Mr.Childrenのアルバム『重力と呼吸』から注目すべき【おすすめ2曲】を選出!!

ミスチルの重力と呼吸

Mr.Childrenを長年愛する、シュウべ(@shube80)です。

2018年10月3日に発売されたMr.Children(以後:ミスチル)の

最近アルバム『重力と呼吸』。

『重力と呼吸』を購入してから30回以上聴きました。

このアルバムに収録されている10曲の中から事前にシングル・及び楽曲配信されていた、

・himawari

・here comes my love 

を除く、8曲から「私が特に気に入った2曲」に焦点を当てみました

その2曲とは…

・秋がくれた切符

・皮膚呼吸

この2曲について、個人的な感想を語ろうと思います。


スポンサーリンク

【おすすめ1】秋がくれた切符

まさに”秋を迎えた今の時期にぴったりな楽曲”だなと感じます。

初めて聴いた時はそれほど印象に残る曲ではありませんでしたが、何度も聴き続けるうちに、この曲の優しいメロディが耳にとまるようになりました。

優しく包み込んでくれるメロディ。

どこか「空っ風の帰り道」と似たような雰囲気、秋の陽気の心地良さを感じられます。

秋の夕陽は本当に綺麗で幻想的です。

逆に切なさも感じる季節でもあります。

秋口になると「人肌恋しい」と想い始めてしまう方も多いのではないでしょうか。

秋がくれた切符」の歌詞をじっくり読んでみますと…

カバンの中に1枚の葉が落ちてきて、この葉がまるで神様がくれた切符みたい。”と表現されています。

この葉をみつめて

この切符で、どこへ行けというんだろう…

と模索している様子がうかがえます。

神様が僕らにくれた、なにかの切符なんだ”

と、恋人と喧嘩したのに神様がくれた贈り物に疑問を投げかけている印象を受けます。

とはいえ秋を感じつつ、、

寒そうにしている君に 駆け寄り手を繋ぐ

まさに優しい歌ですね。

切なさもあり暖かさもある。

そして優しさがある

秋に聴きたくなる名曲の誕生です。

【おすすめ2】皮膚呼吸

皮膚呼吸」の歌詞を読みながら楽曲を聞いた自然と涙か出てきました。

今の自分と重ね合わせて聴き入ってしまいました。

人生に思い悩む毎日。

それで満足ですか?

現状に満足して、もう自分探しをやめてしまったのか?、問いかけてきているように感じます。

そして終盤の歌詞では‥

このまま

苦しみに息が詰まったときも

また姿 変えながら

そう今日も

自分を試すとき

この歌詞を読んで感じた事‥

僕はまさに皮膚呼吸をしていたんだ…

このままでいけないのはわかっていた…

前進しなきゃいけないのはわかっていた…

苦しい時こそ、自分を変えていかないといけない。

そして、自分を試していかないといけない。

人生、もっと自分を試さなきゃ。

そんなメッセージに受け取れました。

現状の苦しみに息が詰まりそうなとき、

それは自分を変えるときだよ』と、

桜井さんからメッセージをもらえた気がします。

終わりに

ミスチルの歌詞はいつも気付きをもらえて生きる力を与えてくれます。

日々、ミスチルから前向きの力をもらい、

僕はこうして生き続ける」のだなって再確認しました。

残りの人生、、

きっとこの命が尽きるまで、ミスチルの楽曲を聴き続けていくことでしょう。

日々、皮膚呼吸しながら…

今日も1日、皮膚呼吸

それでは、最後までお読みいただきありごさいました。

画像引用元:Mr.Children公式ホームページ ついにMr.Children(以下:ミスチル)の最新アルバム『重力と呼吸』の全貌が公開されました...
平成最後の8月。 Mr.Childrenファンにとってはビッグニュースが舞い込んできました。 なんと最新アルバムのリリース&『Mr.C...