サッカー欧州遠征『日本代表 VS ウクライナ代表』試合をTV観戦しての憤激レポ【2018.3.27】

サッカー欧州遠征「日本代表VSウクライナ代表戦」の試合(3月27日)をTV観戦しました。欧州遠征の2試合目は、仮想ポーランドとしてウクライナとの対戦となります。

マリ戦はあまりにも不甲斐ない試合内容でしたので、私は後半の途中にお風呂に行ってしまいました‥。あのサッカー解説者セルジオ越後さんもマリ戦の試合内容には激高したようですね。苦笑 仕切り直して、ウクライナ戦では勝利を期待して観ることにしました。

      <日本代表  出場メンバー>

■試合結果(2018.3.27)
日本 VS ウクライナ
 1 - 2

【得点者】
日本:槙野智章 41’
ウクライナ:OG 21′、オレクサンドル カラバエフ 69′


スポンサーリンク

日本代表VSウクライナ戦の感想‥

それではTV観戦後の感想です‥。

試合内容としては、前回のマリ戦よりも”日本代表は攻めていたな”という印象です。ただ、どうしても最後のシュートまでもっていくカタチがみえず‥。

ウクライナのほうが長短のパス交換が巧みで個々のキープ力もあり、日本のゴールに迫っていましたね。やはりウクライナの選手は一人一人の個人能力が高いです。日本がやりたいサッカーをウクライナがしていて、日本代表は中盤の危険な場所でミスパスをしたり…自滅のようなプレーも所々で見られ、ウクライナとの明らかな力の差を感じる試合でした

今の状況は監督云々の話だけではなく、選手個人個人の問題でもあるのかなと感じます。怪我をしている選手を除いては、今回集められているメンバーは紛れもなく日本のトップ選手達です。このメンバーで勝てないのなら本大会の雲行きも怪しくなります

むしろ、今回の欧州遠征2試合を観て「ロシアW杯にはあまり期待出来ないな‥」と思われたサッカーファンが多々いたと思います。失望してチャンネルを変えた人もいたことでしょう。私の場合は、お風呂に行ってしまいましたけどね。苦笑

現状のチーム状況からして、短期間で立ち直すのは結構厳しいのかなと思います。選手達が監督を信頼していないように感じてしまうのです‥。

  注目していた選手達の活躍は‥

・本田圭佑
この試合で一番注目して観ていた本田選手は、かつての勢いがありませんでした。これまでの本田選手といえば、強烈な個性でチームを引っ張り、強靭なフィジカルで外国人選手に当たり負けしないイメージがありました。しかし、かつての本田選手の姿をみることができず、年齢とともにプレースタイルも変わりましたね‥。以前のようなキレやスピードも無く‥ギラギラしていた本田選手を感じられなくなったのは残念です。

・長谷部誠
ボランチの長谷部選手。中盤の大事な位置にいながら、ミスパスをしてしまう場面があり、ピンチを招くキッカケを与えていました。以前の長谷部選手ではありえないようなプレーが続き、年齢的な衰えもあるのかなという印象です。所属チームでは、センターバックを任されているので、現状としては最終ラインでプレーさせた方が合ってるんじゃないかなって思いました。

・杉本健勇
ワントップのFW杉本選手。Jリーグでは十分に活躍していますが、世界相手には厳しいのかなと‥。以前、私のロシアW杯予想メンバーに杉本選手を入れていましたが、正直、今回の遠征で『落選』となる可能性が高くなりました。

まだ海外組の武藤選手・岡崎選手のほうが世界相手に戦えるんじゃないかって思います。やっぱり、センターフォーワードを任せられるのは、海外経験がないときついですね。ポストプレーでボールを保持できないのは致命的だなと思います。

・そのほかの選手の印象
原口選手宇佐美選手久保選手もパッとした活躍ができませんでしたね。今の日本代表は、誰が試合に出ても同じような試合展開になるんじゃないかなと思います。それなら、中島翔哉選手のように活き活きとプレーしている選手をスタメンで起用して欲しいところです。中島選手については、今回の欧州遠征で評価を高めたと思います。この遠征のなかで数少ない収穫ではないでしょうか。本大会のメンバーに選出される可能性も高まりました。

その他の選手については、特別、この選手が良かったという印象もなく微妙な親善試合だったなと思います。日本人の特徴・弱点を活かした戦術にしたほうが、確実にいいチームになりそうなのに‥残念です。

ハリル監督も悩んでいる‥

正直、ハリル監督も悩んでいると思う。どうしたら強くなるのか”行き詰っている状況”なんだと予想がつきます。就任当初、日本人選手は技術力が高いと思っていたら、予想をはるかにこえて技術力が低いことを目の当たりにしたのではないか‥

基礎的な技術‥トラップ・パス・シュート。あきらかに欧州遠征で対戦したマリ・ウクライナのほうが技術的にも高かった。そりゃ監督も頭抱える試合中にイライラするのも仕方ないのかなと思います。

日本代表は南アフリカW杯で決勝トーナメントに進みましたが、試合内容を振り返るとフリーキックでのゴール(本田選手・遠藤選手)が大きかったと思います。今の日本代表はフリーキックでゴールを決められる確率も低いし、セットプレーのキッカーのも人材不足です‥。考えられるのは柴崎選手、中島選手、呼ばれていない清武選手(C大阪)あたりでしょう。

サッカー協会はハリル監督で本大会に臨むと、メディアで公表しましたので、我々は信じて応援するしかありません。

ロシアW杯後の代表監督は日本人にすべき!!

ロシアW杯後の新監督の選出は、日本人の特徴を良く理解している人材を選ぶべきですね。それを考えると‥日本人監督が適任じゃないかと思います。

Jリーグで結果を出している監督が代表監督になってもいいのかなと‥。個人的にはジュビロ磐田の名波監督が代表監督になってくれたら、日本人に合った戦術を考えてくれる気がします。コーチ陣にはゴン中山(中山雅史)とかを呼んでくれたら面白いんですけどね。現在の日本代表は、”戦う気持ちを全面に出す選手”も少なくなりましたしね。

それと三浦知良選手。早く指導者や監督としてJリーグや代表に貢献してほしいんですけど‥。まだまだ現役で頑張ってますので、もっと先の話になりそうです。

次期監督を日本人で選ぶとするならば『名波監督』しか考えられません。現在はジュビロ磐田の監督ではありますが、条件次第では実現の可能性もありそうな気がします。久しく日本人の代表監督が現れていないので‥ちょっと期待してしまいますね。

3ヶ月後に迫るロシアW杯。ハリル監督にベストな23選手を選出してもらい、この逆境を払拭さるような快進撃をみせてほしいところです。ハリル監督が続投である以上は、本大会までチームをシッカリと仕上げてもらって、本大会での日本代表の戦いを見届けたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。