Mr.Children ツアー2015「REFLECTION」|新たな名曲『足音』に勇気をもらう

Mr.Children「リフレクション」のDVD Mr.Children

 

どうも、Mr.Childrenを愛するシュウべ(@shube80)です。

 

2018年6月10日から、Mr.Children「ドーム&スタジアムツアー 2017 Thanksgiving 25」が始まりました。

僕は東京ドーム公演(6/30)に参戦します!!

私のこれまでの参戦履歴は下記になります。

<ミスチル 参戦履歴>
・2011年 5月10日
   SENSE 埼玉スーパーアリーナ
・2011年 9月 3日
  SENSE -in the field- 日産スタジアム
・2012年 4月21日
  POPSAURUS2012 -20th ANNIVERSARY 西武ドーム
・2013年 5月22日/5月23日
  (an imitation) blood orange 埼玉スーパーアリーナ
・2015年 3月15日
  REFLECTION ヤマダグリーンドーム
・2015年 6月 4日
  REFLECTION 埼玉スーパーアリーナ
・2015年 9月 6日
  未完 日産スタジアム

ミスチル (3).jpg

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Mr.Children ツアー「REFLECTION」について

今回は、Mr.Children 「REFLECTION」2015年のツアーについて語ります。

このツアーは、ファンクラブ優先抽選でヤマダグリーンドーム(2015/3/15)のチケットを手に入れることができました。

このツアー「REFLECTION」は、発売前の新曲を披露する斬新なライブでしたね。

オープニング曲は「fantasy」

当時はCMでサビの部分しか聴いたことがありませんでしたが、初めてフルで聴くことができ、とても感動しました。

初めて聴く音源の数々にじっくりと耳を傾けて聴いていたことを今でも覚えています。

個人的には「斜陽」の夏の終わりを告げるような、爽快なメロディと歌詞がお気に入りです。

 

中盤にさしかかり演奏された「口がすべって」

個人的に大好きな曲です。

ちょうどテロのニュースが連日報道されていた時期でもありましたので、桜井さんの歌声も平和への思いが込められていた印象を受けました。

 

終盤にさしかかっての「足音」

この曲にどれだけ励まされたかは計り知れません。

(※この曲は、これまでに1,000回以上は聴いているかも‥)

もう最高の一言です。

Mr.Childrenの新たな名曲『足音』の誕生!!

話は戻りますが、「足音」について。

歌詞を引用して私の想いを述べさせてください。

 

”新しい靴を履いた日は それだけで世界が違って見えた”

この歌詞のように、当時は新しい靴を買いました。

気持ちが変わりましたね!!

今では靴磨きも定期的に行うようになり、磨いた後は気分も良いです。

 

”時には灯りのない寂しい夜が来たって”
”この足音を聞いてる 誰かがきっといる”

辛い出来事・嫌な出来事が起こっても、自分の事を気にかけている家族・友人がいる。

そう思えると、困難も乗り越えられる気がします。

 

”どんな人にだって心折れそうな日はある”
”「もうダメだ」って思えてきても 大丈夫 もっと強くなっていける”

本当に心が折れそうになりそうな時に、このフレーズを思い出すだけで胸が熱くなります。

 

”今という時代は言うほど悪くはない”

色々な事件の多い世の中ではありますが、決して悪い事ばかりではない、今の時代は生きていれば良いこもとある、というポジティブなメッセージであると受け止めています。

 

”時には灯りのない 孤独な夜が来たって この足音を聞いてる 誰かがきっといる”

物凄く背中を押してくれますね。

落ち込んで先が見えなく暗闇のトンネルに入ってしまったとしても、、必ず光は見えてくる。

強い前向きなメッセージ性を感じます

 

とにかく「足音」は凄く気持ちをポジティブにさせてくれますよね。

熱くなってしまったのでこの辺にしておきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【Mr.Children】東京ドーム(2017.6.30)ドーム&スタジアムツアーThanksgiving 25|現地レポ・感想・セットリスト
2017年6月30日に東京ドームで開催された、 『Mr.Children ドーム&スタジアムツアー Thanksgiving25』に行ってきました。 Mr.Childrenがデビューして25周年の記念ライブになり...