メルカリでちょっとした小遣い稼ぎを始めよう【初心者のメルカリ活用法】

今年(2017年)からフリマアプリ「メルカリ」を始めた、シュウべです。

皆さんもご存知のアプリだと思いますが、フリマアプリ「メルカリ」で、不要なモノをちょいちょい売るようになりました。これまでは「ヤフオク!」で不要になったコレクションを売っていましたが、出品までの段取りが面倒で使いにくさを感じていました。

そこで、メルカリが話題になっていたので、せっかくだから活用して不要なモノを売って小遣い稼ぎをしてみることにしました。そこには想像していた以上の”使いやすさ”がつまっていました。

実際にメルカリを利用しての感想を書いてみたいと思います。


スポンサーリンク

フリマアプリ「メルカリ」を利用した背景

ヤフオク!はオークション形式なので、出品の際に開始価格の設定とか悩みますよね。最近はヤフオク!で「フリマモード」も設定できますが、フリマでしたらメルカリの方が知名度があります。

ヤフオク!は自分で決めた固定の価格で売ることもできますが、出品までの段取りに意外と手間がかかります。出品するには月額の使用料金もかかります

そこでメルカリで商品を出品する事にしました。
メルカリは出品も購入も、会員登録さえすれば無料で行う事ができます。

メルカリとヤフオク!の比較

初めてメルカリで商品を出品した感想としては、画像登録や出品の各設定が非常に楽です。説明文章もサクッと書いて出品完了することができます

なによりも購入者に商品が届いて中身を確認してもらってから、売上金額が自分の方へ振り込まれるシステムが実に良いと感じました。この振り込まれた売上金をポイントに変えて、メルカリで商品購入時に使用が可能です。

ヤフオク!ですと、落札してからは完全に個人でのやり取りがメインになります。そのため落札者がお金を先に出費者の口座に振り込んでから、商品を発送するケースがほとんどです。(※商品が届かないといったトラブル事例もあります)

メルカリはルールに基づけば安全性が高い

落札者が先にお金を支払う点では、メルカリとヤフオク!で変わりありませんが、商品が購入者に届いて評価してもらうまでは一時的にメルカリ側で入金が保留されているので、安全性が高いと感じました。お互い安心して取引できますよね。

ただし、実際には偽物のブランド商品や、チケットの転売など‥細かい部分で改善すべき事はありそうです。メルカリを悪用している人物もいるらしいですが、ヤフオク!より利用しやすい点ので、若い人達(中高生)にもとっつきやすいのだと思います。

メルカリの販売手数料について‥

メルカリでは商品が売れた時に、販売額の1割が手数料として引かれてしまいます。これはちょっとデカいですよね!

仮に2,000枚円で売れたとしても、200円は販売手数料で引かれてしまいます。残り1,800円から出品者が送料負担としているケースも多いので、さらに自己負担も増えます。

この場合、手元に残るのは、、1,700~1,600円前後でしょうか‥

それを考えると引かれる金額も販売額によっては大きくなりますが、「不要なモノが必要な人に渡って少しでもお金になれば、、OK!」といったところですね。笑

ちなみに最近、僕がメルカリで売っているのはミスチルのコンサートグッズ関係です。ずっと使わずに引き出しに眠っていたままだったので、必要な方に譲った方がいいなと思い、メルカリを活用させていただいています。

メルカリは取引が早い‥

メルカリはとにかく取引が早いです。

出品するモノにもよりますが、出品してから5分も経たないうちに…

~コメント欄~

「初めまして、こちらの商品は値下げ可能ですか??」

ってコメントがきたりします。

ヤフオク!では考えられないスピード感。

ミスチルのライブグッズは、出品してから1~2日間くらいで売れてしまいました。。

最後に‥

書棚に読まなくなった書籍が何冊かありますので、これもメルカリで売る予定です。

発送準備の梱包には手間が掛かりますが…。「ブック・オフ」で書籍を安く買い取られるよりは、メルカリで売ったほうが高く売れるのは確実なので、ちょいちょい出品していく予定です。

意外とサクサクうれてしまうので、メルカリも生活の一部になりそうです。。
無職の小銭稼ぎにメルカリは手放せなくなりました。

メルカリ公式サイト

それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました。