【Mr.Children】東京ドーム(2017.6.30)ドーム&スタジアムツアーThanksgiving 25|現地レポ・感想・セットリスト

2017年6月30日に東京ドームで開催された、

Mr.Children ドーム&スタジアムツアー Thanksgiving25』に行ってきました。

Mr.Childrenがデビューして25周年の記念ライブになります。これまで数多くの名曲を生み出してきたMr.Children。その名曲達を一挙に堪能できるのが25周年記念ライブの醍醐味であります。現地の様子からライブの感想を赤裸々にお伝えしていきます。

このライブが5年後(2022年)の30周年記念ライブにも繋がる道標になることでしょう!!


スポンサーリンク

ライブ当日の東京ドーム周辺の状況について

ライブ当日、東京ドーム周辺は多くのMr.Childrenファンで溢れかえっていました。

特に東京ドームの入口正面付近は「写真撮影に夢中になる人」「グッズ売り場に向かう人」「誰かと待ち合わせをしている人」などで動きがあまりとれません。人の渦に巻き込まれしまうくらいの人だかりでした。

東京ドーム集権のベンチなどにも、すでに人が座っているため一息つける場所もありませんでしたね。会場に入場するまでの間、東京ドーム周辺を散歩がてらに散策していました。

天気は曇り空で湿気か高く蒸し暑さもありましたが、首元にツアータオルを巻いているファンが非常に多かったです。

グッズ売り場に穴場スポットがあった!!

東京ドーム側のグッズ売り場には凄い行列ができていました。

事前のTwitter情報で「東京ドームホテル側のグッズ売り場は穴場」とのツイートを発見しました。実際に現場に行ってみたところ、確かに空いていて穴場でした!!

グッズ購入の行列もほぼ無く待ち時間8分~10分程度だったと思います。

グッズ売り場の列はスムーズに流れていましたので、無事に購入予定だった「メモリアルタオル」をゲットできました。開場限定のガチャガチャ(1回500円)にも並びましたが、こちらは待ち時間もなくガチャることができました。

(※ガチャを1回やったら2個同時に出てきました!!

当日は人混みでなかなか写真が取れませんでしたが一部公開します。

東京ドーム(会場内)の現地レポート

今回のライブの開演時間は18時になります。私は17時30分に東京ドームの会場内へ入りました。手荷物検査がありましたが比較的スムーズに入場することができました。本人確認(身分証明書の提示)はありませんでした。

会場内は凄い熱気で自席に着くまでに汗もかきました。やはり夏場のライブは、扇子などを持参して暑さ対策をしておいたほうがいいですね。それと水分補給も大切ですので、事前に飲料水を購入しておくと安心です。

※会場内では【公演中のみ撮影禁止】でしたので、公演前に撮影した一枚。

座席的にはステージを斜めから見る感じでしたが、巨大スクリーンの映像演出も良く見えました。ミスチルのメンバーの姿も、肉眼でしっかりと確認することができました!!

ちなみに私の座席(一人参加)は‥‥

【1階 3塁側 44通路 14列の430番台】

通路側の席です。

Mr.Children Thanksgiving 25 東京ドーム公演セトリ

開始時刻はほぼ定刻どおり18:00にスタートしました。

2018年6月30火(金)「Mr.Children Thanksgiving25 」東京ドーム公演のセットリストです。

Mr.Children Thanksgiving25
東京ドーム公演セットリスト(2017/6/30)

1.CENTER OF UNIVERSE
2.箒星
3.シーソーゲーム~勇敢な恋の歌~
4.youthful days
5.GIFT
6.君が好き
7.ヒカリノアトリエ
8.CROSS ROAD
9.innocent world
10.Tomorrow never knows
11.車の中でかくれてキスをしよう
12.思春期の夏~君との恋が今も牧場に~
13.抱きしめたい
14..Any
15.名もなき詩
16.1999年、夏、沖縄
17.こんな風にひどく蒸し暑い日
18.ランニングハイ
19.掌
20.ニシエヒガシエ
21.himawari
22.足音 ~Be Strong
23.Printing
24.Dance Dance Dance
25.everybody goes~秩序のない現代にドロップキック~
26.fanfare
27.エソラ

<アンコール>
28.Overture
29.蘇生
30.終わりなき旅

懐かしい名曲揃いで何度も鳥肌が立ちました!!

18:00~21:30頃に終了したので約3時間半の公演時間でした。

Thanksgiving25では過去の名曲も演奏!!

個人的に今回のライブで聴きたかった曲として‥

・掌
・everybody goes
・足音
・終わりなき旅
・ヒカリノアトリエ

‥が聴けて大満足でした。

セトリ「fanfare」⇒「エソラ」の流れは以前のツアーでもありましたので定番化されつつありますね。それと「終わりなき旅」が最後の最後に歌われました。演奏前に桜井さんが「この曲はこれからの皆さんのために未来のために」‥みたいな事を話してから演奏が始まりました。

巨大スクリーンの演出も前半は大自然の映像やメンバーの演奏姿のアップが中心。中盤あたりになってから曲のコンセプトを表現したアニメの映像が流れ、最後の終わりなき旅は映像をほぼ使わず(最後の方だけ桜井さんの姿が映し出される)に、音だけを伝える熱い想いを感じました。

個人的には「」「ニシエヒガシエ」の映像が印象に残っています。それと「Tomorrow never knows」の演奏中の大自然(崖のような)映像も曲にピッタリで感動しました。

桜井さんがMCで語った想いとは。

1999年、夏、沖縄」では曲の後半に桜井さんの長いMCがありました。

ざっくりと覚えている内容です‥

桜井さん‥
「気がつけば、25年です。
昔、ノストラダムスの大予言という予言があって、それは1999年に、世界が滅亡するという内容で、僕はそれを都合よく信じていて、成人になって、やりたいことだけやって、ミュージシャンになって好きなことだけやって、そして1999年に世界が滅亡したら、それはある意味ラッキーだなって思ってたんですけど‥。

1999年になっても、2000年になっても世界は滅亡しなくて、さぁどうしようと思ってるうちに‥2002年がきて、それは僕らの10周年にあたる年でした。
今日と同じように、多くの人に10周年おめでとうって言われたんですけど‥その時はまだ若くて、素直じゃなかったし、どうせ今僕らの音楽を好きで聴いてくれてる、人もいずれはどんどん減っていって、離れていくもんだと、そんな風に思っていました。

だから、『10周年どんな気持ちですか』って言われた時も‥『いやいや、ただ1日、1日を一生懸命過ごしてるだけで、10周年ってただのレコード会社や事務所の話題作りじゃないですかね。』ってひねくれた考えをしていました。
でも、10周年をこえたあとは、本当にあっという間に今、25年で‥。

もうすぐに、離れていってしまうと思っていた、僕らの音楽を聴いてくれる人、ライブに足を運んでくれる人、未だにこんなにたくさんいてくれて、それは心から感謝だし、うれしいし、幸せに思ってます。

同世代のミュージシャン、友達、近しい人が、病気だったり、亡くなってしまったり、だから、だからこそなおさら今こうやって、演奏している時間、みんなとこうして、Mr.Childrenとしていられる時間を心からうれしく、愛おしく感じています。」

内容に抜けはありますが、このMCには感動して涙が出ました。

25年も音楽を続けること・グループを結成して25年経った現在も、これだけの大きな会場でコンサートが開催できるMr.Childrenは改めて凄いなぁと思います。

※2018年2月17日追記
2017年8月5日 日産スタジアムの現地レポはこちらです。

引用:オフシャルHPより Mr.Children Thanksgiving 25 日産スタジアム初日(2017/8/5)に参戦してきました。 (※...

最後に‥

1998年に「終わりなき旅」のCDが発売されてから19年近く経ちます。当時、学生だった方(私を含め)は現在30代~40代になられている方が多いと思います。

ライブ当日、東京ドームの周辺には30代~40代だけでなく10代~20代くらいの世代も多く見受けられました。「終わりなき旅」が発売されていた頃に生まれた世代の方々も多くいました。

現在もMr.Childrenが音楽業界のトップに君臨できるのは、当時ミリオンセラー連発していた時代を知る30代~40代のみならず、10代~20代も含め幅広い年代に支持されているのも大きいですよね。Mr.Childrenは幅広い年齢層に愛されているんだなとライブ会場で再確認することができました。

ここのままいくと‥次は30周年でしょうか。これからもMr.Childrenに注目していきたいですね。Mr.Children ドーム&スタジアムツアー Thanksgiving25は最高に素晴らしいコンサートでした!!

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントの入力は終了しました。