幼少期から場面緘黙症だった僕の新社会人時代(入社1年目)の経験談~悲劇を乗り越えた話~

本音の語り

 

どうも、元場面緘黙症のシュウべ(@shube80)です。

僕は幼少期から高校卒業まで場面緘黙症(ばめんかんもくしょう)でした。

「場面緘黙症って何??」っていう方に簡単に説明しますと、学校のような集団生活の中に入ってしまうと”まったく話せない”状態になってしまうことです。学校で一言もしゃべれない生徒という感じです。

(※授業の発表時などは、なんとか声を発することができるレベルです)

 

高校3年の時には、一時期、不登校にもなりましたが、なんとか卒業単位ギリギリで終えることができ、留年することなく高校を卒業することができました。

高校卒業後、僕は一浪して大学(工学部)に入学。大学卒業後は新社会人へ。

幼少期から場面緘黙症だった僕は、新社会人になってからも大きな壁にぶつかり苦労が続きました。

どんな苦労をしてきたのか、、今回の記事で包み隠さず発信します。

この記事を特に読んでもらいたい方は、場面緘黙で悩まれてある学生さんその親御さんです。

僕の苦い経験を発信することで「同じような過ちを経験してほしくない」と、願っています。

何かしらこの文章から感じてもられると嬉しい限りです。

場面緘黙症とは?

・家庭では話すことができるのに、社会不安(社会的状況における不安)のため、ある特定の場面・状況では話すことのできなくなる疾患である。

子供が自宅では家族らと問題なく会話をしていても、学校や幼稚園など家の外では全く、あるいはそれほど話さず、誰とも話さないという例は多い。そして、その子供は非常に内気な様子に見え、グループでの活動に入りたがらなかったりする。

引用元:ウィキペディア

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

大学卒業後、都内で一人暮らしを始めて社会人となる

この春から新社会人になった方も多いことでしょう。

生活に変化が訪れ、慌ただしい毎日が続いているのではないでしょうか?

それと同時に、新しい人間関係(同期や上司)に悩まれてしまう方もいるのではないでしょうか。

僕自身、毎年4月を迎えると社会人1年目の記憶が鮮明に蘇ってきます。

それと同時に思い出したくもないような苦い経験も蘇ってきます。苦笑

(思い出したくない過去の記憶って、なかなか消えませんよね‥)

ここからの話は、僕の実話でありますが、反面教師だと思って深く考えずに気楽に読んでもらえたらと思います。

東京都内で一人暮らしを始める

僕は大学卒業してから、就職に備えて関東のとある実感から、東京都内(京王線沿い)で一人暮らしを始めました。

入社式が予定されていた4月1日の2週間前に、勤務先近くのアパートに引っ越しました。

これまでの自分を変えていきたい」という気持ちがあり、両親には一人暮らしを始めるにあたり資金面でも大きな負担をかけてしまいした。

この時の心境としては「もうやるしかない!!」という強い気持ちに満ちていましたね。

実際は相当な不安がありました。住みなれない土地での一人暮らしスタート。

それと社会人1年目の新しいスタート。知り合いが誰もいない土地。

4月1日の入社日を控えて、緊張感が増してくるのが自分でも肌で感じていました。

ただ、心機一転、新しい環境でなんとかやっていけるだろうという気持ちがあったのも事実です。

4月1日、入社式当日

入社式では、同期が僕を含めて8人いることが分かりました。

僕は1年浪人していましたが、ほぼ同年代が揃っていたので、ほっとしました。

パッと見た第一印象では、真面目そうな雰囲気の同期が多かったので安心感もありました。

やはり、初めは人を見た目で判断してしまうものですよね。

ただ、僕は幼少期から場面緘黙症の経験者です。

当時は、自分から同期に話しかける”勇気”がありませんでした。

どちらかと言えば、向こう(同期)から話しかけられるまで待ってしまっていました。

ちょっとした世間話でさえ一苦労でしたね。

今思えば、社会人デビューも相当な引っ込み思案だったなって思います。

入社式の初日から緊張感がMAXです。入社式後はパソコンの設定やメールの初期設定、必要なソフトのインストールなどを行いました。

とにかくパソコンを操作しているだけでも緊張感が続き、手汗が止まらなかったのを覚えています

もうマウスが汗だくですよ。「マウス自身から汗が出てるのではないか?」っていうほど、マウスが手汗で濡れてしまっていました。

手汗でマウスが濡れてるところなんて、同期や先輩には見られたくありませんよね。苦笑

入社2日目から本格的な研修がスタート

ノートパソコン

 

入社2日目からは、同期8人で本格的な新人研修がスタート。

研修では、入社3~5年目の社員さんが講師になって、技術的なスキル【半導体関連やプログラムなど】を教えていただけました。

この時の僕はプログラムの経験がなかったので、研修のレベルについていくのがやっとでした。

むしろ研修についていけてなかったかもしれません。。苦笑

それと場面緘黙症だった僕にとっては、毎日、同じメンバーで研修を受けていると学生時代の授業を思い出してしまい、常に緊張感と窮屈感があります。

研修の中で分からないことがあっても、なかなか自分から質問することができないのです。これは苦痛でしたね。

講師の社員の方から「何か分からないところある??」って聞きにきてくれないと、質問ができないのです!苦笑

心の中で「こんな質問したら恥ずかしいかも。」という自責の念で押しつぶされそうでした。

同期に気が合う人がいて安心感があった

幸いにも同期入社の中で、気の合う同期が2人いました。

研修が終わって帰る途中に、一緒にスーパーで買い物などもする仲になっていました。

この時間は研修の緊張感も和らぎ、「気の合う同期がいるっていいもんだなぁ」って思えた瞬間でもありました。

だからといって社内では緊張が和らぐ感じではなく、常に緊張感に包まれていました。

それと自分の課題として、目の上や上司と会話する際に、当時はまともに会話ができていませんでした。

それほど極度のあがり症でもありました。

なんとか毎日、研修を受けることができましたが、入社して2週間で事件が起こります。

入社して2週間で”出社拒否”状態に陥る

 

入社して2週間で、僕が会社に行けなくなったのです。

学校でいうなら登校拒否。社会人でいうなら出社拒否です。

朝起きて会社に行くのが、辛くて辛くて憂鬱になってしまいました。

研修を受けていながらも、職場の緊張感と、研修で覚えることの多さに脳がパンクしてしまい、メンタルの許容範囲の限界をオーバーしていました。

コップの水が徐々に溜まっていき、耐えられずにあふれてしまったような感じです。

この時、一番最初に思えたことは、「やっぱり僕は人間関係がうまくいかないんだなぁ」って思ったのを記憶しています。

場面緘黙症と真剣に向き合わないまま大人になってしまった事の悲劇

いわゆる社交不安障害になっていました。

上司・同期からの着信が鳴り響く‥

朝は布団から起きられたものの、会社に出社するのが怖くなり、布団でゴロゴロしながら悶々としていました。

出社時間(9:00)になっても僕が会社にいないので、上司や同期から携帯に着信が入ります

僕の携帯に数分おきに着信がありました。

僕は電話がきても出ないまま、布団に横になって悶々としていました。

ですが心配を掛けては申し訳ないと思い、教育担当であった上司の電話に出ることにしました。

当時の話の内容はよく覚えていませんが…相当心配してくれていたようでした。

やはり、一人暮らしをさせてくれた両親にも迷惑をかけられないし、心配してくれる上司や同期がいる。そう思うと「会社に行かなければ!」と、気持ちを奮い立たせました。

そこから急いで身支度を整え、約1時間半遅刻しながらも会社に出社。

会社に着いてみると、事務のお姉さんや上司、同期が暖かく迎えてくれました

この時、僕は率直に「救われた」って思いました。

それと同時に、遅刻して出社しても暖かく迎え入れてくれた職場の雰囲気に、「何があっても、ここで頑張ろう」と強く決心しました。

もし…上司から「入社早々、遅刻してなにしてんだ!!」など、罵倒されていたら、この会社で頑張れていなかったと思います。

諦めたらそこで試合終了になっていた…

それと、僕自身が会社に行くことを諦めていなかったのも大きたなポイントです。

漫画スラムダンクで有名になっている名言

安西先生「諦めたらそこで試合終了ですよ。

という言葉の通り、ここで諦めていたら、社会人生活そのものが終了していたことでしょう。

 

ここで完全に出社拒否をしていたら、一人暮らしをさせてくれた両親にも迷惑をかけてしまっていたと思います。

出社拒否を免れたものの、職場での緊張感は続きましたので、この悲劇をきっかけにメンタルクリニックにも数回通院しました。

当時の担当医師には、「職場に出社すると緊張感が続いてしまう」と伝え、緊張感を緩和させるお薬を処方してもらいました。

実際に、このお薬を処方しながら職場に行くことで、気分的にも徐々に楽になり、その後は出社拒否することもなく、研修を受けられるようになりました。

気持ちが安定してくると仕事内容にも興味が増し、仕事にやりがいを感じられるようになってきました

その後も人間関係の悩みはありましたが、職場に慣れてきたことと、気の合う同期がいたことにより、うまくやりくりできていたのかなって思います。

元場面緘黙症の僕が社会人デビューして苦労したポイント

元場面緘黙の僕が、社会人になってから苦労したなっていうポイントがあります。

それは、、、、

  • 朝の朝礼当番での一言スピーチ
  • 研修の成果発表のプレゼン
  • 会議や打ち合わせでの発言
  • 職場の飲み会

これはとくに苦手でしたね。。

朝礼の一言スピーチ

特に朝礼の一言スピーチ。2ヶ月に1回の間隔で、一言スピーチの順番が回ってくのですが、緊張のあまり話すネタが飛んでしまい、頭が真っ白になってしまったことがあります。苦笑

この時は、もう恥ずかしくて体中に大汗をかきましたね、胸ポケットに忍ばせていたカンペを取り出して、スピーチしたことを覚えています。

かなり恥ずかしかったので、今でもトラウマのように鮮明に記憶に残っています。

会議や打ち合わせでの発言

それと会議や打ち合わせでの発言

自分の発言に注目されるのは緊張感が増します。とくに大きい会議によっては数十人が自分の発言を聞いているわけですから‥。

場面緘黙症でしたので、『大勢の前で自分の意見を発言する』経験値がほぼなく、これも社会人になってから苦労したポイントです。

職場の飲み会

それと、、厄介なのが職場の飲み会

社会人になると定期的に会社全体の飲み会がありますよね。

定番の新入社員の自己紹介タイム!!周りの同期がユーモアたっぷりの自己紹介をしている姿は、僕にとって物凄いプレッシャーでした。

案の定、僕の自己紹介は散々な結果でした。苦笑

新人歓迎会では、初めてお会いする社員さんの方々と話すのにも緊張しまくっていました。

新入社員なので、ビール瓶を片手にあちこちのテーブルを回って、ビールをつぎにいかないといけないのですが、、、ほとんど動けませんでした。苦笑

先輩社員さんからも「もっとビールをつぎに回った方がいいよ!!」と、指摘されましたね。

いや、僕には無理です!!」とは言えないので、とりあえず「わかりました!!」と言っておきながら、自席からあまり動かなかったのを覚えています。

いや、動かなかったというよりは、地蔵のように動けなかったと表現したほうが正しいです。苦笑

社会人なりたての飲み会では、周りの先輩ともまともに会話できていなかったと思います。

それを考えると全ての失敗を経験してきて””があるんだなって改めて思います。

とにかく新人1年目の時は、人間関係で多くの””をかきましたが、今では良くも悪くも苦い経験です。苦笑

場面緘黙症に悩まれている学生さんへ伝えたい事

このように僕は社会人になってから、人間関係・人付き合いは失敗の連続。

僕自身、場面緘黙症で友達作りの経験値そのもののレベルが低かったのも原因でした。

だからこそ、場面緘黙で悩まれている学生さん、そして、その親御さんへ伝えたいです。

社会人になる前に、人とのコミュニケーションを取る機会、場数を意識的に増やして欲しいなって思います。

学生さんなら、バイトで人との接し方を学ぶのもいいと思います。

働いた分のお金(お給料)も貰えて、人とのコミュニケーションの練習の場を得られるのは最高ではないでしょうか。

高校生だと大学の受験勉強で忙しいと思いますので、大学生になってからでも、空き時間にバイトを入れて人生の経験値を増やして欲しいなって思います。

バイトでは年上の方とも接する機会が多々あると思いますので、社会人になる前に、対人関係スキルも意識的に高めておくことをおすすめします。

場面緘黙経験ですと、どうしても人と接する接客業のバイトは避けてしまいがちかもしれません。

ですが、軽作業のお仕事でも人と接する機会やコミュニケーションを取ることがありますので、まずは経験値を積む、これに尽きるのかなって思います。

若いので恥かいても全然許されますよ。むしろ若いうちに失敗をさくさんして経験値を積み上げていってほしいです。(合わないバイトなら早めに見切りを付けて、別のバイトをさがしてもいいのです!!)

とにかく失敗してもいいから場数を踏んで欲しいです。初めから上手くいくことってありません。

自転車に乗り始めた頃を思い出すと、初めは上手く乗れずに転んでばかりではなかったでしょうか。転んでなんぼの人生です。そこから成長できると思います。

そして必ず、新社会人なった時に人生の糧となります

僕のように社会に出てから、極度の緊張・ストレスで出社拒否にならないように。。後になって話のネタにはなるかもしれませんが。。苦笑

次回、場面緘黙症関連の記事を書くとしたら、「僕が場面緘黙症で悩んでいた頃、今更だけど〇〇しておくべきだった」というネタで、情報を発信できればと考えています。

僕の苦い経験に、長々とお付き合いいただきありがとうございました。

コメント