宇多田ヒカル「初恋」最新アルバムを聴いた感想 ~TOUR2018 CD封入先行受付でチケット当選~

すでにご存じの方も多いかもしれませんが、宇多田ヒカルさんの最新アルバム『初恋』2018年6月27日にリリースされました。(オリジナルアルバム7作品目になります)

実は僕、デビュー当時から宇多田ヒカルさんの大ファンなんです!!
(だからなに?って感じですよね。)

当時、1999年発売の「First Love」(アルバム)を購入した時の衝撃は今でも忘れていません。全身に稲妻が流れたような衝動を体が鮮明に覚えています

日本人女性ボーカルで”こんなに歌が上手い人がいるのか”って愕然としました。当時、まだ10代だった僕にとっては衝撃がはかり知れなかったのです。異才を放った天才の登場だ!!と胸が高まりましたね。笑

今年は宇多田ヒカルさんがデビュー20周年を迎えます。

最新アルバム「初恋」のリリースと共に、11月からは約12年ぶりのコンサートツアーも予定されています。(アルバム初回盤にツアー先行予約のシリアル番号が挿入されています。抽選の応募期間は7月11日迄です)


スポンサーリンク

宇多田ヒカル「初恋」のCD購入

やはり、宇多田ヒカルさんの1年9ヶ月ぶりの最新アルバムとのことで購入するかレンタルするか悩みましたが、ツアーの先行にも応募したいと思ったので購入しました!!(たぶん当選する確率はかなり低いです)

今回のCDジャケットも、以前より大人っぽくなった宇多田ヒカルさんのアップ写真になります。肝心の最新アルバムの感想について語りたいと思います。

まずは、アルバム「初恋」の曲目リストです。

宇多田ヒカル『初恋』曲目リスト

01. Play A Love Song
02. あなた
03. 初恋
04. 誓い
05. Forevermore
06. Too Proud featuring Jevon
07. Good Night
08. パクチーの唄
09. 残り香
10. 大空で抱きしめて
11. 夕凪
12. 嫉妬されるべき人生

「初恋」を聴いた感想・レビュー

気になる曲のみ選曲して感想を述べさせてください。

宇多田ヒカルさんのインタビューも抜粋しながら紹介します。

初恋

これまでの宇多田ヒカルさんの人生模様を「初恋」の歌詞に表現している印象を受けます。歌詞が奥深く、誰もがこのような「初恋」を経験してきているわけではありませんが、宇多田ヒカルさんだからこと描ける壮大なストーリーがこの一曲に収められています。

それは、結婚、母親の死、出産を乗り越えてきた宇多田ヒカルさんの新たな始まりの一曲である気がします。

この曲を聴くと、どこか懐かしい思いにふけり、これまでの出来事・経験・感情が頭の中を巡り清らかな気持ちにさせてくれます。

誰もが人を”好き”になる経験をしてきているはずです。その”好きだった人”との過去の出会いが、”今の自分の糧”になっていると、問いかけてきているようにも感じます。

「初恋」とは始まりでもあり、また終わりでもある。
ーー 恋の始まりとも終わりとも取れるように書いています。初恋というのは、それを自覚した瞬間から、それを知らなかった以前の自分の終わりでもあるし。

引用:Utada magVOL.7


引用:YouTube【宇多田ヒカル 『初恋』(Short Version)】

Forevermore

まず、この曲のリズム感が半端ないのです。心地よいリズム感、何度聴いても飽きません。一度聞いたら癖になります。”噛めば噛むほど味の出るスルメイカ”のように、聴けば聴くほどのめりこんでしまう名曲です。車を運転しながら聴きたい曲ですね。

ーー 「愛してる、愛してる」という一方で逆説的な表現をしてみたり、悲しい歌なんだけど、何か宣言しているような力強さも持たせました。

引用:Utada magVOL.7

パクチーの唄

まさに宇多田ヒカルさんの優しい歌声で癒されます。個人的にこの「パクチーの唄」が好きです。心が落ち着きますね‥。就寝前とか”心を落ち着かせたい”ときに聴きたい一曲です。

宇多田ヒカルさんに慰めて欲しいときは、是非、この曲を聴いてみてください。笑

パクチー、ぱくぱく♪
パクチー、ぱくぱく♪
ぱくぱく、パクチー♪
(耳から歌詞が離れなくなります‥笑)

何がきっかけでパクチーだったんですか?

ーー 単にパクチーを食べるのが好きで、カレーとか鍋にいっぱい入れてたから。「僕はくま」と同じようなノリですね。書いた時期も近かったかもしれない。

引用:Utada magVOL.7

嫉妬されるべき人生

歌詞が奥深いです。「嫉妬されるべき人生」はゆったりとしたクールな曲調です。”人の期待に応えるだけの生き方はもうやめる”という歌詞に、母親を亡くしてからの宇多田ヒカルさんの生きる”覚悟”、そして”強さ”を垣間見えた感じがします。

この曲に関しては、まず「歌詞」をじっくりと読んでみてほしいです。歌詞を堪能してから曲を聴くと、グッと宇多田ヒカルさんの世界へと入り込んでいってしまいます。

「嫉妬される人生」について

ーー これは作曲から紆余曲折して出来た曲でしたが、スタジオでレコーディングした時、ミュージシャンのみんなもスタッフも私もすごく手応えを感じて、これはもう最後にもってくる他にないと思いました。そこでこの不思議なスケール感と重さとクールなリズムにはどんな歌詞が合うのかと考えて、愛とはまた異なる、今の私が書ける”至上の恋”を描く究極のラブソングにしようと思いついて。

引用:Utada magVOL.7

宇多田ヒカル「初恋」は最高のアルバムでした

今年(2018年)になって初めて購入したアルバム(CD)が、今回紹介した宇多田ヒカル「初恋」です。

当時(1999年)、宇多田ヒカル「First Love」のアルバムはCDショップで購入しました。このCDショップは今でも記憶として残っています。胸の鼓動を高まらせながらCDショップに行き、「First Love」のアルバムを手に取り、胸を躍らせながらレジで支払いを済ませました。

あれから19年‥。残念ながら、このCDショップは閉店してしまい現在は残っていません。音楽というのは、良くも悪くも当時の”記憶”を蘇らせてくれます。今回、久しぶりに店舗でCDを購入したことで、”新しい記憶”として残ったのも事実です。ネットからダウンロードして”楽曲”を購入していたら、感じられていなかった感情だと思います。

引用:YouTube【宇多田ヒカル 『あなた』(Short Version)】

私たちの年代(30代後半)になると、新しい音楽やミュージシャンに興味が薄れてしまう方も多くいます。まったく音楽を聴かなくなった方もいることでしょう。それと”音楽を聴いただけでは心が揺さぶられなくなった”という方もいるかもしれません‥。人それぞれ歳を重ねるごとに、音楽に対する捉え方は変化してきます。

でも‥宇多田ヒカルさんの楽曲は誰もが一度は聴いたことがあると思います。

最近、音楽聴かなくなったなぁ‥」という方にも、是非聴いて欲しい作品です。

久しぶりに聴いていて”心地よい音楽”に出会えたなと思えた瞬間でした。

【追記】宇多田ヒカルTOUR2018 CD封入先行受付でチケット当選しました!!

追記:2018年7月21日

宇多田ヒカルさんのアルバム「初恋」に、2018ツアーチケット先行抽選のシリアル番号が挿入されていました。この先行抽選に応募したところ、7月20日に抽選結果がメールで届いていました。。

抽選結果は‥

第一希望 当選!!

正直、当選するとは思ってもいなかったのでビックリしました。しかも第一希望の公演が当選していました。

私が当選した公演は‥

12月5日(水)さいたまスーパーアリーナ です。

宇多田ヒカル 2018ツアースケジュール

11月  6・ 7日:横浜アリーナ
11月14・15日:マリンメッセ福岡
11月22・23日:日本ガイシホール
11月28・29日:大阪城ホール
12月  4・ 5日:さいたまスーパーアリーナ
12月  8・ 9日:幕張メッセ国際展示場

今年は安室奈美恵さんのファイナルツアーにも当選していたので、ライブ関連の先行抽選は強運に恵まれています。宇多田ヒカルさんのライブもこの機会を逃したら、生歌を聴けるチャンスもないと思いますので、今年後半の楽しみができました。

現在も、宇多田ヒカルさんのアルバム「初恋」は毎日聴いています。何度聞いても飽きないです。むしろ聴けば聴くほど曲の良さを感じられます。まだ聴かれていない方、是非おすすめです。

どうも、宇多田ヒカルさんの楽曲を愛する、シュウべです。 宇多田ヒカルさんの最新アルバム【初恋】が6月27日にリリースされました。 この...
宇多田ヒカルさんの楽曲を愛するシュウべ(@shube80)です。 いよいよ2018年11月6日(火)の横浜公演から、 『HIKARU ...

宇多田ヒカルさんのライブに行ったら、現地レポにて報告したいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。