書籍『夢をかなえるゾウ』感想|夢を叶えるために必要な日常の行動とは‥

こんにちは、シュウべです。

今回のブログは『夢をかなえるゾウ』という一冊の本を紹介します。

私がこの本に出合ったのは、昨年(2017年)の年末でした。
以前からこの本の存在は知っていましたが、なかなか購入するキッカケがありませんでした。

2017年の年末年始は、本を数冊買って家でゆっくりしようと思い、行きつけの書店でこの本を購入しました。

書籍『夢をかなえるゾウ』購入

この本を購入した時の私は、「2017年は新しい気持ちで迎える1年にしよう!!」「ルーティン的な日々を変えたい!!」と考えていました。(※その6ヶ月後、今は無職となり求職活動しています‥。)

内容をざっくりと説明しますと、ゾウの姿をした神様(ガネーシャ)が主人公(普通の社会人)の前に現れます。自分を変えたいという主人公に対して、ガネーシャが次々と課題を出してきます。

その課題というのは、成長するため、成功するためのヒントとなるものです。主人公がその出された課題を実践してこなしていく過程が描かれています。

ガネーシャから出される課題の内容は『これまで読んできた自己啓発本にも書かれている』と、ガネーシャは言っています。どう行動すれば、”成長”・”成功”できるのか、これまで読んできた自己啓発本の内容にも書かれてることばかりなのです。

足りないのは、自分自身が行動・実行に移す・経験することなんですね。
当たり前の事ではありますが、その当たり前のことが出来ていないんだな‥って再確認させてくれました。

『夢をかなえるゾウ』のガネーシャの言葉

日々感謝する・誰かのサポートする・大事な人を喜ばせる‥。

普段生活していて当たり前に思える事でも、自分自身の心に余裕がないと、感謝したり誰かの力になろうという気持ちも起きないものです。

自分の事で一杯一杯になってしまい‥日々の感謝の気持ち・周りをサポートする気持ちに目を向けられない事もあったな‥と思い返しました。周りに目を向けられない時期というのは、自分自身が疲れているサインでもあるかもしれません

これからも、そんな状況になりそうな時は、この本を定期的に読み返して「心のエネルギー」を回復させていこうと思っています。

最後に‥

今、求職活動中であるので、余計に自分の今後の事で頭がいっぱいになっていますが、都度、ガネーシャの教えを思い返して、周りの人の力になれる人間でいたいと思ってます。

何よりも、人が困っている時にサポートする・誰かを喜ばせる・人に感謝する時の心境ってとても気持ちが良いものですよね!!

仕事をしていて、周りから「ありがとう」と言われると嬉しくなりますよね。

「ありがとう」という言葉は、幸福感を高めてくれると聞いたことがあります。
毎日「ありがとう」と言い合える環境で仕事がしたいと強く思っています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。