真面目すぎて「他人の人生」を歩んではいけない ~気楽に生きよう~

気持ちよく寝ているネコ

こんにちは。シュウべです。

今回は僕が感じた真面目な人間の性質について語ろうと思います。

あなたは真面目な人間ですか?

自分で言うのもなんですが、僕は真面目な人間です。だからこそ生きにくさ、息苦しいさを感じている世の中です。

真面目が悪いというわけではありません。この世の中を楽しむには真面目すぎな性格が仇となることもあります。それに真面目すぎる人が「」になりやすいのです。

不公平な世の中だなぁって思います。

真面目がゆえに頑張りすぎてしまい、精神をすり減らしてしまいます。完璧にこなさなきゃという使命感が働き、ちょっとしたことでも真面目に向き合いすぎてしまうのです。

それと相手の気持ちを察して「言いたいことも言えない」のです。真面目すぎるがゆえの悩みです。

逆にブツブツと嫌味や相手を傷つけるようなことを言う人間ほど、世の中をうまく渡っていけたりするんですよね。面白がって相手を傷つけ、精神的に追い込む人もいます。

「何でこんなこと平気で人に言えるのかな?」って…真面目だから余計に考えすぎてしまう。受け流せない…。「こうゆう人間も世の中にはいるんだな」ってその場ですぐに切り替えりるような柔軟なメンタルを持ち合わせていないから、真面目は人間は辛いのです。

嫌われたらどうしよう…」。これも真面目な人間がクヨクヨ悩む原因のひとつ。ちょっとしたことが脳を何度も刺激させる。取り越し苦労も多い。そして後悔したこと反芻してしまい、切り替えるのに時間がかかります。「まっ、いいか!!」っていう精神で流せないのです‥。

「真面目な性格だと損をしてしるな‥」って思うこともあります。楽天的な性格なら、すぐに切り替えられるんでしょうね。真面目な性格であることで信頼されやすいなどのメリットもありますが、真面目がゆえにストレスを溜めやすいのも事実です

「自分でなんとかしよう」「相手に嫌な思いをさせたくない」「完璧にこなさなきゃ」とにかくバカ真面目。とにかく神経質で几帳面。とにかく自分で自分を疲労させてしまう。。この性格どうにかしたいと思っても、なかなか変えられず…。

性格は先天的なものもあるので、180度別人には変われない…。でも、変わりたい…


スポンサーリンク

自分の人生を生きよう

真面目な人間だからこそ周囲の反応を気にしてしまいがち。でも、人に迷惑をかけないのなら、自分の生きたいように、少しわがままになって生きてもいいんじゃないかなと。

周りにどう思われるか気にしなくていいのです。自分の人生ですから。

  • 周りに好かれなきゃと自分を押し殺す人生、楽しいですか?
  • 親に押し付けられる人生、楽しいですか?
  • 親に期待される人生、楽しいですか?
  • なんでも完璧にこなす人生、楽しいですか?

僕は楽しくないと思います。家族ではあるけど「人のために生きる人生」になってしまう気がします。自分の人生ではなくなってしまいますよね。

真面目な人間は、ちょっとしたことでも真剣に考えてしまうのです。周囲に期待される、頼られる、信頼される、これは嬉しいことです。でも期待された通りに生きないとって考えると辛くないですか?、僕は辛いです。立ち止まって考えると「これって、自分の人生?」なのだろうかと疑問に思います。

生き生きとした日常を送ろう

真面目すぎるがゆえに、期待に応えなきゃが余計な精神的プレッシャーを受け、自分を苦しめます。必ずしも期待に答えなくていい、だって自分の人生だから、自分が選んだ人生こそが、生き生きとした日常を送れるのです

生きるうえで第三者の意見・助言も確かに大事です。でも、その意見を鵜呑みにして、自分の考えを押し殺してまで生きるのか…。真面目だからこそ「期待に答えなきゃ」「言う通りにしなきゃ」が負担になります。そこには人間としての”自立”もないように思えます。”自分”がなくて他人に流されるだけの人生になりかねません。何事も最後の決断は自分自身で決めるべきですよね。

気楽に生きましょ。僕は僕、あなたはあなたなのだから。他人に期待されるのは嬉しいこと。でも真面目すぎて、人に期待されることを重荷に感じたら「今、自分の人生を生きてる?」と、心に問いてみましょう。

全ての答えは表面上の自分ではなく、心の中の「もう1人の自分」が教えてくれるはず。

世の中、成功している人の共通点は、自分の中に強い志がある人達。周りに失笑されようが、自分を信じで道を歩んできた人達。周りに嫌われても多少の我をだしてきた人達なのです。

真面目すぎるがゆえに「他人の人生」を歩まないように、自分の道標をしっかりと定めて生きていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。