無職になると”今あるモノ”の大切さを改めて感じる ~長く愛用する大切さ~

こんばんは、今夜も夜更かし気味のシュウべです。

無職になると、モノとの付き合い方にも変化が起こります。新しいモノが欲しいという気持ちより”今、手元にあるモノを大事にしよう”、”長く愛用しよう”と意識が変わっていきます。

無職になってからは、出費を抑えるため、洋服・パンツをあまり購入していません…。部屋着も昨年購入したパーカー等を着て過ごしています。今ある服・パンツ系をどう活かして、普段の外出時に”無職らしくない清潔感”を保つかがポイントなってきます。


スポンサーリンク

ジーンズは愛用し続けると形状が変わる.

この時期になりますと、冬から春にかけて外出する際の服装も大きく変わりますよね。

特に、ジーンズを長く愛用している方も多いと思いますが、長く履き続けることでジーンズの形状が変化してきたり、デザイン・カタチに飽きてしまうものです。

飽きてしまうと、新しいパンツが欲しくなります。だからといって、なかなか理想のジーンズに出会うのって難しいものです。

私の体験談‥

私の経験談では、お店の試着室でパンツを履いてみて『これ、いいかも』と思い、裾上げまでして購入したのに…家に持ち帰って履いてみると『なんか違うな…』っていうことがありました。

それと室内の試着室ですと、店舗によっては照明が暗かったりするんですよね‥。実際にお店から出て、明るい場所でジーンズの色を再確認すると‥『あれっ、なんか色合いが試着室で履いてみたイメージと違うぞ…なんてこった‥』ってこともありました。さすがに、裾上げして購入してしまうと返品することもできず…。

逆に気にいったパンツは毎日のように履いてしまいます。気に入ってしまったらヘビロテしてしまうのです‥。長く愛用しているジーンズですと、徐々に形状が変化してきたり‥伸びてきてしてしまうんですよね。

”お直し屋さん”でパンツをバージョンアップさせる

そこで、私がたまに利用しているのが洋服の【お直し屋さん】です。

愛用していたストレートのジーンズを膝下から少し細めにして”テーパード風”にしたいと思ったら、お直し屋さんで手直ししてもらっています。愛用しているパンツのストレートに飽きたら‥テーパード風にできるのです!!

気になる手直し料金は‥

手直し料金は普通のジーンズで、約2,500~3,000円程度です。(店舗によって値段の上下があると思います)手直しするのに多少のお値段はしますが、新しいパンツを買うよりは安く済みますし、愛用していたジーンズがバージョンアップして返ってくるのは嬉しいものです

ジーンズは大事に使用していれば長く愛用できるので、手直しすることでさらに愛着が湧いてしまいます。一度、お直しを経験してしまうと、ハマるかもしれません‥。

最近、お気に入りのジーンズのウエストが少し伸びて緩くなってきているので、近日中にウエストだけ手直ししてもらって、まだまだ愛用する予定です。

さすがに‥もう十分に活躍してヨレヨレになったら、古着屋さんに売りに行きますけどね。苦笑

※私が利用している店舗は”マジックミシン”です。

モノにも別れがあってこそ出会いがある.

気に入ったパンツをとことん履いて、十分に活躍して気持ちよく終わりを迎える…。どんなに愛用してきたシャツやパンツも、いずれへたってしまいお別れがきますね。

悲しい現実ではありますが、モノにも別れがあれば新しい出会いもあります。きっとまた愛着の湧くシャツやジーパンに出会えたりするものです。長く愛用して十二分に活躍してくれたら、最後はお値段以上の満足感があるものです。

バージョンアップが無職の出費を抑える‥

手直し屋さんは、シャツやジャケットなども手直ししてもらえます。愛用しているモノをブラッシュアップすることで、より長く愛用でき衣類・パンツの大きな出費を抑えられる、、まさに一石二鳥ですね。

ぜひ、無職の方で出費を抑えたい方には、最寄りの”お直し屋さん”を見つけて試してみてください。これはオススメできます!!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。