日本代表・本田圭佑のポジティブ思考(哲学・格言)から刺激を受けた話

本棚に積まれた本たち

こんにちは、”本田圭佑”の哲学に刺激を受けた、シュウべです。

サッカー2018ロシアW杯、日本代表は大方の予想に反して、グループリーグを突破しました。決勝トーナメントでは、優勝候補といわれているベルギーと対戦し、日本が先に2点をリードしましたが‥惜しくも”3-2”で逆転負け。日本サッカー史上初の”ベスト8”にはあと一歩届かず‥。残念な結果ではありましたが、記憶に残るW杯になった方も多いのではないでしょうか。

今回の日本代表はベテラン選手が多かったこともあり、今後は大幅なメンバー編成・若手を主体としたチームになる予感がします。夢の続きは、次の世代に期待しましょう!!


スポンサーリンク

本田圭佑に注目していたロシアW杯

サッカー日本代表ユニフォーム

今回のW杯で特に注目していた選手は、あの本田圭佑選手です。事前のインタビューでは、「自分にとって最後のW杯になる」と答えています。

ハリルホジッチ監督から西野監督に変わってからも、本田圭佑選手には”代表不要論”があがっていました。以前のようなプレーができていない‥推進力がない‥チームの攻撃を遅らせている‥と叩かれていました。

そんな批判的な意見も聞かれるなか、本田選手が本大会でどんなプレーをするのか…私は注目していました。そして初戦のコロンビア戦、途中出場ながら大迫選手のゴールをアシスト。第二線のセネガル線では途中出場で貴重な同点ゴール

もうネットでは手のひら返しが始まっていました。「さすが本田!!」「本田△」「頼りになる男!!」「大舞台に強い!!」。

本田選手が途中出場してから、明らかに試合の流れが変わったのです。むしろ本田選手が試合に出ていなければ、日本代表はグループリーグを敗退していてもおかしくなかったと、私は感じています。スタメンで起用されることはありませんでしたが、途中出場の限られた時間内で大きなインパクトを残しました

海外経験が本田圭佑を成長させていた‥

やはり本田選手は”過去2回のW杯経験”・”オランダとイタリア、そしてメキシコでの海外経験”が、この大会で存分に発揮されたんじゃないかと思います。

イタリアのACミランに所属していた頃、試合に出れない時期がありました。試合に出れたとしても、残り10分~15分しかプレーできない状況。そんな苦しい時期の貴重なインタビューをYouTubeで拝見しました

ここで、本田選手は以下のように語っています。

本田圭佑語録

人生は山あり谷ありだと思っている、

谷はどれだけ深くてもいい。

人が経験したことのないくらいの谷を

経験した人間だけが高い山に登れる。

こんな苦しい事、お前ら経験したことないだろうと、

これはものすごいラッキー。

みすみすこの時期を避けるようにしてはいけない、

正面衝突していかないと、

大きな次の栄光を手にできない‥。

このポジティブ思考はどこからくるのだろう‥。まさにプロフェッショナル。意識が高いというか、常に万全の準備を欠かさない。得たチャンスで100%の力を発揮できるように常に準備している

どんなに苦しい状況でもポジティブに捉える。ロシアW杯、本田選手が途中出場ながら結果を残したところにおいても、まさに”有言実行の男”だなと脱帽しました。

十分な準備があったからこそ、ここぞという場面でアシストできたし、数少ないチャンスで得点を決めた。必然ではなく、地道な努力と習慣化されたポジティブ思考が、W杯本番でも力になっているのでしょうね

関連記事>>2018FIFAワールドカップ(W杯)ロシア大会 日本代表16強(決勝トーナメント進出)について本音を語る。

本田圭佑語録から刺激を受ける

本棚に積まれた本たち

この本田選手の格言を聞き、今、人生にもがいている自分も刺激をもらえました。

今が底】ならば、谷から這い上がるしかない。この苦しい局面をあえて【楽しむ】心の余裕があってもいいのかもしれない…。(でも、現実は楽しめないかも…。苦笑)

苦しい時こそ、自分の成長に繋がるチャンスがある。そのチャンスに気づき「これは成長できるチャンス」だと、自分のものにできるのか…。これが人生を上手くやっていける人とやっていけない人の”大きな差”なのかもしれません。

本田圭佑語録

”ばか者”か”よそ者”しか、世界を変えられない。

”ばか真面目”に考えすぎて行動を起こさないまま諦める。苦しいから現実に目を背ける…。このようなことを繰り返しているから、苦しい状況から打開する手段を余計に難しくさせているのです。

本田圭佑選手は、高い目標を立ててメディアを通して公言してきました。『W杯で優勝する』と過去にも述べていましたね。自分にプラッシャーをかけ、努力で実現していく姿勢には共感というより尊敬の念すらあります。

失敗しても成長につなげるメンタルが半端ないのでしょう。自分にはないものです。

それと‥

過去に【成功よりも成長に目を向ける】と述べていました。やはり本田選手は、自分の成長を肌で感じ、それを楽しめるポジティブ思考が図抜けている気がします。現役引退後もビシネスで成功するタイプであるのは間違いないです。トップアスリートの考え方や思考にも、人生を生きてくうえでの”学び”がありますね。

私にとっては、日本代表の結果云々より”ケイスケ・ホンダ”から刺激をもらえたW杯でした

最後までお読みいただきありがとうございました。