Amazonの売れ筋ランキングを見てみる ≫

ココマイスター・ブライドルシリーズの特徴と経年変化を画像付きで徹底解説

ココマイスターのブライドルレザーシリーズ革製品

どうも、革小物の経年変化を楽しんでいる、シュウベと申します。

今回は僕が愛用している「ココマイスター」について紹介します。

まず、皆さんはココマイスターという革製品ブランド(日本製)をご存知でしょうか?

簡単にご説明します。

ココマイスターとは
  • ココマイスターは「日本の職人がつくる心温まる革製品」をコンセプトに、熟練職人を選定、細部まで手を抜かない、こだわりの“ものづくり”を信念としています。
  • 厳選した素材とセットとなり、一生涯使える、愛着がもてる革製品を生み出し続けています。

 出典:ココマイスター公式サイト

僕はココマイスターのブライドルレザーシリーズの種類)を愛用しています。

ブライドルシリーズは、ココマイスターの中でも特に人気のある革製品です。

本記事では、実際に僕が愛用してるブライドルシリーズの中から、

  • グランドウォレット(長財布)
  • グランドコインパース(小銭入れ)
  • キーケース

以上の3点について、使用感・特徴・経年変化エイジングを中心に解説していきます。

シュウべ
シュウべ

ココマイスター製品の購入を検討されている方、ぜひ参考にされてみてください。

ココマイスター・ブライドルシリーズの魅力とは?

ココマイスターの革製品
画像引用:ココマイスター公式サイト

初めに「ココマイスター ブライドルシリーズ」の魅力を簡単に紹介します。

ブライドルシリーズの魅力
  • デザインがシンプル
  • ブランドロゴが目立たない
  • 日本製(国内生産)の革製品
  • 丈夫で長く使える
  • ビジネス・プライベートで併用できる

これに尽きます。

年齢層関係なしに、長く愛用できるのがココマイスターの魅力でもあります。

落ち着いた大人の財布が欲しい方なら、ココマイスターを選んでおけば間違いなしです。

それでは、僕が愛用しているブライドルシリーズの特徴・経年変化について、

下記の商品順に紹介していきます。

:ブライドル・グランドウォレット
:ブライドル・グランドコインパース
:ブライドル・キーケース

①:ブライドル・グランドウォレットの特徴・経年変化を解説

ココマイスターのブライドルグランドウォレット(長財布)
画像引用:ココマイスター公式サイト

ブライドル・グランドウォレット(長財布)仕様詳細


画像引用:ココマイスター公式サイト

商品名ブライドル・グランドウォレット
(長財布)
外寸縦19.5×横10×厚さ2.3
(cm)
機能カードポケット×8
フリーポケット×2
ファスナー付き小銭入れ×1
札入れ×2
素材本体:ブライドルレザー
内装:ヌメ革
重さ約190g
製造国日本製
価格32,800円
(税込)

ブライドル・グランドウォレットの詳細を公式サイトで見てみる

ブライドル・グランドウォレット(愛用品を紹介)

詳細は下記の画像をご確認ください(※購入してから3年8ヶ月が経過した状態)。

①:愛用しているカラーはダークネイビー

ココマイスターのブライドルグランドウォレットの外装
  • 定期的にメンテナンスをすることで光沢があります。

②:3年と8ヶ月使用した内装(ヌメ革)

ココマイスターのブライドルグランドウォレットの内装

③:3年と8ヶ月使用した内装(ヌメ革)別角度

  • 長く使用することでヌメ革が柔らかくなります。
  • チャックは「YKK」なので丈夫な作りになっています。

④:3年と8ヶ月使用した内装(ヌメ革)小銭入れ

⑤:ブライドルグランドウォレット(ネイビー)の外装

ココマイスターのブライドルグランドウォレットの外装
  • 長く使用したことでコバの色落ちが目立つようになります
  • コバは修理・修復が可能です(修理依頼が必要

※「【永年修理保証】5年愛用したココマイスターの長財布(ブライドル)を修理依頼してみた手順と体験談」」で詳しく解説しています

定期的にメンテナンスをしていれば、年数関係なく経年変化を楽しみながら長く愛用できるのが、ブライドルレザーの醍醐味です。

シュウべ
シュウべ

メンテナンス商品については後半で紹介します。

ブライドル・グランドウォレット(長財布)の特徴・使用感

ブライドル・グランドウォレット(長財布)の特徴

  • デザインがシンプルなので長く愛用しても飽きがこない。
  • 使用を続けることによりヌメ革が柔らかくなり、カードの出し入れがしやすくなる。
  • 定期的にメンテナンスをすることにより、革の経年変化を楽しめる。
  • 3年以上使用してもチャックの開け閉めはまったく問題がない。
  • ブライドルレザーは水に弱いため定期的に防水スプレーを使用している。

ブライドルレザーは『雨』『水滴』に弱いので、防水スプレーを定期的に使用することが大切です。クリームのケア(革全体の手入れ)は、月に1回~2回行っています。

正規販売は国内の公式サイト及び直営実店舗のみ

②:ブライドル・グランドコインパースの特徴・経年変化を解説

ココマイスターのブライドル・グランドコインパース(小銭入れ)
画像引用:ココマイスター公式サイト

ブライドル・グランドコインパース(小銭入れ)仕様詳細


画像引用:ココマイスター公式サイト

商品名ブライドル・グランドコインパース
(小銭入れ)
外寸縦7.2×横11.4×厚さ1.8
(cm)
機能ポケット×5
素材本体:ブライドルレザー
内装:ヌメ革
重さ約72g
製造国日本製
価格20,000円
(税込)

ブライドル・グランドコインパースの詳細を公式サイトで見てみる

ブライドル・グランドコインパース(愛用品を紹介)

詳細は下記の画像をご確認ください(※購入してから3年と5ヶ月経過した状態)。

①:使用しているグランドコインパース(ブラック)の外装

ココマイスターのブライドルグランドコインパースの外装

②:グランドコインパース(ブラック)の内装

③:グランドコインパース(ブラック)の小銭入れ

小銭入れはたまにしか使用していないので、

購入して3年以上経過していますが比較的きれいな状態です。

シュウべ
シュウべ

定期的にクリームでケアすることで光沢がでてきます。

ブライドル・グランドコインパース(小銭入れ)特徴・使用感

ブライドル・グランドコインパース(小銭入れ)の特徴

  • 小銭入れ、カードの出し入れがしやすい。
  • デザインがシンプルなので長く愛用しても飽きがこない。
  • 定期的にメンテナンスをすることにより、革の経年変化を楽しめる。
  • 3年目以上使用しているが、チャックの開け閉めはまったく問題がない。
  • ブライドルレザーは水に弱いので、定期的に防水スプレーを使用している。

購入する前の注意ポイント

  • お札を入れる場合、2つ折りだとチャックを閉めたときに完全に入らない
    (※お札を3つ折りにすると入ります)

参考:2つ折りですとチャックから少しはみ出します

正規販売は国内の公式サイト及び直営実店舗のみ

③:ブライドル・キーケースの特徴・経年変化を解説

ココマイスターのブライドル・キーケース
画像引用:ココマイスター公式サイト

ブライドル・キーケース 仕様詳細


画像引用:ココマイスター公式サイト

商品名ブライドル・キーケース
外寸縦10.9×横6×厚さ2
(cm)
機能キーホルダー×4
カードポケット×1
フリーポケット×2
素材本体:ブライドルレザー
内装:ヌメ革
重さ約53g
製造国日本製
価格14,000円(税込)

ブライドル・キーケースの詳細を公式サイトで見てみる

ブライドル・キーケース(愛用品を紹介)

詳細は下記の画像をご確認ください(※購入してから2年と6ヶ月経過した状態)。

①:ブライドルキーケース(モスグリーン)の外装

ココマイスターのブライドルキーケースの外装
  • モスグリーンはかなり濃いめの緑になります。

②:ブライドルキーケース(モスグリーン)の内装

ココマイスターのブライドルキーケースの内装
  • 2年と6ヶ月間使用した状態になります。
  • 内側は「ヌメ革」になっていますので、鍵の出し入れなどによる汚れ・経年変化はありますが、使い続けることで良い革の味がでてきます。

キーケースも丈夫な造りになっていますので、さすが日本製といった感じです

定期的にメンテナンスを続けることで、独特の皮の変化(エイジング)を楽しめます。

長財布・小銭入れ・キーケース、すべてを揃えたいという方は同じカラーで統一するのもおすすめです。

モスグリーンの経年変化について「 ココマイスターのモスグリーン革製品の経年変化(4年経過)を画像で徹底解説 」で詳しく解説しています

正規販売は国内の公式サイト及び直営実店舗のみです

ココマイスター革製品のメンテナンスについて


画像引用:ココマイスター公式サイト

ココマイスターの革製品は定期的なメンテナンスを行うことで、長く愛用することが可能です。

僕が愛用しているメンテナンス用品は、以下のものです。

商品名用途
コロニル・シュプリームクリーム  革製品で使用するクリーム
コロニル・ファインポリッシングブラシ 革製品の汚れを落とす山羊毛ブラシ
コロニル・シュプリームプロテクトスプレー 防水効果と保革・栄養効果のあるスプレー
YKK社・ファスナーメイト ファスナー専用の潤滑スプレー

基本はこの4点セットです。(商品名をクリックすると詳細を確認できます)

僕の場合、メンテナンスの実施頻度は下記の通りです。

  • 月に1~2回、クリームでケアする。
  • 月に1回、防水スプレーを使用する。
  • ファスナーの滑りが悪くなったら、ファスナー専用スプレーを使用する。

ココマイスターの革製品を長く愛用するためにも定期的なメンテナンスを推奨します。

長く革製品を愛用するためにメンテナンス用品は揃えるのがベスト!

革製品のメンテナンス商品

今回紹介した「ココマイスター ブライドルレザー」はとでも丈夫な革でできている商品です。

定期的にメンテナンスをしていれば、3年以上は余裕で使用することが可能です。

なによりもデザインがシンプルであり、ブランドのロゴを前面に出していないところも魅力的なポイント。

経年変化エイジング)とともに革の表情も変化してきますので、定期的にメンテナンスをしながら変化を楽しんでみてはいかがでしょうか。

革製品を長く愛用するためのメンテナンス用品はこちら

ココマイスターの革製品は実店舗・公式通販で購入可能


画像引用:ココマイスター公式サイト

ココマイスターの革製品は、実店舗もしくは公式サイトの通販で購入が可能です。

【補足】ココマイスターの実店舗に行けば、すべての革製品を手に取って現物を確認することが可能。

自宅から足を運べそうな店舗があれば、一度行ってみることをおすすすめします。

購入時にカラーの選択にも悩まれるかもしれませんが、実店舗で店員さんお願いすれば「カラーの比較」も可能です。

僕はココマイスターの銀座一丁目店に足を運んだことがありますが、

店内がとてもきれいで店員さんがとでも親切に商品を紹介してくれたのが印象的でした。

ココマイスターの実店舗は以下をチェックされてみてください。

参考:ココマイスターの実店舗一覧

※僕が銀座店に行ったときの体験談がこちらです。

ココマイスター実店舗の店員さんにブライドルレザーの経年変化をベタ褒めされた話

参考:ココマイスターで取り扱っている革製品を紹介(一例)


画像引用:ココマイスター公式サイト

本記事では、僕が愛用しているココマイスターのブライドルレザー(革製品)を紹介しました。

ココマイスターには「ブライドルレザー」以外にも様々な革製品があります。

※革製品の一覧(シリーズ)をまとめてみました。

シリーズ
(革の種類)
特徴
クロコダイル 洗練された上品なクロコダイルレザー
コードバン 自然な風合いを生かしたシェルコードバン
オークバーク 保護されたオークの木を遣い、薬品を一切使わずに革を製造
ポンテマットーネベルギー産・最高級「アマンデルレザー」を採用
ジョージブライドルブライドルレザーを裏表に採用したハードコアシリーズ
ロンドンブライドル重厚かつファッショナブルな存在感
マルティーニ 天然の上質さが生み出す至高の手触り
ナポレオンカーフ手に吸い付くような質感と発色が醍醐味
プルキャラック最高級のプルアップレザーを採用
マットーネ カジュアルからフォーマルまで品格があり使い勝手が良い

ココマイスターは革のシリーズが豊富なので、どの革にしようか迷われてしまうかもしれませんが…

どの製品も日本製であり質の高い革製品です。

ココマイスターの公式サイトから「自分が求めている革」をじっくり探されてみてはいかがでしょうか。

ココマイスター公式サイトで革製品の詳細を見てみる

補足:ココマイスターの永年修理保証制度について

ココマイスターの永年修理保証制度
画像引用:ココマイスター公式サイト

ココマイスターの革製品をは通販(公式サイト)、もしくは実店舗で購入すれば、永年修理保証制度を受けられます。

永年修理保証制度とは、無償もしくは会員価格で修理対応を受けることができます。

(ただし事前にクラブ会員に登録しておくことが条件)

革製品は長く愛用することで経年変化を楽しめますので、ぜひ、永年修理保証制度を受けられるようにしておきましょう。

ココマイスターのクラブ会員に登録をしてみる(無料)

※ココマイスターの永年修理保証制度については「5年愛用したココマイスターの長財布を修理依頼してみた手順と体験談」で詳しく解説しています。

初めてココマイスターの革製品を購入されるのなら【完全ガイド】を参考にされてみてください。

参考記事ココマイスターの革製品を公式サイト「通販」から購入する手順を解説【完全ガイド】

人気記事ココマイスターの店員さんに愛用している財布をベタ褒めされた話

オススメココマイスターのモスグリーン革製品の経年変化(4年経過)を画像で徹底解説

コメント

タイトルとURLをコピーしました