【耳学】するならAmazonオーディブル ≫

声が通りにくいなら滑舌を改善する「音読・早口言葉トレーニング」がオススメ

話し方が上手くなる!声まで良くなる書籍(魚住りえ)ライフスタイル

 

どうも、滑舌改善に取り組んでいる、シュウベと申します。

突然ですが滑舌が悪くて悩んでいる方、少なからずいるのではないでしょうか?

それと新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、自粛期間や自宅勤務によって他者との会話が減り、

以前よりも言葉がこもりやすくなっている方もいませんか?

 

男性
訪問男性

おうち時間が増えて人に会って会話していないんだよね…

女性
訪問女性

コロナ禍でマスク生活だから、口周りの筋力が衰えたかも…

 

この記事では、そのような方に向けて滑舌を改善するトレーニングを紹介します♪

  • 会話中の滑舌を良くしたい。
  • 普段から声が通りにくい(声がこもる)
  • 在宅ワーク中で人と会話する機会が激減した。
  • コロナ禍のマスク生活で口周りの筋力が低下した。

 

※本記事は、魚住りえさんの書籍「話し方がうまくなる!声まで良くなる!1日1分朗読」を参考にして、自分の実体験をもとに書いています。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

滑舌が悪いと職場での苦労が多々ある話

僕はもともと滑舌が悪いせいで、相手に何度も聞き返されてしまうことがありました。

普段からそんなに人と会話すのが好きな性格ではないので、

話していない間隔が長くなると、どうしても滑舌が悪くなってしまうのです。

 

相手から『えっ??』と聞き返されるのは、気分的にも良くありませんよね?

それと職場で報告をする際に、「自分の声はこもりやすいなぁ…」と感じていました。

そんなこともあり、「滑舌を良くしたいから、なにか訓練をしよう!」と決心したワケです。

 

シュウべ
シュウべ

「話し方」は意識的に取り組まないと改善につながらないですよね…

 

滑舌を改善する「早口言葉トレーニング」に出会う

滑舌を改善する方法について、ネットで色々と調べていくうちに、

  • 早口言葉のトレーニングは滑舌を改善する

という情報を目にしました。

 

これを皮切りに「なにか滑舌対策の書籍はないかな?」と調べていくうちに…

魚住りえさん(元アナウンサー)の下記の書籍に出会いました。

・「話し方がうまくなる!声まで良くなる!1日1分朗読」

 

 

滑舌を良くするため「早口言葉トレーニング」を習慣化

魚住りえさんは、アナウンサー時代に早口言葉でウォーミングアップをされていたそうです。

元アナウンサーの魚住さんが実践しているのなら…

信ぴょう性は高いですよね?(※実際のところ効果ありです)

そんなわけで、滑舌トレーニングとして「早口言葉」に取り組んでみることにしました。

 

シュウべ
シュウべ

毎日、数分間でも意識的に続けています♪

 

【実体験】早口言葉トレーニングの効果は滑舌対策になるか?

毎日、仕事に行く前、もしくは仕事から帰宅してから意識的に早口言葉を声で発するようにしています。

このとき、腹式呼吸を意識して早口言葉トレーニングを行います。

※腹式呼吸とは?

腹式呼吸では、肺を下方向に思いきり広げます。肺を横に広げる「胸式呼吸」に比べて、大量の空気を取り込むことができます。その結果、一息で長い文章をいっきに読み切ることができるようになります。

引用:書籍「話し方が上手くなる!声まで良くなる!1日1分朗読」

 

①:早口言葉の参考例

ぜひ、声に出して「早口言葉」に挑戦してみてください。

※ポイントとして、初めのうちはゆっくりと発音しながら、徐々に早口にしていくと効果的です。

  • きくくり きくくり みきくくり あわせて きくくり むきくくり
  • 庭(にわ)にはにわとりが二羽(にわ)いました。
  • 打者 走者 勝者 走者一掃
    (だしゃ  そうしゃ  しょうしゃ そうしゃいっそう)
  • マグマ大使のママ マママグマ大使
  • ジャズシャンソン歌手

※ほんの一例です。

・お腹に力を入れて、複式呼吸を意識することがポイント。

 

シュウべ
シュウべ

たくさんの早口言葉がありますので、ネットで検索されてみてください♪

 

 

②:魚住りえさんの「小顔エクササイズ動画」もおすすめ!

【毎日3分】小顔エクササイズ!むくみを撃退&滑舌良くなる! #家で一緒にやってみよう エクササイズ編
引用:YOUTUBE【【毎日3分】小顔エクササイズ!むくみを撃退&滑舌良くなる!】

 

【滑舌を良くする】早口言葉レッスン10本ノック!音楽に合わせて今すぐTRY
引用:YOUTUBE【滑舌を良くする】早口言葉レッスン10本ノック!】

 

③:早口言葉トレーニング効果を報告【実体験】

では、気になる「滑舌は良くなったのか?」について現状報告します。

  • 職場で声が通りやすくなった。
  • 声が出しやすくなった。
  • 滑舌も徐々に良くなっている。
  • 会話中も聞き返されることが激減。

 

シュウべ
シュウべ

このように、改善されたのを実感しています♪

 

ここで注意しておきたいポイントは以下のとおり。

 

  • できるだけ毎日継続する。
  • トレーニング中は口(顔)の筋肉に集中する。

 

シュウべ
シュウべ

すきま時間に毎日続けることが大事です。

チル子
チル子

大声出しすぎて、ご近所に迷惑をかけないでくださいね。笑

 

補足:トレーニングを行う上で悪い事例

トレーニングが続かない悪い例を紹介します。

 

  • 数日間だけ続けてみたけど…効果がなかったからやめた。
  • 1日おき、または2日おきにやる。
  • 続けてはいるけど、集中してやっていない。

 

これでは効果を実感できない可能性が高いです!

やはり「滑舌が良くなるまでは、毎日集中してトレーニングする」ことを心がけてみてください。

 

シュウべ
シュウべ

必ず効果を実感できるようになりますよ。

 

まとめ:滑舌は意識的に改善することが大切!

本記事では「滑舌を良くするトレーニング方法」について紹介しました。

正直なところ『滑舌が悪い』という悩みは、周囲に相談しにくいものです。

とはいえ、滑舌は短期間で改善できるものではありません。

滑舌改善のトレーニングを意識的に取り組む以外、向上させることが難しいのです。

 

この記事を呼んでいただけたのなら、「早口言葉トレーニング」を、毎日5分~10分でもいいので、ぜひ継続されてみてください。

ためしに騙されたと思いつつ、毎日、集中しながら早口言葉を発することで、声の変化を実感できるようになります。

自分の声が変化することで、自信がつき人と話すことも楽しくなりますよ。

 

最後に滑舌が良くなることのメリットをまとめてみました。

  • より他者との会話が楽しくなる。
  • 言葉の単語が聞きとりやすくなる。
  • 滑舌のコンプレックスが徐々に薄れていく。
  • 声の通りが良くなる。
  • 「えっ?」と聞き返されることが激減する。

 

シュウべ
シュウべ

このようにプラス要素のみです。

 

滑舌に悩まれている方、ぜひ「早口言葉トレーニング」を実践されてみてください。

”声”のコンプレックスが解消され、日常生活がより実りあるものになることを願っています。

それでは、お読みいただきありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました