全日本卓球選手権の決勝を観て張本智和選手『チョレイ』の雄叫びについて思うこと

引用:全日本卓球選手権 公式HP

こんにちは、シュウべです。

昨日、午後3時から卓球全日本選手権の男女シングルス決勝がテレビ放送されていたので観ていました。


スポンサーリンク

シングルス決勝では‥

女子シングルス決勝では、伊藤美誠選手が前回王者の平野美宇選手を圧倒する強さで初優勝を飾りました。伊藤選手は、2016リオ五輪で日本代表として活躍して注目を浴びてから着実に実力を伸ばしてきてるなという印象があります。

決勝で負けてしまった平野美宇選手も、二連覇というプレッシャーもありながら決勝まで勝ち進んできたということは、やはり日本でもトップであることを証明していますね。しばらくはこの2選手が女子卓球界を盛り上げてくれそうですね。

 男子シングルス決勝では‥

そして、男子卓球シングルス決勝です。
決勝は水谷選手と中学生で14歳張本選手の対戦。

個人的には水谷選手を応援していました。あくまで個人的な意見なのですが、僕的には張本選手の『チョレイ』があまり好きになれないのです。

まだ得点後のガッツポーズくらいならいいのですが、1ポイント毎に『チョレイ』と雄叫びをあげられてしまうと、真剣に観ている側も緊張感が少し冷めてしまいます。苦笑
個人的な意見になりますが、せめて1ポイント毎ではなく1ゲーム取ったら『チョレイ』でいいのではと感じました。

実際に会場に足を運んだ事がないので声量は分かりませんが、対戦相手が目の前でガッツポーズしながら雄叫びを何度も何度も繰り返していたら集中力も切れそうですよね。水谷選手が何度か苦笑しているような様子が印象に残っています。

ここぞという場面で「チョレイ」を‥

張本選手は相手の集中力を崩壊させるためにあのような雄叫びを上げているわけではなく、あれが本来のプレイスタイルなのです。但し、応援している側の観客も気持ちいい真剣勝負が観たいので、なるべく『チョレイ』はここぞという場面のみに発してほしいなと個人的には感じました。

やはり卓球の決勝は、静かな会場で卓球台とピンポン玉の音が緊張感を高め、観ている人々を引き込ませるのが醍醐味でもありますよね。
今大会で初優勝を飾った張本選手の実力は本物です。水谷選手もこの試合に関しては脱帽したと、インタビューで答えていました。若い世代の優勝はとても素晴らしいことだと思います。

この敗戦をバネにして、水谷選手もさらにレベルアップすることでしょう!
東京五輪までこの2選手も要チェックですね!

それでは、お読みいただきありがとうございます。