失業保険受給を終えた無職の家計簿事情‥1ヶ月の出費を『見える化』した結果

こんばんは、シュウベです。

昨年10月に失業保険の受給を終えてから、現在は貯金を切り崩しながら生活しています

無職になると一ヶ月どの程度の出費があるのか…今後の自分のためにも『見える化』してブログに残そうと思います。ただし、国民年金・健康保険・住民税は省いています。現在は国民年金が免除中となり、健康保険・住民税については今期分全て支払い済になります。

保険料・税金は収入が無くても払い続けないといけないので、本来は無収入期間が長引く前に次の仕事を決めるのが理想ですよね。


スポンサーリンク

出費を『見える化』した結果

以下が現在の出費です(1ヶ月単位)

1.食費
    35,000円
(実家の為、家に入れています)

2.携帯料
    約10,000円
 (通信料+本体分割払料金+DAZN含む)

3.ネット通信料金
    1,200円

4.スポーツジム代
    9,800円

5.自動車保険
    3,500円

6.ガソリン代(車)
    月8,000円前後

7.化粧水・乳液等
    月平均 3,000~5,000円

6.シャンプー代
    月平均 4,000円

7.美容院(カット)
    月1回 4,000円

8.雑費・交友費
    約7,000円
(カフェ代・書籍代・日常品など)

9.昼食代
    約5,000円
(コンビニ・すき家で食事など)

計:約88,500円

ひと月10万近くが貯蓄から削られていく現実

一部ざっくりな目安となりましたが、上記の表の金額が一ヶ月分の平均的な出費額です。

これ以外に衣類などを購入すると、別途出費が増えます。無職になってからは衣類の購入は極力控えています。冬場のアウターも昨シーズンに購入したダウン・コートを着ていますし、部屋着も買い替えせずに数年前に購入したスエット・ジャージを着まわしています。苦笑

無職になって無駄なモノの購入を減らしても、月10万近くが貯蓄から削られています
その他、住民税の支払い等もありましたので、もっと出費は多いのが現実です。

関連記事⇒⇒1月近況報告…減り続ける貯蓄に不安・危機感が増してくる.

余計な出費を抑えるには

スポーツジムを退会したり、美容室に行くのを止めて「1,000円カット」で安く済ませるのも可能です。ですが無職になっても健康維持・ストレス解消のためにジムは辞められません‥。

それと「1,000円カット」には一度だけ行ったことがあります。その時、変な髪型にされてしまって‥それ以来行かなくなりました。苦笑 また変な髪型にされたらどうしようと思うと‥行くのが怖いですね。

好き好んで「無職」にはならないほうがいいですね。それか失業保険が貰えているうちに次の就職先を決めるべきでしょう。現代社会はとにかく収入がなければ生活できません。

関連記事⇒⇒失業保険の最終認定日が終わりました

最後に‥

現在はクラウドワークスなどで自宅でも仕事を受注して副業ができる時代になりました。これから先の人生、ネットで稼いでいけるスキルを身につけているかどうかで、残りの人生の充実度が違ってくるような気がします。副業で稼ぐことが当たり前の時代がもうすぐ到来することでしょう。

僕のように就職したとしても「退職金」を貰えないとなった場合、老後の生活も心配になってきます。生きていくためには自分の市場価値を上げつつ、副業で別の収入源を確保していかないと生活できなくなりそうですね‥。まずは‥””を大事に生きていきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。