繋がりを感じて心が軽くなるのです。

孤独の領域から少し開放された感覚がするのです。

社会からの孤立は避けるべき

無職期間は家にこもって求人チェックしたり、読書したり、ネットを見たり、ブログのネタを考えたり…

これでは完全に社会から孤立していますよね。この時間は本当にキツいものです。

無職経験がある方は、理解してもらえるかもしれませんが、求人チェックしても応募しないまま1日が終わると、あまりにも無意味な時間を過ごした虚しさだけが残ります。

それと強い自己嫌悪に襲われます

無職生活が長期化してしまうと、メンタル的にも本当に良くありません。

僕自身が今まさに体感している状況です。

足を踏み入れたらなかなか抜け出せない沼に入ってしまって身動きがとれなくなるのと同じような感覚です。

一歩を踏み出すキッカケが怖いのです。

停滞し続ける人生

ここ1年、人生が停滞しています。

今年1月からの記憶も曖昧です。

なぜなら記憶に残るような出来事・思い出が少なかったからです。

今年、印象に残っている出来事は?』と問われても言葉が詰まります。

経験値が増えていないからです。

記憶に残らない人生

仕事をしていれば「あの案件大変だったなぁ…

恋人がいれば「〇〇のデート、楽しかったなぁ

初めての場所に訪れたなら、「そうそう、○○に旅行した!景色最高だったし美味しいもの食べたなぁ!」

と、記憶に残るはずです。

その記憶すら、今年は僅かな出来事しか残っていません。。

生きるの目的・働く目的・人生の目標設定の大切さ

僕は【生きる目的】【働く目的】【人生の目標】を失っていました。

漠然と求人チェックして、漠然とスポーツジムで気分転換して、悶々とカフェで自分を見つめ直して…。結局、変化のない毎日に慣れてしまい、変化を起こすのを恐れていました。

たった1度しかない人生なのに…。なんて無駄な日々を過ごしてきているのだろう

この記事を書きながらも自分自身が腹立たしいです。

情けなくなります。

上手くいかなくなったのは自分に責任があるのに、、

周囲のせい”・”運命のせい”にしていて苦しんでいた時期もありました。

本当にダサいです。

理想と現実の狭間で‥

仕事を始めたら本業とこのブログを両立させよう!!と意気込んでいたのに…。

理想だけは思い描けても、現実の世界で達成できていないのは自分の意思が弱いからです。

現実は思うようにいかずに、今は就活することすら怖くなっている自分がいます。

働きたい。

だけど離職期間が空きすぎて求人に応募するのが怖い。。

本当に情けない話ですよね。

誰にも相談できずに、1人で思い悩んでばかり‥。

「全てをリセットしてやり直しできるなら、やり直ししたい」と強く思ったり…。

上手く気持ちがまとまらない状況です。

貯蓄が心の”余裕”バロメーターである

貯蓄にも限りがあります。

働かなくても普通に生活できる貯蓄の余裕はありません。

将来のことよりも【】を考えすることで精一杯です。

老後のことを、気にするほど余裕すらありません。

とにかく働かないと。。

社会との接点をつくらないとって感じです。

しばらく社会からか外れて生活してきてしまいました。

何してんだ自分。

下を向くな自分。

って感じです。

社会に属さない日々が、こんなにも孤独であるとは…。

自分から知人に連絡しすることが極端に減りました。

今の自分を晒すのことに後ろめたい気持ちがあるからです。

でも、知人からたまに連絡がくると嬉しいものです。「まだ自分のことを思ってくれているのだな」って感じられます。

前進するために「働く」

もう僕は働き始めないといけません。

社会に戻らなければいけません。

ブログで稼いで生活していことは考えてもいません。

(※ちょっとしたお小遣いを稼げたらいいかな‥ぐらいです)

新しい環境に覚悟を決めて飛び込まないといけません。

慣れ親しんだ変化のない日常から脱皮しないといけません。

1年以上も大きなブランクが空きましたが、新しい人生を歩みたい気持ちがあることが”僅かな希望”なのかなと感じています、

周囲に嫌われてでも、前進するしかありません。

険しい人生になる…。

もう受け入れるしかない…。

現実から目を背けずに1日1日、意味あるものにしたいと思っています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事とスポンサーリンク

この記事をシェアする