【メルカリ活用法】書棚に眠っている『本』は必要とされる場所へ旅に出たがっている

こんにちは、シュウベです。

最近は書棚にある本を再読して、「もうこの本は読むことないかなぁ…」っていう本は、メルカリに出品して必要としている方に売っています。

利益に換算すると、ビジネス書や自己啓発本は‥1冊500~800円あたりの利益になります。

スポンサーリンク

本を”メルカリ”で売買ルーティーン化した

メルカリでビジネス書を2冊売れば約1,000円。この売上金で、気になる書籍をメルカリから探して購入。届いた本を読んで”参考になる部分や名言”をノートに書き写したら、またメルカリで売る。このようなルーティン化をしています。

1度しか読んでいない状態の本をメルカリに出品している方も多い”ので、届く本は比較的綺麗なんです。

そのため読んだらまたメルカリで売る場合も、ほぼ価格を落とさずに売れるので本当に便利です。本好きにはたまらないシステムですね。

メルカリを使用しての失敗談

でも、1度だけメルカリで失敗談もあります。

メルカリで購入した本が、何も梱包されずにそのまま封書に入れられて送られてきました

本の角に傷がついてしまっていて、なんだか本が可愛そうでした。手書きの字を見ると…高校生くらいかな‥と思います。

出品者は、まだこのような取引に慣れていなかったのでしょうね。ネット上のフリマ・オークションの売買はお互いの顔・年齢が分からないやり取りですので、気持ちの良い取引をしたいものです。

この件があってからは、、

出品者の評価をしっかりとチェックしてから購入するようになりました。

これまでは、ある程度本が溜まってしまったら「BOOK OFF」に売りに行ってました。

正直な意見として‥

・「こんな綺麗な状態なのに‥なぜこんなにも安く買い取られてしまうんだろう‥

・「しかも、、全て一冊100円以下。まだ新品同様なのに…

ってガッカリするケースが多々ありました。

しかし、メルカリの登場で本好きには大変助かります。新品で買った本を大事に読んだ後、定価から少し安くした金額で、必要としている方に譲ることができるので便利です。

それと無職の私にとっては、毎回書店で新品の本を購入するのも大きな出費となります。

メルカリをうまく利用し、出費を抑えながら話題の本を楽しんでいけるのも大きな利点なのです。

今年(2017年)からフリマアプリ「メルカリ」を始めた、シュウべです。 皆さんもご存知のアプリだと思いますが、フリマアプリ「メルカリ」で、不...

本も”必要”としてくれる場所を求めている.

1度読んで、その後は数ヶ月間~1年以上も書棚に保管しっぱなしの本は、なんだか気の毒ですよね。

必要としている人の手に渡り続け活用さる方が”本”も嬉しいことでしょう。ある意味‥現代風にいうならば”シェア”ですよね、必要としている人の手に渡る‥お互いが満足を得られる。

電子書籍も便利ですが、私の場合はまだ紙媒体の本が好きです。書店で新品の本を購入する機会が減りつつある時代ですが、やはり電子書籍には無い”紙ベース”の優しい温もりを感じることができます。

現在、メルカリの売上金が”約2,500円”ほど溜まっています。次はどの本を買おうか迷いますが‥本を選ぶのは楽しいものです。

皆さんも書棚に本が溜まっていて全く読んでない本があれば、メルカリ等で必要としている方に譲ってみてはいかがでしょうか。ちょっとしたお小遣いになりますし、書棚が片付いて心もスッキリすると思います。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。