スポンサーリンク

求職期間中(無職)の前向きな過ごし方を紹介【気分転換法】

無職期間

 

どうも、シュウべと申します。

この記事を読みにきていただいたあなたは、現在「無職」の状態でしょうか?

無職になると”自由な時間”が増えてしまい、ハッキリとした目的がないと、どうしてもダラダラと過ごしてしまいがちです。

 

仕事探しの時間以外を有効活用できるように、僕が無職になってから「実際に気分転換にやっていたこと」を紹介していきます。

もしかしたら、あなたは無職でな状況かもしれませんが、この記事が多少なりとも息抜きになってもらえたら嬉しいです。

 

シュウべ
シュウべ

長くなりますが、お付き合いください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

解説:求職期間中(無職)にしていたこと

※2020年10月に更新(ブラッシュアップ)しました。

僕は当時(2017年4月)、派遣会社(派遣先)との契約が満了したことで無職になりました。

無職になり、求職期間中は下記のようなことをして気分転換していました。

 

求職期間中にしていたこと
:スポーツジムに通う(週2~3回)もしくは運動を習慣化する
:本を音読をする
:カフェ・本屋に行き気分転換
:庭の木の剪定をする
:メルカリで不要なモノを売る
:ヨガ・瞑想をする。
無職になってから控えたこと・止めたこと
・スポーツ観戦(サッカー)
・屋外での飲み
・テレビの時間(ニュース・スポーツのみ視聴)

※無職になってから、外での出費が控えめになりました。

それでは、いくつかピックアップして解説していきます。

 

①:スポーツジムに通う(週2~3回)もしくは運動を習慣化する

 

僕は無職になっても定期的にスポーツジムへ行くように心掛けていました。

正直なところ「無職になってからもジムに行く時間があるなら早く仕事見つけろ!」という厳しい声もあるかもれません。

これは言い訳ではありませんが、無職になると社会との接点がほぼなくなります

 

どこにも属さない自由な立場ではありますが、これが長引くとメンタル的にしんどくなってくるのです。

やはり無職の人間も、気持ちをリフレッシュ・リセットする時間が必須。

無職になり自室にこもるような日々が続くと、メンタルが病んでしまう確率が非常に高いのです。

 

無職になってから平日にジムに行くことは、確かに心苦しい気持ちがあります。

ずっと仕事探しで頭を悩ませていたら、メンタルが疲弊して壊れちゃいますよ。

 

とはいえ、無理に「ジムに行くべき」とは断言しません。

ジムに行く気力(余裕)がなければ、

  • 自室で筋トレなどをして体を鍛える。
  • YouTube動画を観ながら、ダンスなどの運動をする。
  • 自宅の周辺、近所の公園などでウォーキングする。

これを続けるだけでも、気分が変わります。

無職になっても「定期的に体を動かす習慣」を身に着けることで気分転換になります。

シュウべ
シュウべ

無職になっても、ジムがリフレッシュできる環境でありました。

 

②:本を音読する

 

次に、本を音読するについて解説します。

もともと僕は本を読むことが好きでした。

自宅でもカフェでも本を読みますが、今まで黙読で本を読んでました。

ですが、とあるビジネス雑誌の記事で

  • 音読すると脳にも良い
  • 長く記憶に残りやすい

など、メリットが多々あることを知り、自宅で本を読むときはなるべく【音読】しながら声を出すようになりました。

 

無職の期間中は、自宅で一人で過ごす時間が長くなります。

必然的に誰とも会話しない時間が増えてしまうのです。

口周りの筋肉(表情筋)が衰えて、活舌が悪くなってしまうのでは?

という懸念がありますよね?

その不安を解消するためにも、自宅で音読をすることで表情筋の衰えを防止できるメリットがあります。

 

僕自身、【音読】を意識するようになってから、以下の変化を感じています。

  • 以前よりも活舌が良くなった。
  • 言葉の語彙が徐々に増えてきている。

それと声を出すことで、メンタル的にもリラックス効果を実感できています。

1日10分程度でもいいので、音読を継続することをオススメします。

 

③:カフェ・本屋に行き気分転換する

次に、カフェ・本屋に行くについて解説します。

求職期間中は、息抜きしたくて本屋に週2回、カフェにも週に1~2回の頻度で行っていました。

なぜがといいますと、自宅にこもっていると気持ちが落ちてきます。

ストレスが溜まり「魔が差して誤った行動を起こしてしまわないか?」自分自身が不安になったからです。

 

あなたも経験があるかもしれませんが、

無駄に時間がありすぎると余計なことまで考えてしまったりしませんか?

もしくは、過去の苦い記憶ばかりを思い出して反芻し、メンタルをやられてしまう…

一人の時間が長期間続くと、気持ちが闇に落ちてしまいそうなくらいの絶望に襲われます。

結局のところ、家にずっと一人でこもって仕事探しをしている時間はしんどいってことなんです。

シュウべ
シュウべ

1日部屋にこもるのは地獄なので、適度に外出してくださいね。

 

無職期間は適度にリラックス(気分転換)をしましょう!

本記事では「求職期間中の過ごし方」について書いてみました。

あくまで僕の見解(経験談)ではありますが、

  • 無職期間中に誰とも話さない時間・声を出さない期間が長引くことが一番のデメリット

であると実感していました。

 

2020年は新型コロナウイルスの流行で無職期間の過ごし方も大きく変化しました。

なるべく自宅で気分転換できる趣味(※なるべくお金がかからないもの)を見つけてみてくださいね。

今の時代なら、好きなYouTuberを見つけて気分転換に視聴するのもいいと思います。

人生、踏ん張っていれば「明けない夜」はありません。

 

必ずまた日が昇ることを信じて、一日一日を過ごしてもらいたいです。

僕も何度も無職期間を経験してきていますが、なんとか今も生きています。

これを最後まで読んでいただいたあなたの人生が、良い方向に向かわれることを祈っています。

それでは、シュウベでした。

 

コメント