前年度(平成29年)分の確定申告を済ませてきました

こんばんは、シュウべです。

昨年に仕事を辞めましたので年末調整をしていませんでした。そのため、今日は前年度(平成29年)分の確定申告を市役所に行き済ませてきました。

市役所から郵送等で申告書が届かなかった関係で、国税庁のHPから確定申告を済ませようかと考えましたが、なにか抜けや漏れがあったら嫌だなと思い、直接市役所の窓口まで行って申告してきました。

事前に国税庁のHPから申告書を自分で作成して、参考資料として持参しました。


スポンサーリンク

無職が確定申告で持参した書類

今回、確定申告の申請時に持参した資料は以下になります。

■源泉徴収票(原本)

■国民年金保険料の控除証明書
(10月以降に振り込んだ分の振込証明)

■健康保険(任意継続)の振込証明

■生命保険の控除証明書

■印鑑

■マイナンバーカード
(今回は使用しませんでした)

目の前て申告書を作成してもらえる.

必要な書類を一式準備し、市役所に行ったら確定申告用の特設ブースがありました。確定申告の担当者は外部に委託している税理士さんだと思われます。私と同い年(30代後半)くらいの女性の方でした。持参した書類一式を税理士さんへ提出して、目の前のPCで申告書を作成してくれました

事前に自分で作成した申告書も提出したところ、作成内容の金額には間違いがなかったことも確認できました。今後、また無職となり確定申告する機会があれば、市役所ではなくネットから自分で確定申告を済ませようと思います。

確定申告を終えて想う事.

ここからが無職の本音です。

やはり‥確定申告は嫌なものです。何が嫌かといいますと‥まったく面識のない人に自分の【源泉徴収票】を見られるのが心苦しいです。

昨年に退職していて年収が少なかったので、”この歳でこれしか年収がなかったの!?”と失笑されていたかもしれません。逆にまったく面識がないのだから気にするなって感じですよね。こうゆうところを気にしてしまう性格も””しているのかもしれません。

できれば‥二度と無職の身で確定申告は行きたくないものです。自営業や副業とかで大きな稼ぎがあるなら話は別ですけどね。私よりもずっと若い方が担当者だったら尚更嫌ですね。苦笑 なんだか無職の状態で確定申告に訪れるのは惨めに感じました。

還付される税金について.

今回、”約26,000円”の税金が還付されます。振り込まれるのは約一ヶ月後になるそうです。5月末に”自動車税”の納付があるので、こちらに還付金を使用しようと思っています。戻ってきたお金でまだ納税する‥なんだか複雑な心境です。

無職でも生活するにはお金が必要です。最近は昼食を外に食べに行ったり、コンビニでお弁当を買ってきたり‥何かと出費しています。苦笑 食べるものだけは健康に関わるのでカップ麺とかはなるべく避けています。早く仕事を決めて春には新しいスタートを切りたいと思います。

それでは最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントの入力は終了しました。