早いもので2月も終わりを迎えますね.

日常雑記

 

こんばんは、シュウベです。

早いもので、二月も終わりを迎えますね。

ここ数日は、親戚で不幸があった関係でお通夜や告別式に参加し、少し落ち着かない日々を過ごしていました。

やはり、親の世代が高齢化してくると、喪服を着る機会も増えてきますね。

今は独身ではありますが、「このまま最後を迎えたらどうなるのだろう…」と、このような場に参列すると頭に浮かんできます。でも‥その時はその時ですよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

孤独ということ‥

たぶん、僕が60代になった時は、親世代の親戚も他界してると思いますし、従兄弟とも連絡を取り合わなくなっているので‥ほんとに「孤独に近い状況になるな」と思います。改めて今回のような葬儀に参列すると、先のことを考えてしまいますね。

 

大人になると、このような悲しい場の機会しか会わなくなってしまう親戚・従兄弟もいます。親戚でありつつ、どこか他人のようにも感じてしまうものなんだなと‥。昨年は父親が亡くなりましたが、逆の立場で葬儀に参列すると、悲しい気持ちにはなりますが、どこか‥他人事のように感じてしまっている自分もいました。

”今”は物事を「自分中心」で考えてしまっているのかな‥と感じました。人間というのは本当に都合のいい生き物ですね。

関連記事⇒⇒6月18日 今日は父の日‥【父親がいなくなって想う事】

肝心の仕事探しのほうは‥

さて、肝心の仕事探しの方ですが…苦戦を強いられています。

苦戦というか進捗が無く、1歩の勇気が足りていない状況です。もう離職して1年になりつつあるので、技術系の派遣で働きながら、残りの人生の生き方を模索していく方向でいこうと考えています。せめて、毎月の収入を得ないと【心の余裕】がなくなってきてしまうので‥。派遣でも働きださなくてはいけない時期を迎えています。

 

現状を受け入れ、”今”出来ることに全力で立ち向かうのみです。日々、過ぎていく時間があまりにも虚しく勿体無いです。与えられている時間は、みな平等です。この時間をどう過ごしていくのか、個人にゆだねられるとこところではありますが、悔いなく生きる人生が大事です。

 

人生のゴール””人生の終焉”は突然訪れるかもしれません。逆に今回、日本代表選手団として平昌五輪に出場した選手たちは”新しい人生のスタート”でもあるでしょう。(それにしても今回の五輪は夢中になって観てしまいました。苦笑)

その時々、この人生を悔いなく終われるように、精一杯、精一杯生きていきましょう!!(そだねー。)

最後までお読みいただきありがとうございました。

無職期間1年を目前にして無職が本音で語るこの1年について…
前職を離職してから約1年‥。 これまでの人生の中でも【人生苦痛ベスト3】には確実に入るであろう1年間であった。 昨年(2017年)の3月末、僕は派遣社員の契約が終わりを迎え、次の職場を探し出す矢先...
「魂の叫び」を受けとめ覚悟を決め動き始めます‥
こんばんは、シュウべです。 無職となりちょうど1年が経過しました。本当にあっという間でした。約1年前、最後の出社日で別れの挨拶をしながら、1人1人にお菓子を配ったのを今でも鮮明に覚えています。 離職して一年が経過 あれから...
日常雑記
スポンサーリンク
関連記事とスポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事とスポンサーリンク
\この記事をシェアする/
僕はこうして生き続ける

コメント