一時期の絶望感を乗り越え【就業意欲】が上向きに転じてきた

過去日記

 

こんにちは、シュウベです。

ここ数日は快晴が続いていて、気持ちいい日差しですね。

先日、心療内科を受診してから「就業意欲」が徐々に上向きに転じてきました。

 

(参考)就業意欲喪失者とは‥

就業希望を持ちながら失業状態の長期化により求職活動する意欲を失った者‥。
引用:ウキペディア
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

いつの間にか枯れていた心‥

一時期は心が枯れてしまったかのように、無気力期間がありました。やはり自分を変えるために行動を起こす事も必要でした。以前から心療内科に行こうかと考えていましたが、躊躇していてズルズルと時間だけが過ぎていました。

正直、昨年の秋くらいから行こうか考えていたのですが‥先延ばしにしていましたね。離職期間が延びてきているので、心療内科へ行く決断は正解だったと思います。実際に診察後の心境は「行って良かった‥」「救われた」と思いました。

心療内科に行くことをもっと先延ばしにしていたら、さらに苦しんでいたんだろうな…と感じています。薬を処方されましたが、まだ服用はしていません。いざという時に飲む予定なのですが、「もしもの時は自分の力になる薬がある」という安心感が気持ちの落ち着きを取り戻してくれている部分もあります。

新しい年が明けてからも、絶望的な気分に落ちてしまった日もありましたが、自分を助けてくれる薬があるだけでも安心感が増しました。

 

僕は『仙豆』を手に入れた…ここぞという場面で仙豆に頼る勇気
こんにちは、シュウベです。 皆さんはドラゴンボールという漫画をご存知でしょうか。 有名な漫画なので誰もが知っていると思います。もちろん、僕もドラゴンボールは大好きで学生の頃はコミックを全巻集めていました。何度も何度も読み...

思い立ったが吉日

以前のブログにも書きましたが、もう少し早く受診していれば「昨年のうちに就職できていたかも‥」と回想してしまいます。でも今更『たら、れば』の話はしたくないので、気持ちが上向きに転じてきた”今の時間”を大切にして、気持ちを切らさず求職活動をつづけていきます。

ことわざ『思い立ったが吉日』のように、何かをしようと決意したら、そう思った日を吉日としてすぐにとりかかる事の大切さを改めて感じました。

そのうちやろう‥」「まだ診察の予約をしなくても大丈夫だろう‥」という先延ばしの気持ちが、自分自身をさらに苦しめることにも繋がる。このことを経験できたことは、自分にとってプラスと考えていきたいですね。

求職活動日記ばかり書くのも飽きてくるので、早く仕事を決めて仕事日記へステージを移したいものです。苦笑

引き続き頑張っていきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

会社の”組織”に合わない人間はどう生きていくべきか…本気で考えてみた.
無職期間が長引き、自分が働く意味はなんだろうと考えてしまう日があります。 なぜ働くのか‥”生活のため” ”自己実現のため” ”やりたい事が仕事でもやれたらいいなという思い” 様々な目的・理由があると思います。 ...
過去日記
スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
\この記事をシェアする/
僕はこうして生き続ける

コメント