2018年版 手帳を購入しました。~僕はこうして一言日記を書き続ける~

こんばんは、シュウべです。

今日もしくは明日で仕事納めのサラリーマンの方も多いと思います。

僕のように無職で年末を迎えると仕事納めがありませんので、なんだか寂しい年末です…苦笑
来年の今頃は「今年は仕事頑張ったなー」って思いながら仕事納めを迎えられるような一年になれるように頑張ります。


スポンサーリンク

2018年版の手帳を買いに行きました‥

仕事納めに縁のない年末ですので、今日は来年の手帳を買いにいきました。

僕が本格的に手帳を持つようになったのは2008年からです。初めは仕事・プライベートの予定しか手帳に記録していなかったのですが、2012年くらいから手帳に【一言日記】を残すようになりました。

一言日記といっても2~3行程度のものです。書ける日は5~6行残している日もあります。だいたい仕事・プライべートでの出来事、その時の自分の気持ちを素直に正直に書いています。

愚痴のような事を吐き出している日もあります。ですので、自分が突然、何かしらの事故で亡くなった時に、この手帳を母親とかに読まれるのが一番きついかもしれません。笑

でも、一言日記を残し続けることで、数年前の今頃‥自分はどんな気持ちで生きていたのか、不思議と思い出せるんですよね。たまに昔の手帳を読み返すと面白いです。

 1日1ページの手帳は書くことが無い‥

今年使っていた手帳(昨年末に購入)は、ちょっと欲を出して1日1ページの手帳にしてみました。

このような感じです。

この手帳を1年間使用してきて感じたこと…


『こんなに書くネタが無い‥』
(-_-;)

新年の1月~2月くらいまでは、なんとかページ一杯に、書ききれるだけの日記や出来事等を一生懸命書いて残していたのですが、毎日となると‥さすがに書く事が無くなります。苦笑

結論として、1日1ページの手帳は僕には無理でした。「何か書かないと」という気持ちのプレッシャーからか、ストレスにもなっていたかもしれません。

※気になる方はチェックされてみてください。

 ハードルが高過ぎました‥

この1日1ページの手帳は、文章や絵を書いたりするのが好きな方、職場の打合せ等で毎日使用したい方には重宝する手帳だと思います。

逆に僕のような一言日記を書く程度の人間にはハードルが高すぎました。笑

この手帳を使いきれる程のポテンシャルがなかったのです‥。

2018年版の手帳はシンプルに‥

2018年版の手帳は、数年前に使っていたモデルの手帳に戻すことにしました。

この能率NOLTYという手帳です。

1日1ページではなく「1週間で2ページ‥」このぐらいが丁度いいです。

今回、手帳選びで学んだ事は‥

・自分の用途に見合った手帳を選ぼう!

手帳は一年間愛用するモノですからね。自分が何の目的で手帳を使うのかを明確にして、最大限有効に活用できる手帳に巡り会うのが一番ですね!

今はまっさらな手帳ですが、来年はどんな一年になるのか‥ちょっと楽しみでもあり、想像もつきません。今年(2017年)の手帳は、無職期間も長引いてしまった事で悲観的な内容の一言日記が多かったです。

来年はこの手帳と共に「飛躍」できる一年に出来ればと思っています。

そして、この記事をお読みになっていただいた皆さんも、良い一年になることを願っています。

それでは、お読みいただきありがとうございました。