Amazonの売れ筋ランキングを見てみる ≫

【無職生活】求職中(無職期間)の過ごし方をルーティーン化する利点を紹介

生活情報・雑記

長期間の求職活動を経験した、シュウべと申します。

突然ですが、無職になると1日があっという間に終わりますね?

無職で過ごす時間は恐ろしく早いものです。

経験のある方には理解してもらえると思いますが、、

無職になり1日中部屋にこもって求人サイトを見ている生活は非常に辛いもの

もしあなたが『1日中部屋にこもって生活するのが好き』という方であれば話は別ですが、人間は基本的に部屋にこもってばかりいると”うつ”っぽくなる危険性が高まります。

僕自身、無職生活で感じたこととして

正直こんなにメンタルが病むなら、働いているほうが気分的にラクだな

って何度も思いました。

とはいえ、無職期間も長い人生にとっては”大切な時間”。

人によっては”これまでの自分の人生”を見つめなおすキッカケにもなり、人生が大きく開けるチャンスにもなりえます。

  • 無職になったことで生活リズムが狂った
  • 求職活動以外の時間をどう活用していいのか分からない
  • 求職期間の時間をもてあましている

このような方に向けて「求職中の過ごし方をルーティーン化」することのメリットを紹介します。

シュウべ
シュウべ

この記事は”僕の実体験”をもとに書いています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

求職期間中にやっていたことを紹介【無職生活】

僕が求職中に仕事を探しつつ、生活のなかでやっていたことは下記のとおりです。

求職中にやっていたこと(無職期間)

  1. 定期的にスポーツジムへ行く
    ※もしくは自宅でYouTubeを見ながら筋トレ
  2. 商業施設・本屋に行き気分転換
  3. 自宅でヨガ・瞑想をする
  4. 自宅やカフェ・図書館で読書をする
  5. 今後のことを考える・悩む
  6. 気分転換に動画や音楽を楽しむ
シュウべ
シュウべ

意識的に気分転換になることをやりました。

今になって振り返ると、圧倒的に「今後のことを考える・悩む」時間が、1日の6割~7割近く占めていました。

悩んでいる時間が長期化することで「自分はこの先、何をしたいのだろう?」と、自己嫌悪に陥ります。

基本的に”悩む = 思考停止”の状態となり、問題解決には至らないケースがほとんど。

”悩む”と”考える”ではメンタル的な疲労感が違います。

無職で孤独のまま”悩む時間”ほど脳を疲労させ、生産性のない時間を過ごしてしまいがちです

シュウべ
シュウべ

今の自分、生きてる価値あるのかな…?

と、自分自身の”存在価値”すらを否定してしまい、心理状態が追い詰められていくのです。

前進しているようで全くと言っていいほど前進していない不甲斐なさ。

「自分は退化しているんじゃないか?」っていう恐怖すら感じていました。

シュウべ
シュウべ

哀れな僕を反面教師にしてくださいね…

人生は現実・運命を受け入れる勇気も必要!

無職になり苦境に陥る自分の状況を、

  • 環境のせい、運命のせい
  • 前の職場にいた〇〇さんのせい
  • この家庭(家族)に産まれたせい

このように上手くいかない状況を周囲の環境のせいにしてしまうと泥沼にハマります。

周囲のせいにしてしまうのは簡単ですが、目の前の問題に”現実逃避”しているだけです。

とはいえ、無職になって悶々とストレスを溜め込んでばかりではメンタルも壊れてしまいます。

仕事が決まらず苦しくとも、今の自分の人生を全うするために責任感をもって前進しないとです。

運もチャンスも自分で努力して掴み取る」。辛い状況でもこの気持ちは忘れたくないものです。

シュウべ
シュウべ

哀れな自分を変えるためにも、求職期間をルーティーン化することにしたわけです。

求職期間のタイムスケジュールを公開

堕落した求職期間の生活を律するために、下記のようなタイムスケジュールを設定しました。

▶7:00~8:00
起床

9:00~12:00
求人チェック・読書

▶12:00~13:00
お昼など(※軽い昼寝もOK)

▶13:00~16:00
求人チェック・読書

▶16:00~18:00 もしくは 19:00
ジムに行く または カフェか図書館で勉強

▶19:30以降
夕食
求人チェック・読書
自宅ヨガ・瞑想
ブログのネタを考える

▶24:00までに
就寝

シュウべ
シュウべ

あくまで時間は目安です。ガチガチに設定してしまうと逆にストレスになるので、ある程度の緩さも必要です。

無職期間中にしていたこと
  • スポーツジムに通う(週2~3回)
    →運動を習慣化する
  • 本を音読する(読書をする)
  • カフェ・本屋に行き気分転換
  • 庭の木の剪定をする
  • メルカリで不要なモノを売る
  • 自宅ヨガ・瞑想をする
無職になり控えたこと・止めたこと
  • スポーツ観戦
  • 屋外での飲み
  • テレビの時間
    ※ニュースやスポーツ番組のみ視聴

参考①:スポーツジムに通う・運動を習慣化する

僕は無職になっても定期的にスポーツジムへ行くように心掛けていました。

正直なところ、、

無職になってからもジムに行く時間があるなら早く仕事見つけろ!」と

いう厳しい声もあるかもれません。

これは言い訳ではありませんが、無職になると社会との接点がほぼなくなります

どこにも属さない自由な立場ではありますが、これが長引くとメンタル的にしんどくなってくるのです。

やはり無職の人間も、気持ちをリフレッシュ・リセットする時間が必要。

無職になり自室にこもるような日々が続くと、メンタルが病んでしまう確率が非常に高いのです。

無職になってから平日にジムに行くことは、確かに心苦しい気持ちがあります。

とはいえ、ずっと仕事探しで頭を悩ませていたらメンタルが疲弊して壊れちゃいますよ。

ただし無理に「ジムに行くべき!」とは断言しません。

ジムに行く気力や経済的な余裕がない場合、

  • 自室で筋トレなどをして体を鍛える
  • YouTube動画を観ながらダンスなどの運動をする
  • 自宅の周辺、近所の公園などでウォーキングする
    ⇒太陽が出ている時間帯がおすすめ

これを継続するだけでも気分が変わります。

シュウべ
シュウべ

無職になっても「定期的に体を動かす習慣」を身に着けることで気持ちも前向きになりますよ♪

参考ジム歴10年目の僕が初心者でもスポーツジムを長く継続するコツ5選を紹介!

参考②:本を音読する(読書の習慣を身に着ける)

次に、本を音読するについて解説します。

もともと僕は本を読むことが好きでした。

自宅でもカフェでも本を読みますが、今まで黙読で本を読んでました。

ですが、とあるビジネス雑誌の記事で

  • 音読すると脳にも良い
  • 長く記憶に残りやすい

など、メリットが多々あることを知り、自宅で本を読むときはなるべく【音読】しながら声を出すようになりました。

無職の期間中は、自宅で一人で過ごす時間が長くなります。

必然的に誰とも会話しない時間が増えてしまうのです。

口周りの筋肉(表情筋)が衰えて、活舌が悪くなってしまうのでは?

という懸念がありますよね?

その不安を解消するためにも、自宅で音読をすることで表情筋の衰えを防止できるメリットがあります。

僕自身、【音読】を意識するようになってから、以下の変化を感じています。

  • 以前よりも活舌が良くなった。
  • 言葉の語彙が徐々に増えてきている。

それと声を出すことで、メンタル的にもリラックス効果を実感できています。

最後に、あくまで僕の無職期間の経験談になりますが、、

無職期間中に誰とも話さない時間・声を出さない期間が長引くことが一番のデメリット

であると実感していました。

シュウべ
シュウべ

1日10分程度でもいいので音読を継続することをオススメします。

③:カフェ・本屋に行き気分転換する

次にカフェ・本屋に行くについて解説します。

求職期間中は、息抜きしたくて本屋に週2回、カフェにも週に1~2回の頻度で行っていました。

なぜが?といいますと、自宅にこもっていると気持ちが落ちてきます。

ストレスが蓄積していき、

魔が差して誤った行動を起こしてしまわないか?

自分自身が不安になったからです。

あなたも経験があるかもしれませんが…

無駄に時間がありすぎると余計なことまで考えてしまったりしませんか

もしくは、過去の苦い記憶ばかりを思い出して反芻し、メンタルをやられてしまう…。

一人の時間が長期間続くと、気持ちが闇に落ちてしまいそうなくらいの絶望に襲われます。

結局のところ、家にずっと一人でこもって仕事探しをしている時間はしんどいってことなんです。

シュウべ
シュウべ

1日部屋にこもるのは地獄なので、適度に外出してくださいね。

結論:求職期間もルーティーンの生活を意識することが大切

本記事では「求職中の過ごし方をルーティーン化する」について紹介しました。

無職生活をルーティーン化するメリット
  • 毎日の生活リズムが整う
  • ダラダラ過ごすよりもメンタルが安定する
  • 身体、健康にも良い

2020年以降、新型コロナウイルスの流行で無職期間の過ごし方も大きく変化しました。

コロナ禍でも適度に運動したり、短時間でも好きな場所(公園や喫茶店)で気分転換できる時間を意識的につくられてみてください。

それと自宅で気分転換できる趣味(※なるべくお金がかからないもの)も見つけてみてください。

今の時代なら、好きなYouTuberを見つけて気分転換に視聴するのもいいと思います。

人生、踏ん張っていれば「明けない夜」はありません。

無職になったとしても生活をルーティーン化して、心穏やかに過ごされてくださいね。

シュウべ
シュウべ

ここまで読んでくれたあなたが希望の仕事に就けることを願っています。
ありがとうございました。

参考【絶望体験】長期無職を経験して1番辛かったのは心の余裕を失うこと

無職生活の中にも息抜きは必要【コストを抑えた息抜き方法】

男性
無職の男性

毎日、ルーティーン生活だと気分転換に息抜きしたくなるかも?

この記事では「求職期間のをルーティーン化する」という内容で話を進めてきましたが、

さすがに同じようなルーティーン生活を毎日送っていると息抜きがしたくなるものです。

そこで「あまり出費のかからない無職生活の息抜き方法」を紹介します。

参考①:映画・アニメ映画が好きなら『Amazonプライム・ビデオ』で息抜き


引用: Amazonプライム・ビデ公式サイト

男性
男性

仕事探しの息抜きに映画やアニメを楽しみたいな。
できれば低額のサービスなら助かる。

このような方は、YouTube動画を視聴されているのではないでしょうか?

ですが『映画』『アニメ』をジックリと楽しみたいのなら、Amazonプライム・ビデがおすすめです。

  • プライムビデオはAmazonプライム会員に用意されている特典の一つ。Amazonプライムには、お急ぎ便・お届け日時指定便などの配送特典をはじめ、200万曲以上が聴き放題で楽しめる音楽配信サービス「Prime Music」などさまざまなサービスが用意されています。

▼Amazonプライム・ビデオの特徴

サービス名 Amazonプライム・ビデオ
月額料金500円(税込)/月
※年会費で契約なら4900円
(実質408円/月)
無料期間利用開始より30日間
映画・アニメ作品数約1万以上
レンタル作品数(優良)約5万以上
利用可能媒体スマートフォン、タブレット、PC
※2021年12月時点の情報
Amazonプライム・ビデオの注意点
  • 見放題になるのは「prime video」で配信されているコンテンツの一部です。
  • 見放題ではないコンテンツはレンタルまたは購入して視聴します。

Amazonプライム・ビデオなら月額ワンコイン(500円)で息抜きに映画やアニメを楽しめます。

無職期間中だけ息抜きにAmazonプライム・ビデオに登録して動画を楽しんでみてはいかがでしょうか。

Amazonプライム・ビデオに新規登録してみる

シュウべ
シュウべ

僕は無職期間中、息抜きにアニメ『進撃の巨人』を視聴していました♪

参考②:読書が好きなら『楽天マガジン』で息抜きがオススメ

画像:楽天マガジン公式サイト
無職の男性
無職の男性

無職生活でも情報収集したいからビジネス系の雑誌が読みたい。

女性
無職の女性

流行に乗り遅れたくないから、ファッション雑誌を読みたい。

できれば定額制なら助かるなぁ…。

無職の生活では、一人の時間が増えることで周りからの情報源が少なくなります。

そこでおすすめしたいサービスが、定額制で雑誌が読み放題の「楽天マガジン」です。

楽天マガジンでは「900誌以上」の雑誌を取り扱っているので、無職生活でも様々な情報を得ることができます。

▼楽天マガジンの特徴・月額料金

サービス名楽天マガジン
月額料金418円(税込)/月
無料期間利用開始より31日間
取扱書籍数900誌以上
マルチデバイス1アカウントにつき
5台まで同時接続可能
利用可能媒体スマートフォン、タブレット、PC
公式サイト 楽天マガジン
公式サイト
※2021年12月時点の情報
楽天マガジンのメリット
  • 雑誌を一冊購入するより安い
  • 月額料金418円(税込)で900誌の雑誌が見放題
  • 自宅にいながら様々な分野の情報が得られる
    ⇒ビジネス、ファッション、美容、グラビア、週刊誌など
  • 手軽にスマホやタブレットで雑誌を読める
  • とにかくコスパ的にもお得なサービス

楽天マガジンは新規の会員登録なら31日間無料で利用できます。無職期間中に試してみる価値はあります。

楽天マガジンの詳細を見てみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました