転職して年下の社員と信頼関係を築いていくポイントとは?【実体験】

日常雑記

 

男性

転職できたのはいいけど…同じ部署の年下社員とうまくやっていけるか不安だなぁ。

こんな悩みを抱えた経験ありませんか?

 

30代中盤以降になってから転職すると、配属された部署にひとまわり近い年下(12歳前後)の社員さんがいたりすることってありますよね。

僕のように、繊細で人見知りしてしまう人間が転職した場合、

  • 年上よりも年下との関係性に悩む

ことが多いのではないでしょうか。

 

根本的に”人付き合いが苦手な人”にとっては、職場の年下の社員さん(ある先輩)との関係作りが、長く仕事を続けていけるかのポイントにもなります。

では、転職した部署にひとまわり年下の社員がいて一緒に働くことになったらとしたら…。

まず、どう振る舞うべきなのか?

僕なりの体験談を踏まえてお話したいと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

解説:転職して年下の社員と信頼関係を築いていくポイント

転職した職場の初出勤日。

どんな雰囲気の部署で、どのようなメンバーと仕事をするのか?

大変気になるところだと思います。

 

シュウべ
シュウべ

初出勤日の前日は、緊張で眠れなかったりしますよね…

20代中盤~後半での転職であれば、比較的、年上の先輩上司と一緒に仕事をしていくケースが多いと思われますが…

30代中盤以降ですと、どうしても「年下の上司」「年下の同僚」と仕事をするケースが発生してきます。

それでは、転職して年下の社員と信頼関係を築いていくポイントを細かく解説していきます!

:30代後半以降で転職した場合、年下社員との接し方
:年下社員には、自分から積極的に話しかける!
:若手社員からしたら中途採用のオッサンには話しかけにくい!
:年下社員と絡んでいくうえでの注意点

 

①:30代後半以降で転職した場合、年下社員との接し方

例えば、30代後半で転職して、配属された部署に20代後半くらいの先輩社員がいたとしたら、、

まず、どう絡んでいくべきか。最初は考えてしまいますよね?

 

何度も転職を繰り返してきている僕の体験からしたら、もうこれしかないのです。

・年下でも相手をリスペクトしつつ、自分から積極的に話しかけていく。(※質問していく)

 

注意点としては、「自分よりも年下な感じだな!」と思って、いきなりタメ語で話しかけはいけません。

やはり、その職場で長く働いているからには年下であっても先輩なのです。

シュウべ
シュウべ

まずは敬語で話しかけるのがポイントです。

 

②:年下社員には、自分から積極的に話しかける!

年下とコミュニケーション

年下社員には、自分から話しかけることが最大のポイントです。

それはなぜか?

ここは、逆の立場になってイメージされてみてください。

 

あなたが20代中盤の社員だったとします。

あなたの職場に30代中盤の中途採用の新人さんが入ってきたのです。

もし、中途採用の新人さんと業務上の絡みが少なければ、基本的に「年上だから話しかけにくい」ですよね?

人見知りだとしたら、尚更、話しかけにくいと思います。

むしろ、人間の心理からして「話しかけられる方が楽(ラク)」なのです。

どんな性格なのか分からない人間に、いきなり話しかけるのって勇気がいりますよね。

 

③:若手社員からしたら中途採用のオッサンには話しかけにくい!

逆の立場(若手社員)になって考えてみると、

若手社員が中途採用の30代中盤のオッサンに話しかけるのは勇気がいることなんです!

(※自分自身が20代前半の頃を思い返してみてください…)

 

30代中盤以降で新しい環境に飛び込んだら、まずは「自分から年下社員に積極的に話しかける」ことを心掛けてみてください。

なにか業務上のことで分からないことがあれば、あえて「年下の社員さん」に話しかけるのも良いでしょう。

そこから年下社員との繋がりが発生(発展)していきます。

年下社員さんと会話を繰り返していくことで、、

相手も徐々に心を開いてきてくれて、砕けた会話もできてくるようになってきます。あくまで僕の実体験です

ここまでくれば、年下社員との関係もだいぶ楽になり、仕事のやり取りもスムーズになってくることでしょう。

 

④:年下社員と絡んでいくうえでの注意点

 

転職先で、若手社員と絡んでいくうえでの注意点をまとめてみました。

転職したばかりの頃は、下記のことを意識されることで、信頼関係を構築できることでしょう。

  • 転職先の年下社員とは、自分から積極的にコミュニケーションをとる
  • 年下でも、常に相手をリスペクトする
  • 年下社員に、過去の武勇伝は語らない(自慢話をしない)
シュウべ
シュウべ

年下社員に前職の武勇伝(自慢話)を語るのは、なるべく控えましょう。

 

結論:転職先では自分から積極的にコミュニケーションをとるべし!

本記事では「転職して年下の社員と信頼関係を築いていくポイント」を解説してみました。

今回紹介した内容は、転職先の年下社員に限らず、年上社員さんにも十分に通用します。

改めてポイントを一言でまとめてしまえば、

  • 自分から積極的にコミュニケーションをとっていく

 

転職先では、自分から積極的に話しかける(コミュニケーションを取る)ことに尽きます。(※結構、ここにたどり着くのです)

中途入社は、相手から話しかけてくれるのを待っていてはいけません。

なぜなら、周囲から「仕事に対して消極的な人かな?」と思われてしまうからです。

 

多少の恥をかいても問題ないので、入社したばかりは積極的に質問して話しかけていきましょう!

人見知りでも大丈夫です。現代社会では、相手の方も人見知り(繊細さん)っていう場合も多々ありますからね。

ちょっとした会話を繰り返していくことで、徐々にお互いの信頼関係も高まっていくハズですよ。

では、転職回数の多い、シュウべでした。

 

コメント