地味な作業【勉強・運動(筋トレ)】が今の自分の力になり未来にも繋がること

こんにちは、スポーツジムに通い始めて8年、もうすぐ9年目に突入する、シュウベです。

改めてジムに8年も通い続けている自分を客観視すると「よくここまで続いたもんだなぁ‥」って、自分で自分を褒めたくなります。笑

ジムを8年も続けられているのに‥仕事は転職を繰り返している現実。なんでだろう…。たぶん、この世の中は、僕にとって生きにくい世界なんだと思います。

でも、ジムに通うようになってからは「仕事のストレス」をうまく発散できていました。だけと‥転職を繰り返しまっているのは、結局「人間関係」の要因が大きいのです。

無職になってもジムには通い続けています。ここでジムを辞めてしまったら‥完全なひきこもりになってしまうと恐怖を感じたからです。体を鍛えても人との付き合い方が大きく変わる訳でもない。結局「人間関係」で悩んでいたのは、まだまだ自分自身の成長が足りなかったのかなと、振り返ると感じています。

スポンサーリンク

スポーツジムでのトレーニングはとにかく地味

先日もジムに行って、黙々とトレーニングしながら感じていたこと。それはとにかく「トレーニングは地味な作業の繰り返し」であるということ。

毎回、同じマシーンで負荷の重さや回数を調整しながら筋トレをして、その後に有酸素運動(ランニングマシーンなど)で40分~60分間汗を流す。これを週に2~3回ジムに通い、8年間も繰り返し続けてきています。

これまで膨大な時間をジムに費やし地味な事を繰り返してきました。でも、この地味な工程・ルーティーンそのものが現状の健康維持につながり大きな病気もなく8年間を生きてこれたのだと思います。生まれてこれまで一度も入院・骨折などを経験したことがありません。健康でいられるのも、ジムを継続しているおかげなのかもしれません。

傍から見たら、黙々とジムでトレーニングだなんて人によっては退屈に感じることでしょう。日常的にジムに通っていて気が付いたことは、長く続いている会員さんもいれば、数ヶ月でいなくなってしまう会員さんもいます。ジムの常連になると、直接の会話はありませんが顔見知りがどんどん増えていきますね。

関連記事⇒⇒ジムで安室奈美恵さんのドームツアーに誘われた‥「Final Tour 2018」

地味な作業が人間の基盤を築く

結局、何が言いたいかというと地味な作業こそ人間の基盤となるものが築かれていくのではないかと思います

ジムで体を鍛えるのも地味、机に向かってコツコツ勉強するのも地味。でも、この地味な作業の積み重ねが人を大きくする。自身を成長させるきっかけになるのだと思います

運動で体を鍛え、勉強で頭を鍛える。どちらも疎かにしたら人間は退化するしかありません。何もしなけれが、あっという間に人間の筋力も脳も衰えてしまいます。

だからこそ、毎日、地味なことでも習慣化して続けていくことが大事なんだと思う。

地味な作業は好きな事でないと苦痛が伴います。義務教育期間中であれば、勉強も運動も学校の授業で強要されますよね。でも‥大人になってから勉強も筋トレも、楽をしようと思えばいくらでも怠けられる。

特に今の僕のように求職期間中(無職)は、いくらでも地味な作業は回避できてしまいます。好きなように「」ができてしまうのです。だけど‥意識的に勉強も運動もしなければ廃人まっしぐらですよね

人間、腐ったらだめだ。地味な工程を続けていこう!!

人間、心も体も腐ったら終わりだと思っています。だからこそ、生きている限り地味な作業・ルーティーンは怠らず、希望をもって生きていこうと思います。

たまには脳も身体も休息が必要な時もあるけれど、人間としての「」は落とさないためにも、勉強・運動…地味な作業は疎かにしない。

そして、この地味な作業を続けられている人が、突然巡ってきたチャンスを掴めるんだと思います

今日も明日も、地味な作業を続けていこう

最後までお読みいただき、ありがとうございました。