資生堂メン(男性用化粧品)を使用して肌質に変化はあった!? 資生堂メンの評価・感想レビュー


引用:資生堂メン公式HP

今回は大人の男性向けスキンケア対策として「資生堂メン」を紹介します。

私は1年程前から、この「資生堂 メン」という男性向け化粧品を使用しています。

使用して実際に感じた感想・効果をレビューしていきます。

スポンサーリンク

資生堂メン化粧品 使用開始のきっかけについて

30代前半までは「ドラッグストアに売ってる男性向けの化粧水」を使用していました。

しかし、年齢とともに肌質が変わっていき、ドラッグストアに売ってる化粧水が自分の肌に合わなくなってきました。冬場の乾燥対策に化粧水をつけても、乾燥状態が改善されない…。肌がカサカサしてしまい‥保湿性が低いのです。

 年齢相応の化粧水を探すことに‥

そろそろ年齢相応の化粧水にしたほうがいいのかも…と思い、ネットで様々な口コミを確認しながら男性用化粧品を探していきました。そして…【資生堂メン】に出会いました。

他にもいくつか気なる化粧水はあったのですが、価格が高いため候補から外しました。 消耗品であり継続的に使用していくにはランニングコストも計算しておかないといけませんよね。

値段が高すぎて経済的に負担がかかると、継続的に使用できなくなる可能性も考えられます。
そんなわけで価格もそれほど高くなく、継続的に年齢相応の化粧水を使いたいので【資生堂メン】を選択しました。

資生堂メン 本気の評価レビュー公開

資生堂メン】でもいくつか種類があります。

私が実際に使用しての評価/感想レビューをまとめてみました。

資生堂メン クレンジングフォーム

顔の洗顔にこのクレンジングフォームを使用してます。

私の場合は比較的敏感肌なので、朝か夜のどちらか1回だけ使用しています。クレンジングフォームを使用しない時は温水のみで洗顔しています。

凄く柔らかい泡なので刺激もなく優しく洗顔できます。洗顔後はツッパリ感もなく、顔の皮脂などのベタつきも取り除いてくれます。

1日1回(夜のみ)の使用で、1本約2ヶ月半~3ヶ月はもちます。

資生堂メン ハイドロレーティングローション

こちらのローションは洗顔後に使用しています。

保湿性は十分にあります。ただ私の肌の場合、湿気が高い時期(梅雨から夏にかけて)に使用するとベタつく感じがするため、冬場の乾燥する時期に使用しています

それと夏場のお風呂上りに肌の保湿が欲しい時にも使用しています。

1本で1日朝晩2回の使用で、約3ヶ月くらいもちます。

 資生堂メン トーニングローション

こちらのローションも洗顔後に使用します。

こちらはハイドレーティングローションと比べるとさっぱり系のローションです。湿気が高い時期でもベタつきがないので梅雨~夏場の時期に使用しています。

但し、ハイドレーティングローションと比べると保湿性は少し低いです。この事から冬場の乾燥時期は「トーニングローション」では保湿が物足りなく感じる方もいると思います。

私自身は冬場の乾燥時期に「ハイドレーティングローション」、肌のベタつきが気になる湿気の高い時期に「トーニングローション」を使用しています。

資生堂メン マスタージェル

こちらはローション使用後にさらに保湿を高めるために使用しています。

ジェル状なので手で伸ばしてから顔全体に優しく馴染ませていきます。ジェル状ですがベタつきはなく爽快感があります。香りもほとんど気になりません。

「ローションだけでは保湿が足りないかなぁ…」と思われる方や1日中保湿を維持したい方は、このジェルの併用をオススメします。

最後に‥

実際に使用してから1年程ですが、今のところ大きな肌トラブルもなく肌の質感も維持できています。

逆に「資生堂メン」の化粧水を使用してから、肌質が若くなったとかきめ細かくなったという実感は今のところありません。

資生堂メンシリーズの「もっと値段の高いアイテム」を使用すると、エイジングケアも可能ではないでしょうか。

気になる方は資生堂のHPでチェックされてみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。