仕事や人間関係で疲れてしまったらマインドフルネス(瞑想)で心を落ち着かせよう!

瞑想をしている女性 ライフスタイル

 

シュウべ

どうも、瞑想を習慣化しているシュウべ(@shube80)です

 

新しい職場で仕事を始めると、やはり仕事や人間関係で悩みが生まれてきますよね。

僕の場合、無職生活では感じられなかった”新たな悩み”でもあります。

職場から帰宅しても気分が休まらない日ってありませんか?

もしかしたら帰宅してからも職場の人間関係のことで頭を悩ませていませんか?

これは身体が疲れていなくても脳が疲れていることが原因である可能性が高いです。

脳が疲れていると集中力が落ちますし、ちょっとしたことでイライラしたりもしますよね。

そんな時は、自宅で簡単にできるマインドフルネス(瞑想)がおすすめです!

※以下の方に向けて書いてみました。

  • 帰宅してからも職場の人間関係で頭を悩ませている
  • 今の仕事で成長を感じられずモヤモヤしている
  • 職場の上司〇〇さんが嫌でストレスを溜めている
  • 身体は疲れていないのに仕事から帰宅すると無気力状態…
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

仕事から帰宅しても気分が休まらない日

僕自身、仕事を終えて自宅に帰宅した後、、

・「ちょっとしたミスくらいで、そこまで責めなくてもいいでしょ

・「〇〇さんと一緒に仕事するとストレス溜まるなぁ…

・「体が疲れているのに、残業なんてきついなぁ…

・「この仕事をやっていて自分は成長しているのだろうか…

様々な悩みが脳を疲弊させていて、帰宅してからも気分が休まらない日がありました。

 

いっそうのこと早めに寝てしまえばいいのですが、仕事から帰宅してからの”自分の時間”を有効活用したいですよね。

様々な考え事で脳が疲れてしまっている時に活用したいのがマインドフルネス(瞑想)です。

瞑想は10分程度の時間があれば十分です。

しかも自室で簡単にできますし、お金のかからない最高のリラックス方法です!!

マインドフルネス(瞑想)のメリット

  • 自宅で簡単にできてお金がかからない!!
  • 瞑想は1日、5分~10分程度でOK!
  • 瞑想を継続することでストレスが軽減される!
  • 集中力・記憶力が向上する!
  • 感情をコントロール・抑制できる(ちょっとのことでイライラしなくなる)

マインドフルネス(瞑想)で今の自分に目を向ける

 

一番簡単な瞑想は、目を閉じたまま自分の呼吸に集中する(意識を向ける)ことです。

PCチェアなどの椅子に座りながら背筋を軽く伸ばし、背もたれから離した状態が基本姿勢となります。

目を閉じて自分の呼吸だけに集中してみてください。

この時、スマホのタイマーで時間をセット(10分)してから、瞑想を始めると便利です

瞑想中に雑念が頭に浮かんでくる時もありますが、気にせず自分の呼吸に集中しましょう!

 

僕は仕事で疲れた日や、人間関係でメンタルが下降気味の日に瞑想をするように心がけています。

劇的に気分が変わるわけではありませんが、精神的な不安定さを軽減する効果を実感しています。(瞑想がメンタル的に良いことは科学的にも実証されています)

1日、5分~10分でもいいので、毎日、継続していくことが大切です。僕のように日によってメンタルの上下が大きい人は、瞑想を習慣化して生活の一部にしていきましょう。

脳(メンタル)の疲れは瞑想で軽減させよう!!

鬱っぽい人も、瞑想をすれば完全に鬱から解放されるまでにはいかなくても、メンタル的な改善が望めることが実証されています。

社会に出ていると、色々なタイプの人間と接することで悩みやストレスが生まれてきます。

真面目に考えて受け入れてしまうと、自分自身が辛いだけです。

うまくメンタルをコントロールしながら、ストレス社会を乗り越えていきたいものですね。

自宅で気軽にできるマインドフルネスは、気分に波がある方にも最適です

ぜひ気になる方は、日常生活の中に瞑想の時間を組み込んで習慣化していきましょう。

マインドフルネスについての書籍は下記がおススメです。

※書籍「最高の休息法」は僕が瞑想を始めるキッカケとなった本です。

それでは最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント