耳学するならAmazon Audible (オーディブル) がおすすめ ≫

【PORTER】ショルダーバッグ・リフトの使用感・特徴を徹底レビュー

ポーターのショルダーバック(リフト)買って良かった物

どうも、ポーターのバッグを愛用している、シュウべと申します。

突然ですが、あなたは普段からショルダーバッグを使用されていますか?

僕の場合、休日はショルダーバッグに小物類を入れて外出することが多いので、

生活必需品になっています。

※ここでいう小物類とは以下のモノになります。

  • 長財布
  • 携帯(スマホ)
  • キーケース
  • kindle(電子書籍)

普段、小物類をパンツのポケットなどに入れて外出されているとしたら、

男性
男性

小さめのバッグがあると便利かも…

と、思うことがありませんか?

そんなあなたに、丈夫で長く愛用できる

を紹介します。

この記事は以下の方に参考にしてもらえたら嬉しいです。

  • ポーターのショルダーバッグを購入しようか検討している。
  • ポーターの「リフト」に興味がある。
  • 丈夫で長持ちなショルダーバッグが欲しい。

ポーター(PORTER)製品の特長を解説

ポーターのショルダーバック(リフト)のロゴ

実際の商品紹介(レビュー)に入る前に、ポーター製品の特長について紹介します。

僕は以前からポーターのバッグをいくつか愛用していて、

スポーツジムに通う際に使用しているバッグもポーター製品(タンカー)です。

ポーター製品の特徴は下記とおりです。

ポーター製品の特長
  • 素材が丈夫で長持ち。
  • 外観がシンプルなので、年数が経過してもなデザインに古臭さを感じない。
  • ビジネス、プライベートでも併用が可能。(※製品によります)

ポーターは、とにかく素材が丈夫です。

スポーツジムで使用しているポーターのバッグは3年近く愛用していますが、不具合なく使えています。

それとデザインがシンプルなので、ポーターの製品は世代問わずに愛用できるバッグなのです。

シュウべ
シュウべ

ポーターは日本製であり丈夫で長持ち。安心感があります。

ポーター(PORTER)ショルダーバッグ・リフトを選択した理由

ポーターショルダーバッグ・リフトを購入した理由は「使用感と素材が自分の好み」だったからです。

店舗で現物を見て、実際に小物を入れてみたら、

ちょうどいいサイズ感だったので「これにしょう!」と直感で決めました。

実際のサイズ感については、次の項目からジックリと公開していきます

長財布やスマホをパンツのポケットに入れていると、どうしても見た目が悪いですよね?

ポケットに入れたままですと、外出先で歩行中にうっかり落としてしまうこともありえます。

それを考えるとショルダーバッグが1個あるだけでかなり重宝します。

ポーター【POTER】のLIFT(リフト)シリーズの説明

今回紹介するポーターのリフトシリーズについて、

どのようなシリーズなのか?

初めての方にも分かるように説明を記載しておきます。

“LIFT”(運ぶ・持つ)というカバンの本質を軸にさまざまなライフスタイル、用途、年齢層に向けて幅広いバリエーションで構成し、カジュアルバッグをメインにビジネスアイテムも加えたトータルシリーズです。

本体生地は2種類の糸を用いて織ったオリジナルのナイロンツイルで、経糸には210デニールのナイロン糸、緯糸には中空状の繊維を複数撚りあわせて紡績した“強合撚ナイロン中空糸”を用いて超高密度に織り上げています。

極細の糸を用いて厚手の生地を織ることで、軽量ながらも非常にボリューム感があり、シルクのように上品な光沢感を表現することに成功しました。生地の裏面にはPVC加工を施すことにより、ハリ感を出してカバンの形状を整えると共に、水滴が中に染み込むことを防ぐという効果があります。

引用:POTER公式サイト

ポーター(PORTER)ショルダーバッグ・リフトの評価レビュー

それでは、ポーターのショルダーバッグ・リフトの評価レビューをしていきます。

僕が実際に愛用している「ブラック」は、どんな服装にも合わせられるのが魅力です。

カラーについては、以下の5(2020年11月現在)で展開されています。

  • ブラック
  • ネイビー
  • ブロンズ
  • ネイビー
  • カーキ
参考ショルダーバッグ・リフトの価格は19,500+となります。
評価レビューの項目
①サイズ
②メイン素材
③留め具
④ファスナー
⑤ポケット外側
⑥ポケット内側
シュウべ
シュウべ

それでは、順にレビューしていきます。

①【サイズ】幅245 ×高さ145 ×奥行45(㎜) 

PORTERのショルダーバック(リフト)の外観
PORTERのショルダーバック(リフト)の内観
参考:長財布とkindleを入れた状態
  • サイズ:幅245×高さ145×奥行45
  • 注意点:ペットボトルなどの飲料水を収納するにはサイズが小さいので入りません。

②【メイン素材】ナイロン

PORTERのショルダーバック(リフト)の素材
PORTERのショルダーバック(リフト)のロゴ
参考:PORTERのロゴもシンプルでおしゃれです
ポイント
  • 表面はナイロン。手で触るとスベスベしています。
  • 光沢も少しあるので高級感を感じられます。
シュウべ
シュウべ

バッグの中にモノを収納しても、シルエットが崩れないのがおしゃれポイントです。

③【留め具】ファスナー

  • ファスナーはYKKですので、スムーズに開閉することが可能。

④【重量】約385グラム

  • 重量が約385グラムですので、荷物を入れていない状態はとても軽いです。

⑤【ポケット外側】ファスナーポケット×2

シュウべ
シュウべ

複数のポケットがあるので、スマホ用の予備充電池などを入れることも可能です。

⑥【ポケット内側】マジックテープ式ポケット

ポイント
  • マジックテープ式ポケットが内側にあるので長財布とスマホを分けて収納することが可能。
  • 注意点:マジックテープ式ポケットには「薄いモノ」しか収納できません。
シュウべ
シュウべ

必要最小限の小物が入れば十分!という方におすすめです♪

参考:一度に収納できるモノ(目安)
  • 長財布
  • スマートフォン(iPhoneなど)
  • kindle(電子書籍)
    ※小さめのタブレット
  • キーケース
  • メモ帳
  • 携帯用バッテリー
    ※このぐらいでパンパンになります。

ポーター(PORTER) ショルダーバッグ・リフトのまとめ

今回の記事では「PORTER(ポーター)ショルダーバッグ・リフト」について紹介しました。

リフトのショルダーバッグは「普段の外出では小物しか持たない」っていう方には、ぴったりのバッグだと思います。

ショルダーバッグにしては価格が少し高めかも」と感じられるかもしれませんが、質感や使用感が良いので長く愛用できます。

丈夫で長持ちなショルダーバッグをお探しなら満足できる製品だと思いますので、ぜひ候補として考えてみてくださいね。

  • ショルダーバッグ・リフトの価格は19,500円+税となります。

コメント

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました